タグ : 思考術

肝の据わらせ方。~時代や環境、人に流されないために~

 

どんな人になりたいですか?そう問われたらきっと「肝の据わった人になりたい。」

私はそう答えます。

 

肝の据わった人というのは頭の良い人のことを言うのではありません。

沈着冷静な人ともまた違います。

はたまた度胸がありチャレンジを恐れない人とも違います。

 

時代や物事を変わらぬ視点で客観的に捉えられる人のことです。

まるで100年そびえ立っている木々のように、雨風に立ち向かうわけでもなく、受け入れないわけでもなく、

うまくすり抜けさせて堂々とそびえ立つ。

根を張り幹を太く、枝先を長く上へ上へと根ざしている大木の様。

日々変わりゆく環境の中、何も変わらず。

そんなイメージでしょうか。

 

常に本質を理解し、どんな環境でもどんな状況でも焦ることも怠けることもなく、やるべきことに最善を尽くします。

周りに何を言われようと折れることなく、かと言って聞く耳はいつもオープンで、自分を見失うことはありません。

 

人は危機や緊張の中にあると、どんな平静を装っても、目が游いだり、癖が出たりと、どうしても表に出てしまいます。

しかしながら肝の据わった人というのは、一切動揺しません。

大木に蹴りを入れようがツバを吐こうが、罵声を浴びせようが何も変わらないように、その人はビクともしないのです。

 

どうしたらそんな人になれるのでしょうか?

どんな理論よりも、どんなスキルよりも、どんな知識よりも、教えてもらえるのであれば、「肝の据わらせ方」を教えて頂きたい。

今の時代を生き抜くために、あると良いものはたくさんあります。

語学力、マネジメント力、マーケティング力、コミュニケーション力・・・・。

ただ必要なものと聞かれたら、やっぱり「木(肝)」だと思います。

スキルはあくまで木の先に成る実や花です。

そもそも木もなければ実を持つことさえできません。

やせ細った木に実らせたとしてもそれは一時しのぎにしかなりません。

温室育ちの実は、食べられて終わる人生でしか無いのです。

 

私が「肝」というものを意識したのは3年前ぐらいでしょうか。

若くして肝の据わった人を目の前にした時です。

彼に言われたのは、「目が游いじゃってますよ。」

 

この一言から、常に自分自身を客観視するようになりました。

目が游いでないか、緊張してないか、焦ってないか・・・。

意識するようになってからは徐々に自分自身をコントロールできるようになりました。

 

この数年で常々思うのは、環境や他人を変化させることはできないということです。

ただ自分自身は変化させることもコントロールすることもできるのです。

「肝の据わらせ方」という本質はまだまだ分かったとは言えませんが、いくつかのヒントはあります。

 

  • 自分自身をコントロールできること
  • 環境や人にコントロールされないこと
  • 常に周りを見て本質でものごとを考えていること

 

誰もが時代の不安定さからか、スキルや知識を学ぼうと必死です。

たとえスキルや知識を得たとしても時代の変化や求められるものによって常に不安定な環境からは逃れられません。

 

どんな時代にも唯一通用するものがあるとしたら、自分自身が大木に成ることだと思います。

知に足を付け、根差し、変化を客観的に見極められる力です。

 

一度巨木を見に行ってみて下さい。

言葉では言い表せない、何かを感じることができるはずです。

http://www.kyoboku.com/47/

 

植林よりも巨木でありたいと思うのであればなおさらに「肝の据わらせ方」を考えてみてはいかがでしょうか。



2人の経営者。「変化」に対する異なる考え方

時代の変化と共にビジネスのあり方も変わるのは必然です。

その変化に対応しながら進化できる会社が生き残っているのは今も昔も同じ。

例えば、BROTHERという会社は良い例です。

以前にカンブリア宮殿で紹介されていましたが、創業期はミシンの製造からはじまり、今ではプリンター事業、通信カラオケ事業など時代と共に事業が大きく変化しています。

 

話は変わりますが最近2人の経営者にお話をお伺いする機会があり、「変化」と一言で言ってもいろんな変化の考え方があることに気付かされました。

2人とも事業としては同じ土俵で、競合に近い関係の会社です。

さらに言えば、数年前までは両社とも違う事業を事業ドメインとしており、ここ最近新規事業として展開し急成長お果たしています。

前述の「変化」を実行している2社です。

しかしながら、両社とも同じ過程を経て同じ土俵に辿りついたかというとそうではなく、

1社は上場企業で以前の事業ではこれ以上の成長は見込めず、他の新規事業をしなければ成長性がなかったため事業を変えたとおっしゃいます。

もう1社は数億の利益を出しながらも、目標としている1000億の売上を以前の事業では達成できそうもないと思った瞬間に事業を売却し事業を変えたとおっしゃいます。

両社とも急成長企業であるのに変わりありませんが、こうも「変化」に対しての捉え方と歩み方が違うのかというのには驚きました。

 

