タグ : 思考術

できる人の必須条件!逆説思考と逆説対応力

逆説主張

でも、しかし・・・などの逆接を頻繁に使う人がいます。

何かを主張するとすかさず、しかし・・・・と発言してくる人。

主張している人にとっては否定されているようでどこかいい気はしないものです。

さて、この逆説を言われたときどのような反応をしますか?

逆説に対しての反応次第で、自分の人間力やマネジメント力、洞察力などのレベルが高いか低いか、ある程度判断することができます。

そして、逆説をうまく取り込めるようになれば、きっと違った視野で新しい思考が働き始めることでしょう。

逆説とは否定ではなく、異なる論理と考え方であり、選択肢です。

逆説を言う人が悪いのではなく、逆説を受け入れられない自分の能力が低いことに気付かなければいけません。

まずは逆説の本質を見抜けるようになりましょう。

 

逆説には2種類ある

自己的主張と、論理的主張。この2つに分類できます。

この分類は極めて重要。なぜなら聴くべき主張と聴いてはならない主張とか存在するからです。

例を挙げてみましょう。

カタログデザインを3人で協議しているシチュエーション。

A:このカタログデザインで今回は行こうと思うんだけどどうだろう?

B:う~ん、悪くはないんだけど、この色彩はどうかと思う。目的は分かりやすい表紙にすることだから、極力派手さは抑えるべきだと思う。

C:でも私は派手でかわいいのが好きだからもっとピンクを強くしたいな。

さて、自分がAだとして、逆説を唱えるBの意見とCの意見、どちらに耳を傾けるべきでしょうか。

言うまでもなく、Bの意見ですね。Bが論理的主張で、Cが自己的主張になります。

自己的主張は言い換えると感覚的主張とも言えます。

もし逆説を唱えるのであれば、感覚値で主張してはいけません。

それは相手の感性を否定し、自分の感性を押し付けようとする行為に他ならないからです。

Bの主張は、理にかなっています。

目的(分かりやすい表紙)に対しての論理的視点で指摘しているため、ひとつの選択肢として考えられます。

このように逆説にも種類があることを知った上で、見極められなければすべて否定にしか聴こえなくなってしまいます。

逆説の本質は新たな選択肢と視野を与えてくれることです。

 

自分が逆説を言うときのコツ

逆説は一歩間違えると否定・批判に聴こえてしまいます。

相手に受け入れられるほどの人間力やゆとりがない場合はとくにその傾向が高くなります。

逆説は大切なのだけれど、それを相手に受け止めさせるためにはコツがあります。

これができる人ほど、信頼され、一目置かれる存在となります。

  • すべて聞いてから主張する
    ほとんどの人がこれさえできないでいると思います。相手のことを完全に受け入れてもいないのに主張することは行列に並んでいるところに割り込みされたような感覚を覚えます。割り込みはモラルに欠けた紳士のやるべき手段ではありません。
  • でも、しかしの逆接をIF(もし)に換える
    でも、しかしなどの逆接を生理的に受け付けない人が往々にしています。とくに上司や経営者にはこの傾向が強いと思います。意見言う前にやれ!というような具合です。
    これは致し方ないことで実行力があってこそ会社が動いていくわけなので、経営者や上司はそういう感覚が根っこにあるものです。なので、IFを使って、否定せずに選択肢の幅を与えるようなアイディアを与えるようにしてはどうでしょうか。
  • 肯定から入る
    否定しないのは当然ですが、肯定することも当然であると考えます。肯定することは受け入れることであり、理解することであるため、その上で意見を言えば相手も同様のスタンスで聞いてもらえます。

できる営業マンはこのあたりをきっと押さえているはずです。身近にそういう人がいるのであれば言動に注意を払って聞いてみてください。自然と上記3点は実行していると思います。

 

