タグ : 社長

2人の経営者。「変化」に対する異なる考え方

時代の変化と共にビジネスのあり方も変わるのは必然です。

その変化に対応しながら進化できる会社が生き残っているのは今も昔も同じ。

例えば、BROTHERという会社は良い例です。

以前にカンブリア宮殿で紹介されていましたが、創業期はミシンの製造からはじまり、今ではプリンター事業、通信カラオケ事業など時代と共に事業が大きく変化しています。

 

話は変わりますが最近2人の経営者にお話をお伺いする機会があり、「変化」と一言で言ってもいろんな変化の考え方があることに気付かされました。

2人とも事業としては同じ土俵で、競合に近い関係の会社です。

さらに言えば、数年前までは両社とも違う事業を事業ドメインとしており、ここ最近新規事業として展開し急成長お果たしています。

前述の「変化」を実行している2社です。

しかしながら、両社とも同じ過程を経て同じ土俵に辿りついたかというとそうではなく、

1社は上場企業で以前の事業ではこれ以上の成長は見込めず、他の新規事業をしなければ成長性がなかったため事業を変えたとおっしゃいます。

もう1社は数億の利益を出しながらも、目標としている1000億の売上を以前の事業では達成できそうもないと思った瞬間に事業を売却し事業を変えたとおっしゃいます。

両社とも急成長企業であるのに変わりありませんが、こうも「変化」に対しての捉え方と歩み方が違うのかというのには驚きました。

 

どちらが良いか悪いかということではなく、「変化」にもいろんな視点があるということです。

今の現状から脱却するためも良し、目標を達成するためも良し。

少なからず前進するための「変化」という選択は悪い決断ではなさそうです。

 

何かを変えなければ何も変わらない。

何かを変えたければ今を変えなければいけない。

 

よく先人たちの言葉で似たようなメッセージを見かけますが、この言葉は個人にも言えます。

 

相手を変えたければ、自分が変われ。

自分が変われば、相手も変わる。

 

言うことを聞かない。思い通りにいかないとき、相手や環境のせいにしていないでしょうか?

人を変えようが環境を変えようが、自分が変わらない限り永遠にその境遇からは逃げられません。

 

2人の経営者の思考を借りるのであれば、きっとこう考えるでしょう。

 

・今の自分に満足か?満足でないなら新たな自分を探そう

・なりたい自分になれているか?なれていないなら新たな自分を探そう

 

ちなみに1000億円を3年でやると豪語しているのは24歳の経営者です。

彼自身も相当変化したからこそ、確信を持って豪語できるぐらいの自分になれたのでしょう。

 

さぁ、改めて自分に問い正してみよう。

今の自分に満足か?

なりたい自分になれているか?