どちらが良いか悪いかということではなく、「変化」にもいろんな視点があるということです。

今の現状から脱却するためも良し、目標を達成するためも良し。

少なからず前進するための「変化」という選択は悪い決断ではなさそうです。

 

何かを変えなければ何も変わらない。

何かを変えたければ今を変えなければいけない。

 

よく先人たちの言葉で似たようなメッセージを見かけますが、この言葉は個人にも言えます。

 

相手を変えたければ、自分が変われ。

自分が変われば、相手も変わる。

 

言うことを聞かない。思い通りにいかないとき、相手や環境のせいにしていないでしょうか?

人を変えようが環境を変えようが、自分が変わらない限り永遠にその境遇からは逃げられません。

 

2人の経営者の思考を借りるのであれば、きっとこう考えるでしょう。

 

・今の自分に満足か?満足でないなら新たな自分を探そう

・なりたい自分になれているか?なれていないなら新たな自分を探そう

 

ちなみに1000億円を3年でやると豪語しているのは24歳の経営者です。

彼自身も相当変化したからこそ、確信を持って豪語できるぐらいの自分になれたのでしょう。

 

さぁ、改めて自分に問い正してみよう。

今の自分に満足か?

なりたい自分になれているか?



これからの働き方について大事なこと

仕事とは本質的に楽しくないものだ。

その考えで通じたのは効率化された単純作業で成り立った時代における思考だ。

昔はそれでも良かった。

つまらない仕事でも高度成長の波に乗って誰もが皆、多くの収入を得ることができたからだ。

 

しかし今の時代ではその思考は通じなくなってきている。

 

単純作業はすでにオフショアにアウトソーシングされ仕事自体なくなってきている。

もし未だにこの感覚で仕事をしているとしたら、オフショアの安い賃金の国や、人の脳より優秀なハード&ソフトウェアと競争しなければならない。

少し考えてみよう。その単純作業において、

お腹をすかせた貪欲なオフショアの人たちより費用対効果の高い価値を生める自信があるだろうか。

脳みそを4つも持ったクアッドコアのPCより速い計算ができる自信があるだろうか。

 

これらは現実だ。

まだ日本は「日本語」という壁に守られているが、遅かれ早かれ単純作業(ルーチンワーク)では贅沢な飯は食っていけないのは間違いない。

守られているという表現より「鎖国」されていると言ったほうが正しいかもしれない。

だからこそ、鎖国が解かれた瞬間に焦らぬよう準備周到を期して今から自分自身の位置づけを見つめなおさなければならないと感じる。

 

もし今、仕事がつまらない。と嘆いているとしたら危険だと感じたほうが良い。

日本の人口が減っていくことは紛れも無い事実であり、それを補うためにさらに外国人を受け入れざるえない状況。

日本の鎖国が解かれるのは時間の問題だ。

いくら嫌だといっても日本は強制的にグローバライゼーションの波に呑まれる。

 

だからこそ、思考のフレームワークを一新しなければならない。

先進国が直面している問題は未だ昔のままの思考フレームワークで仕事をしようとしていることだ。

効率性、インセンティブ、組織化。

 

これらは合理的だ。

だから誰も疑わない。

 

しかし人間がそもそも合理的でないのにこれらを当てはめようとするのは不合理の何者でもない。

 

飴と鞭で合理的に働かせようとしても限界がある。

もしそうだとしたら今あるオープンソースの時代が訪れることはなかったはずだ。

このブログもオープンソース(Wordpress)。

今見ているブラウザもオープンソース(Firefox)。

しらべものはもっぱらWikipedia。

 

上記に効率性、インセンティブ、組織化のキーワードが当てはまるとは思えない。

これらに置き換わるキーワードとして、創造性、モチベーション、フラット化だろう。

 

今の時代における仕事とは本質的に楽しいものだ。

でなければ、明日は開けない。

 

2012年が明けた。

自分自身迷いをなくし邁進できるように、働き方について本気で考えていく年にしたい。