逆説から本質を見抜く

逆説の大切さは理解いただけたと思いますが、逆説をどう取り入れていけばいいのかは、また別の話。

繰り返しになりますが逆説とは、新しい選択肢と視野です。

否定でも何でもありません。だからこそ、それらを取り込むことができれば、自分自身の新たな選択肢と視野が生まれ、洗練されていくのです。

それでは逆説の本質を見抜くための質問を教えます。

  • 意見ありますか?を辞める
    意見ありますか?と聞いたところでまともな意見を言える人は少ないです。まずは意見を言いやすい質問に変えましょう。具体的には、限りなくポイントを絞った質問にしてみると良いかと思います。
    例えば、「このデザインのこの色はどう思う?」といった具合です。
    ポイントが絞られると思考が働き出します。何事も制約があるほうがクリエイティビティは刺激されるものです。リンゴを書けといわれて書くリンゴは誰しも何の変哲もない絵になりますが、暗い部屋の机の上にあるリンゴを書けと言わると各々に個性のあるリンゴの絵が出来上がるのと同じ思考でしょう。
  • イメージを膨らませる
    「例えば」という言葉を使うと、色んなイメージが飛び交います。色んなシチュエーションを想定してイメージしていくことでリアリティの増したアイディアや意見が出てくるようになります。
  • 考える視点を考えさせる
    多くの人は考え方、思考の仕方を知らないものです。何事にも本質があるわけで、その視点を軸に考えることは思考の原理原則です。
    なので、どういう視点で考えるかもその場で先に討議すると良いかもしれません。
    最も手っ取り早いのは目的目標を明示してそれを軸に考えさせることが出だしとしてはいいかもしれません。

逆説の思考について話してきましたが、逆説の言い方や受け入れ方でその人の人間力やマネジメント力がなんとなく分かります。

自分自身の逆説は2種類のうちどちらか。

相手の逆説を適切に本質まで持っていけているか。

逆説を選択肢として活かせているか。

逆説の対応能力で人の見方も、自分の能力も、視野も大きく変わってきます。

経営者なんかは当たり前のようにこの感覚値のもとで人を見ますから、見透かされないようにうまく逆説対応力を磨きましょう。



一霊四魂に習う、自分と考え方が違う人との付き合い方。

人の数だけ個性がありますが、その分だけ異なった付き合い方が必要です。

気が会う人がいれば気が合わない人もいます。

楽なのは当然気が合う人とだけ付き合うことですが、そうとも言ってられません。

仕事やプライベートでも気が合わないなと思う人とコミュニケーションをとらなくてはいけないこともあるでしょう。

恋愛ではいささか気が合わないのに付き合うことがありますね。

一目惚れだとか、年齢的に選択肢がないからなどなど。

それが理由か分かりませんが、離婚の最たる理由は性格や価値観の不一致だそうです。

統計では50%以上が該当します。

それだけ人と人との関わりというのは難しいということです。

先日、ファミレスのご飯を食べていたらカップルが言い合っているのを見かけました。

お互いの価値観の擦り付け合いです。

見てて惨めに思うのと同時に自分自身も同様のことになっていないかと考えさせられました。

冒頭に戻りますが、人の数だけ個性があります。それは全員価値観が違うということでもあります。

であれば価値観を擦り付けること自体ルール違反なわけです。

ではどうすれば自分とは考え方が違う人とうまく付き合っていけば良いのでしょうか。

相手の価値観を知ることです。そして認めることです。

さて、ここでひとつ無限の個性や考え方が存在する中でも大枠の分類をするための良い方法をお教えします。

一霊四魂という思想をご存知ですか?

最近とあるパーティーに参加した際に教えてもらったのですが非常にこの考え方が興味深く納得させられました。

人の魂は四つから成ると説いていて、人によってその魂の分布に特徴が出るわけです。

四魂

Wikipediaを引用すると、

勇 -荒魂(あらみたま)
「勇」は荒魂の機能であり、前に進む力である。勇猛に前に進むだけではなく、耐え忍びコツコツとやっていく力でもある。その機能は、「勇」という一字で表わされる。行動力があり、外向性の強い人は荒魂といえる。

親 -和魂(にぎみたま)
2つめの魂の機能は和魂であり、親しみ交わるという力である。その機能は、一字で表現すれば「親」である。平和や調和を望み親和力の強い人は和魂が強い。

愛 -幸魂(さちみたま)(さきみたまとも呼ばれる)
3つめの魂は幸魂であり、その機能は人を愛し育てる力である。これは、「愛」という一字で表される。思いやりや感情を大切にし、相互理解を計ろうとする人は幸魂が強い人である。

智 -奇魂(くしみたま)
4つめは奇魂であり、この機能は観察力、分析力、理解力などから構成される知性である。真理を求めて探究する人は、奇魂が強いといえる。

さて、あなたはどこに位置するでしょうか?

その簡単な判別方法をお教えします。

青:Cool 赤:HOT

黄:Dry 水色:Wet

上図はあなたが思う自分のタイプを想像してください。

HOT(情熱的)あるいはCOOL(冷静)かどうかでいうとどちらでしょうか?

