タグ : 部下

僕は年下上司。年上部下との付き合い方

50人規模の会社で僕の部署は11人と、いつの間にか社内で一番大きな部署になりました。

僕は今、26歳になったばかり。

11人中9人が年上。しかも全員30代。

そんな中で、プレイングマネージャーとして率いるのは一筋縄にはいきません。

上司と部下

きっと同じような境遇の人も多くいると思います。

年上の部下を持つということははっきりいって大変です。

面倒くさいです。

気を使います。

それでもその壁を乗り越えてみたら、圧倒的な自信がつきます。

仕事がもっと楽しくなります。

基本的には人と人なので、そもそも年齢なんて関係ありません。

上下も関係ありません。

自分がこれだと思うことに、みんな納得してくれたらついてきます。

それで徐々に実績が付いてくれば信頼してもらえるようになります。

そこまでくれば、無駄な気を遣わなくて済むし、自然な形で指示や指導ができます。

これからお伝えする自分の体験から学びえた5つの教訓を同じ境遇の方々に是非参考にしていただければ幸いです。

きっと上司と部下という概念が取り除かれるでしょう。

 

仕事の指示がしづらいのは年齢のせいじゃない

年上だから仕事は振りづらいというのは勘違いです。それは気を遣っているように見えて、単に自分に自信がなく守りに入っているだけの臆病者でしかありません。

組織として動くためには分担は必須です。その分担とは誰が何をやるのか。どういう業務に責任を持たせるか、その境目をあいまいにしてしまっているから振りづらくなっているだけです。

「それって私の業務なんですか?」って具合返されるのがオチです。

まずは自分が各人に期待していることがなんなのかしっかりと膝をつきあわせて伝えましょう。

そして、しっかりとその人がやりたいことがなんなのか聞くことを忘れずに。

やりたい仕事をやらせてあげられるような道筋はしっかりと作ってあげましょう。

 

敬いの心なんて偽善は絶対に禁止

年上だから敬いの心を・・・・。そんなことしてたら仕事なんてできません。

相手は神様じゃないんですからね。

下手な敬いは距離感を生むだけです。同じ仲間として常に同じ目線でいたら良いんです。

その視点でいれば自然と距離は縮まるでしょう。

 

プライドを傷つけるな。プライドに訴えろ

プライドが高い部下であったら、絶対にプライドを傷つけてはいけません。

負わせた傷は10倍返しされるだけです。

そういう人にはもっと期待したビジョンを明示しましょう。

「僕はこういうことを是非やってもらいたいと思ってるんですが、僕にはできそうにないです。でもあなたならできますよね?」

こんな感じでしょうか?

逆にその人が失敗したときにはこう言いましょう。

「○○さんらしくないですね。どうしたんですか?」

プライドはき傷つけるものではなく、握り締めてあげることが大切です。

 

感謝感動感激とごめんなさい

感情は伝わります。当然のことながら期待通りのことをしてくれたらちょっとしたことでも感謝しましょう。

感動したことはみんなに伝えましょう。感激はみんなと共有しましょう。

これは当然です。

それらよりももっと大事なのは、謝りましょう。

自分が正しいことを言っていたとしても相手が納得してなかったり腑に落ちてないのであれば謝る心構えでいましょう。

謝れない上司はその時点で上司になってはいけないと思うんです。

その時点で上下関係になってます。

僕であれば「仲間」といえる人たちと仕事がしたいと思いますけどね。

 

誰よりも本気と実力、結果人間を出せ

誰よりも働き、誰よりも実力発揮して、結果までたどり着くことは絶対的な条件の一つです。

これをクリアできなければきっと状況は変わります。

常に100%以上で戦ってますか?

自分の実力に自信がありますか?

結果出してますか?

これらにYES!とまず答えられるようになりましょう。

最後に、それよりも僕はもっと大事なことがあると思います。

それは自分という人間を出すことです。

部下が従ってくれるようになろうと、部下から尊敬されようと、結果が出ようと、それよりも自分が楽しいかどうかです。

自分を押し殺してまで結果が大事だとは思いません。

結果が全てとはよく言いますが、結果よりもそこまでの過程が僕は好きだったりします。

例えば個人的にフルマラソンを趣味でしますが、ゴールする瞬間の感動というのはそれまで積み重ねた練習だったり準備だったり、かけた時間や努力があって始めて湧く感情だと思います。

仕事も同じです。ゴールまでの過程が機械的であってほしくありません。

どれだけそこまでの過程を濃くするか、楽しめるか、真剣か、それらがなければゴールに行けたとしても何も感じないでしょ。

 

仕事って言うのは心でするものです。

だからこそそもそも上司と部下なんて考え自体がナンセンス。

本気でやれ。やりたいようにやれ。楽しめ。

ただそれだけだという結論に僕はたどり着きました。

 



部下からの評価とコメント

コメント

上司にとって一番嬉しいことって何か分かる?

二つあるんだ。

部下が対外的に評価されることと、部下から評価されること。

この二つに限るね。

 

会社が上期を終えるに差し当たって社内で無記名アンケートをやったんだ。

そこには上司へのコメント欄もある。

無記名だから部下の本音を聞ける唯一の機会。

自分は時には厳しいことも言うし、ダメ出しもするからどんな不平不満を言われるかと思ってたけど、最高に嬉しい言葉が多かった。

中には「みんなのモチベーションを上げる最高のユニット長」とまで書いてくれる人もいたんだ。

嬉しいね。仕事冥利に尽きるよ。

でも課題も見えたよ。

傍観的に俺を見て「案件抱え過ぎて大変そう。」っていう心配の言葉があったんだ。

心配はありがたいことだけど俺からすると残念。

大変そうに見えてしまっているのが何よりの課題だね。

もっと期待してもらって、もっと信頼してもらわなきゃ。

まだまだ自分自身情熱が足りてない証拠。

 

  • 育つ文化
  • 考える文化
  • 楽しむ文化

 

これを早く築き上げたい。それが、個人にとっても組織にとっても一番の強みになるからね。

この文化に傍観ていう言葉は一切存在しないんだ。

人の心配なんて考える文化なんてダサいでしょ。そんなの美徳でもなんでもないよ。

そんなことより俺がどれだけ楽しんで仕事してるか、どれだけ考えてるか、どれだけ成長してるかを見た上で、自分はどうか問うて欲しい。

そんな心配はきっとなくなるはずだと思うよ。

だって俺のことより自分の心配をすることになるはずだからね。

 

成長してるかい?考えてるかい?楽しんでるかい?

うちの部署ならその環境はあるはずだよ。

傍観してないで一緒にやってこう。