タグ : 名言

下期にかける想い。

やっとだ。やっと俯瞰して見える。

ここまでの道のりは果てしなく感じていたけれど、ここまで来ればゴールまでの道のりがよく見える。

ゴールが見えたら頑張り甲斐があるってもの。

きっとこの下期は結果を出せる。

——

 

やったことがないことに対して挑戦することは不安と苦痛を伴います。

明日からお前、会社を経営してみろ。と言われたらなんと答えるでしょう。

人によって、あるいはレベルによって答え方は変わってくるはずです。

 

やってみたい。

やってみます。

やらせてください。

やります。

できます。

 

いろんな答え方があります。

1年半前、ありがたいことに僕はユニット長というポジションを与えられ、小さな会社に見立てた組織を任されました。

当時僕は、やってみます。としか答えようがありませんでした。

営業なんてやったことがない人間がいきなり、個人予算でなく組織のどでかい予算を与えられて、何をすれば良いのか分からない事だらけでのスタート。

誰が教えてくれるでも無いですし、日々考え、模索し、行動し続けました。

空回りの時期も、壁にぶち当たる時期も幾度と無くあったと思います。

ユニット長としての一年目はよく分からないままに終わって予算も達成できず終い。

 

そして2年目。

まだまだ経験値も足らないなか見せかけだけでやってきたユニット長の化けの皮はもろくも穿けて、ユニット内はギクシャク。最悪なスタート。

休みの日に重要メンバーで集まって討議したこともありました。

そこから反省したり、改善したりと自分自身を見つめ直し、ユニット長である自覚と覚悟をし始めてから少しずつギクシャクもなくなり案件も安定し、売上も伸びていき、おかげ様で上期は売上予算を達成することができました。

ここまでこれたのも一重にユニットメンバーのおかげ。

そのメンバーに報いるためにも自分の役目は予算を必ず達成させること。

 

半年後、全員で笑って成功体験を祝し美味い酒を飲みたいものです。

やってみます。と言った1年半前を思い返すとここまでの道のりはとても長く辛い道のりでした。

それを乗り越えてきたこのユニットならば、冒頭の投げかけに対して言われるまでもなく「できます。」と答えます。

 

——

できない事だらけだとしてもやり続ければ、必ずできるようになる。

自信がなくても不安に押しつぶされようともスタートラインで立ち止まってはいけない。

一歩のスタートを切れば、ゴールまでの道のりの9割は終えたようなもの。

朝のベッドから起き上がる感覚と一緒だ。起き上がるまでは苦痛だが起き上がれば最良の一日が始まる。

何をするにも最初の一歩。そこが肝心なんだ。

そんなこと知ってるよ。と口先だけで理解しててもダメ。

できなければ全てにおいて意味が無い。

そういう人間は人の人生に横槍ばかりで何も出来ない、無能な批評家にしかならないんだ。

 

その人にスティーブ・ジョブズならなんと言うだろう。

「あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない」

きっとまたこの名言を言ってくれるだろう。



「選択と集中」の戦略で重要なのは、無数の選択肢にNoを言うこと。

アップルのCEO、スティーブ・ジョブズ氏によると、

「“集中する”というのは、集中すべきものに『イエス』と言うことだと誰もが思っている。

だが本当はまったく違う。それは、それ以外のたくさんの優れたアイデアに『ノー』と言うことだ。

選択は慎重にしなければならない。私は、自分がやってきたことと同じぐらい、やらなかったことに誇りを持っている。イノベーションというのは、1000の可能性に『ノー』ということだ」

参照ソース:日本経済新聞

この言葉にはえらく感銘を受けました。

 

自分に置き換えてみて、果たして誇りを持てるNoを言ったことはあるでしょうか。

少なからず自分の経験の中ではありません。

 

ジョブズ氏が言うNoとは、決して目先にあることに対してNoを突きつけることではありません。

最も輝く可能性のある原石を磨くために、他の原石を拾ったり、磨いたりしないということです。

日常僕らが使っているような、「この仕事やってくれるかな?」 「はい!」 「いいえ!」 のようなこととは次元が違います。

 

はたして今、私たちがやっている業務はひとつの原石をみんなで磨き上げているでしょうか?

もしかしたらみんながみんな原石探しに夢中になっていないでしょうか?

 

へたに原石の数(選択し)を増やしていっても、短期的には良くても中長期的には自分の首を締めることになりかねません。

なぜなら、磨く人が人手不足になったり、原石の採取が減ったりと、需給のバランスに影響されるからです。

 

時としてNoはリスクヘッジでなく、可能性を拡げるための決断だということ。

時としてYesは可能性を分散してしまうリスクだということ。



人生で多大な影響を与えてくれた名言(言葉)

人生で忘れられない言葉があります。

その言葉たちは自分自身の考え方を大きく転換、もしくは発展させてくれました。

他の人にとっては何の影響もない言葉ですが、当人にとっては心臓を突き刺されたかのような感覚を覚えます。

きっと誰もが一度は経験したことがあると思います。

改めて振り返ってみて僕が影響を受けた言葉は4つありました。

名言

マラソンは一度でも怠けることを覚えたら、もう走れない。

小学校生のとき先生が言ってた言葉です。どうにもこの言葉が幼いながらに頭から離れず、一度でも歩いたらもう走れなくなるという不安からか、体育の授業や自主練習のときに一度も歩きませんでした。

どんなにつらくても止まらず、歩かず、ゆっくりでもいいから走り続けること。

これはマラソンのみならず、僕の人生においての基礎となっています。

 

まだ何も残してないよ。

仕事を辞めようと思い、ふと慕っている部長に話をしたときに言われた言葉です。

スキルも実力も身につき、意気揚々としていた頃の自分に、ぶっ飛ばされたような感覚でした。

結局何も残ってないや。そう感じました。

何も残せない人間が何か成し遂げることなんてできるわけないと考えさせられた言葉です。

これを言われたおかげで、辞めずにそこから4年も会社に居候中です。

 

自分自身だからね。

ヘッドハンティングされて、心が揺れ動いていたときに、社長から言われた言葉です。

結局は環境も何も関係なく、すべては自分自身にあるということです。

目の前にあるエサに飛びつく人になりたいのか、すべての見極めて、その先にあるご馳走を目指すのか、

選択は自分の自由であり、その選択肢を作り出すも自分自身。

 

相手に合わせるじゃなく、自分に合わせさせるんですよ。

辞めていった自分の部下(年上の優秀な女性)に言われた言葉です。

周りを見て、周りに合わせて、気を遣うことは大切ですが、影響力のある人と言うのは周りの人を自分に引き寄せ、自分の色を足していく人だと思います。

尊重や協調性を重んじるばかり、この視点が僕の救いの言葉になりました。

 

これらは決してすごいことは何も言っていないと思います。

歴史的人物が残しているような洗練されてカッコイイ言葉でもありません。

それでも僕の記憶に残り、自分自身を形成する糧となったこの言葉たちは宝です。

 

真の名言とはその人にとってしか価値がなく、その人の記憶に残り続け、その人の人生の指針となる言葉のことを言うのだと思います。