次にDRY(合理的)あるいはWET(情緒的)かどうかでいうとどちらでしょうか?

それぞれの図にあるように縦軸と横軸でなってますので、例えばHOTでDRYの場合は、「勇」になるわけです。

この位置づけが分かると、大体のあなたの特徴が分かります。

また自分と関わりのある人がどこに当てはまるか想像してみてください。

それさえ分かればある程度の付き合い方というのが見えてきます。

具体的に言うと基本的に友人関係として多いのは縦の軸に位置する人です。

「勇」の人であれば「勇」もしくは「愛」に位置する人が友人に多いのではないでしょうか?

逆に考え方が大きく異なるのは対極に位置するタイプで、「愛」であれば「智」の人とは考え方が大きく違ってくるため、なかなか理解しあえないことが多いようです。

例えば、彼女が「愛」で彼氏が「智」だと仮定します。

「愛」の人は情熱的かつ情緒的なので、デートに行くにも特に理由はなく彼氏と行きたいから行く。ただそれだけですので例えば「映画を見に行こう」と言われれば「行こう!」という一言でしょう。

しかし、「智」の人は、冷静かつ合理的に物事を考えるため、映画を見に行くにも理由が必要なわけです。これこれこうだからこの映画を見に行こう。と言われてはじめて自分が納得できて「行こう!」という結論に至ります。

おそらくこの2人のデートのコミュニケーションは何も考えなければこうなるでしょう。

彼女:「映画見に行かない?」

彼氏:「なんで?」

彼女:「なんで?ってなんで?」

彼氏:「映画に行く理由だよ。」

彼女:「行く理由って何?」

・・・・・・

永遠とミスコミュニケーションが生まれます。

まぁこれは極端ですが、相手の考え方がそもそも違うものだと認識できてればきっとコミュニケーションの仕方が変わってくると思います。

同様に仕事でも、リーダーが「勇」であると、口癖で、「とりあえずやってみよう!」って言いますね。

部下が「智」の人であればこれほどストレスなことはないでしょう。

しっかりとした理由が欲しいわけですから、意識的にこのあたりは考えないとリーダーはダメですね。

と言うようにうまく自分の立ち位置と相手の立ち位置を理解できれば付き合い方、接し方が変わってきます。

実践でも十分に使える考え方ですので活用してみてください。



コミュニケーション能力を向上させる方法と原理原則

本質的なコミュニケーションにスキルは不要です!

コミュニケーションが苦手な人はこれから述べる原理原則を知れば、コミュニケーションは学ぶものではないということに気付くでしょう。

 

コミュニケーション能力がない人はスキル本などで習得しようと試みますが、おそらくそれほどコミュニケーションが上達することは無いでしょう。

なぜならコミュニケーション能力について考えるとき、まず「コミュニケーション」と「能力」を切り分けて考えなくてはいけないからです。

スキル本で教えてくれるのはほとんど、「能力」の部分です。 コミュニケーションが苦手な人がいくらスキル本をあさったって、コミュニケーション能力は向上しません。

順序として「コミュニケーション」あってはじめて「能力」が発揮されるものです。

前提にコミュニケーションは学ぶものではないと考えます。

言葉を覚えたのと一緒の原理です。

言葉を覚えるのに勉強をしましたか? きっと自然と話せるようになったと思います。

コミュニケーションも同じです。 本来は自然と身に付くものです。

しかし苦手な人がどうしてもいます。

その違いが何なのでしょうか。改善するには何が必要なのでしょうか。

答えは単純です。コミュニケーションに触れる機会と時間が足らないだけです。

まずは、原理原則を知りましょう。

聞く ⇒ 話す ⇒ 読む ⇒ 書く

この原理原則を念頭に置いてください。

 

コミュニケーションを改善したいと思って、スキル本などを買い、読み書きしたところで効果は微々たるものです。

原理原則にならい、まずは聞くこと。たくさん聞いたら次は話す、そして初めて読み書きをすることでよりコミュニケーション能力が向上するでしょう。

まずは時間をかけて多くの人のコミュニケーションに関わる機会を得ましょう。

効果的なのはコミュニケーションが上手な人のそばに常にいることです。

その人の話を100時間でも聞いてれば自然と同じような会話ができるようになります。

 

コミュニケーションは感じるもの。

難しく考えるものではないということを知りましょう。

言葉を覚えたようにコミュニケーションも自然と身につけていきましょう。