タグ : 失敗

「失敗」した時の考え方で劇的に成長する

[ad#468×60]

馬鹿は失敗から学ばないとはよく言ったものです。

失敗は学びの宝庫だということを知ると、失敗したときに落ち込む暇なんて全くないことに気づきます。

失敗したらまず何をしなくてはいけないのでしょうか。

それは失敗したことを知ることです。

うまくいかないのは、失敗ではない。うまくいかない方法を発見しただけだ。

これは電球を発明したトーマス・エジソンが言った言葉です。

失敗したなと思うことがあったら、後悔するのではなくラッキーだと思うのはどうでしょう。

そこから学ぶことができたら、二度とその失敗と思ったことは繰り返されないのですから、

リスクをひとつ消したと考えたら価値あることです。

 

リスクヘッジという言葉をよく耳にしますが、リスクを回避することはとても大切なことです。

けれど、必要以上にリスクを回避するあまりに逃げてしまうようであると、それはリスク逃避でしかありません。

リスクヘッジとは、メリットと相反して存在するデメリット(リスク)を極力小さくするために対策を講じることです。

決して逃げることではないんです。

 

天才とは、1%の才能と99%の努力である。

これはあまりにも有名な名言ですね。アルベルト・アインシュタインの言葉です。

どんな才能があろうと、努力しなければ何の意味をもなしません。

失敗を恐れたら何もできないと言いますが、逆を言えば、失敗を歓迎すれば何でもできるということになります。

であれば受け入れたらいいと思います。

 

世界をあまり知らないので分かりませんが、日本は失敗することを許さない文化が根強いように感じます。

協調性を重んじる文化だから乱すことは好かれないのかもしれません。

でもこれだけは言えます。

失敗をどう捉えるも自分自身ということ。

失敗をして、自虐的になるのも、学ぶのも自分自身です。

自分自身であえて傷つける必要性はないでしょう。

周りが叱ってくれたらそれで十分じゃないですか。

そのお叱りを自虐の対称にするのではなく、学びの対象にするべきです。

「どうして?」、「なんで?」と考えるのではなく、「どうすれば」という言葉に置き換えましょう。

たどり着く答えがまるっきり変わってきます。

 

馬鹿は失敗から学ばない。

でも失敗から逃げる才能ある人間はもっとダサい。

雑草のように失敗から何度も立ち上がってくるような人のほうが、信頼できるしカッコイイと思う。

誰だって雑草にはなれる。

花は咲かなくとも根をはり、上に上に成長できます。

それを分かっているのに目先は花のようにいたいと願う。

 

着飾っただけの花は所詮生け花になって枯れる宿命でしかないのに。