タグ : 出世

上司の評価を上げるための必須項目。あなたはミスターサタン病?

どうしても上司から評価されなくて困っているとしたら、それはあなたに根本の原因があるかもしれません。

端的に言えば、上司にとってあなたはお荷物になっていたり、面倒くさい存在になっていたり、いてもいなくてもいい存在になっているかもしれません。

 

いやいや、そんなことなくて上司の考え方が・・・俺を見る目がないだけ・・・。

きっとそんなことを口に出すことでしょう。

 

残念ながらそれこそ上司から評価されない人の特徴的な発言です。

 

これをミスターサタン病とでも言いましょうか。

本当は弱いのに口だけは達者なドラゴンボールに出てくるキャラクターと同じです。

おそらく、上司に頼まれた仕事も言われたとおりにやらないのがミスターサタン病の人の特徴です。

 

【ミスターサタン病の特徴1

言われたとおりにやらず勝手なアレンジをする。

「言われたとおり資料をつくりましたが自分的にはこの要素は不要だと思ったので、省いておきました。」

似たようなシチュエーションは経験ないでしょうか?

上司に頼まれたことを良かれと思って自分の判断でアレンジを加えたり、何かを省いたり、究極やらなかったり・・・。

上司の言われたことを100%こなせない人材は全く評価できません。もはやマイナス評価です。

もし勝手なアレンジを加えたとしたらそれは上司を否定しているようなものです。

そんな人材を上司は評価したいと思うでしょうか??

まずは言われたことを100%こなして、その上で意見を言いましょう。

「ひとまず資料を言われたとおり作りました。ご参考までにこういう要素もあったら良いのではないかと思い、もう一案資料を作成しているのでよかったら見てみてください。」

これはできる人が取る行動です。

上司の求めることを100%こなしながらも、自分のアイディアを付加しています。

・・・こいつはできるな。

きっと上司の見る目が変わります。

 

【ミスターサタン病の特徴2

シンプルを複雑にする。

口八丁な屁理屈が多いのが特徴的です。たとえば上司が、

「○○の商品はすごく良いと思うんだけど君はどう思う?」

と聞いたとしたら、きっとこんな返答をするんじゃないでしょうか。

「あぁ、あの商品ですか。僕が思うにあれはこうでこうだから、あっちの商品の方が魅力で、でもあれもこうだから・・・ってそんな感じです。」

価値を生まないどうでもいい屁理屈ばかりで、質問にさえ答えていません。

ミスターサタン病はシンプルなコミュニケーションを複雑にする上に結論を出しません。

こんなコミュニケーションをしていたら上司はきっとあなたを面倒くさい奴と認識し、コミュニケーションを避けることでしょう。

簡潔な結論と的確な応答が信頼につながります。

 

【ミスターサタン病の特徴3

昨日覚えたようなスキルを得意気に言う。

少なからず上司である人は、人を見る力があると思います。

覚えたてのスキルで相手をうまくコントロールしようとしたって見透かされます。

覚えたてのことを自慢げにあたかも前から知っているかのように話すのは何とも小さい人間に見えてしまうのは僕だけでしょうか?

「○○さん、これ知ってますか?常識ですよね?・・・・・え、知らないんですか?だったら知っておいた方が良いですよ。常識なんで(笑)」

完全に上司を馬鹿にしてますね。

ここまでデリカシーのない人はさすがにいないと思いますが、近しいことをしている人は意外といると思います。

覚えたてのスキルばかりに頼る人は厚みのない薄っぺらい上辺人間です。

スキルを重ねて厚みを増していくことが重厚な知層となります。

鼻かみティッシュのように使い捨てているようでは、一向に知層は築けずゴミばかりがたまることでしょう。

 

 

ミスターサタン病の特徴を語りだしたらきりがないくらいありますが、ここまでにしておきます。

最後にミスターサタン病を治したいと思うのであれば、できる限り自分中心に考えることをやめましょう。

 

相手の立場になって考えて、喜ぶであろう手段を考えます。

逆の立場で部下に何をやってもらえたら嬉しいでしょうか?もしくはやられては困ることは何でしょうか?

そう考えれば自然とやるべきことと、やってはいけないことが見えてきます。

誰のために何をやると喜ばれるか。

よく考えてシンプルにアクションしていけば、あっという間に信頼をつかみ評価が上がるはずです。

 

ものごとはとてもシンプル。

シンプルなことをシンプルにこなすことが解決のヒントです。



若くして出世するには?出世する人の特徴と出世コース

僕が知る限り若くして出世できるコースは3つだけあります。

  1. サバイバルに勝つ
  2. 上司にとにかく好かれる
  3. ブルーオーシャンを見つける

もし若く、そして出世願望があるのならば、この3パターンを認識する必要があるでしょう。

斯く言う自分はというと、50人程度の小さな会社ですが一応、リーダーに23歳でなり、25歳でチーフに抜擢され10人弱のチームを任せていただいてます。

来年には取締役まで登り詰めたいと虎視眈々と狙ってます(笑)

20歳代での役職者は今のところ僕だけで30歳、40歳の役職者たちに混じってやってることからも、若くして出世していると言えるかとは思います。

 

とまぁ、これで多少は説得力は持たせられるでしょうか?

そんな自分も例外なく上記の3つのポイントに該当します。

 

若くして出世願望のある方はこれからお話しする3つのコースを知り、自分の立ち位置と今の現状がどうかを認識しましょう。

同じ環境、同じ条件なのに出世できる人と出世できない人がいるんです。

その違いがなんなのか、答えは極めてシンプルで簡単です。

しかし、それを知った上で実行できる人はきっと少ないでしょう。

何故か?それは最後にお伝えすることにしましょう。

 

さて、若くして出世するための3つのコースを教えます。

 

  1. サバイバルに勝つ

    営業なら営業、コンサルならコンサルのメンバーの中で郡を抜いて結果を出すことです。圧倒的な結果は確固たる信頼と実力の証明です。それを掲げれば誰も疑いなしに認めるでしょう。ただし、人を蹴落としたり、正当でないやり方で結果をだすなどルール違反は逆効果です。偉くなっても誰も付いてこないでしょうから、駆け上がってきた階段も、踏み外しては奈落のそこに落ちるだけです。一歩ずつ慎重に登りましょう。


  2. 上司にとにかく好かれる

    これは人柄、性格、人間性を買われて初めて成せる業です。あなたの志が上司とマッチして阿吽の呼吸ができるぐらいの存在であれば出世は約束されたようなものです。ここで注意ですが、間違ってもゴマすりなんてしていてはダメですよ。それは典型的なダメリーマンがやる情けなく悲しい喜劇でしかありません。


  3. ブルーオーシャンを見つける

    競争の激しい市場をレッド・オーシャンと呼び、競争のない未開拓市場をブルーオーシャンと言いますが、社内においてのブルーオーシャンを見つけ出すことは出世コースの最短ルートです。周囲と同じことをやっていたらそれはレッドオーシャンにいることを意味します。違うことをやれば意気揚々と競争相手のいない真っ青な海を一直線に進めることでしょう。

 

僕はこの中の3番目の要素が最も強いと思います。

社内で自分がユニーク(唯一無二)な存在になると何かと目立つし、頼られます。

1番の「サバイバルに勝つ」は本当の実力者のみしか無理です。2番の「上司にとにかく好かれる」は天性の才能である要素が強いです。

しかし3番の「ブルーオーシャンを見つける」というのは誰にでもできます。

実力も才能もそんなに必要のないことです。

社内という地球の中で、海は太平洋、大西洋だけじゃありません。瀬戸内海も良し、カリブ海も良し、海が全部レッドオーシャンならば、自分でプライベートビーチでもを創ってしまえば良い。

 

いかがでしだか?

今の自分は世界地図のどこにいるのかは分かりましたか?

残念ながら自分の所在が分かったらといって出世はできません。

最後にひとつ質問をさせていただきます。

この答え次第であなたが若くして出世できるかどうかがはっきり分かります。

では、質問します。

 

Q. 出世したいと思うのは何故ですか?

 

この質問に対して具体的に答えられたとしたらあなたはもう出世街道まっしぐらでしょう。

答えられない人はおそらく若くしての出世は無理です。諦めてください。

なぜならこの時点で欠けている致命的なことが2つあるからです。

それは 「情熱」 と 「覚悟」 です。

出世するには何かしらの動機が必要です。その動機を生む原動力が「情熱」です。

それは単純にお金をがっつり稼ぎたい!とか、夢をかなえたいとか漠然としていてもとりあえずはOKです。

また、その動機を実行するには絶対的な「覚悟」が必要です。

若くして出世するというのは普通にしてたら無理なのは当然なのですから、出世したいと思う理由があいまいでは覚悟しようにも覚悟のしようがないでしょう。

少なからず僕が知っている出世している人や起業している人は最低この二つの要素を確固として持っています。

 

とまぁ、生意気にも自論を書きましたが、そもそも出世が全てではありません。

これを書いた自分が言うのもなんですが僕は出世を意識したことはありません。

後々考えてみたら、こういうことだったんだなと結論づいただけです。

同年代あるいはもっと若い人に伝えたいことは出世ではなく、「情熱」と「覚悟」です。

「情熱」の湧く仕事を選択してください。自分を信じ抜く「覚悟」をして下さい。

そうすればきっと何も意識することなく、明るい道が開けると思います。