タグ : 仕事術

新人が営業同行で学ぶべきこと。即戦力になるための学び方と思考法。

入ったばかりの会社において誰もが不安であり、誰もがいち早く一人前になりたいと思っているはずです。

不安と期待を胸に、まず多くの企業は営業同行をさせることでしょう。

議事録を取ったり、先輩社員から色々と教えてもらったり、やることは大したことないかもしれません。

大したことがないのに、半年経つと、成長している人と成長していない人との差がいつの間にか大きくなるのは何故でしょう。

 

一人は即戦力に。一人は先輩のサポート役。

もし、前者になりたいと願うのであればとっておきの学び方と、即戦力になる人とそうでない人の違いを教えます。

 

成長の差は才能や頭の良さではありません。

学びの思考の差。ただそれだけです。

 

さて本題に入りましょう。以下3つの質問に答えて下さい。

①営業同行をする時に何か心がけていることはありますか?

②営業同行した後に毎回何を学び得てますか?

③一日を終えて何が成長しましたか?

すべて明確に答えられましたか?

きっと殆どの人は明確には答えられなかったと思います。

もし答えられたなら、あなたはもう即戦力になれますから、以降は見ないで大丈夫です。

答えられなかった人は、もしかしたらサポート役街道まっしぐらかもしれません。

 

明日同じことが自分にできるか?

大事なのは同行した際に隣に安心して居座っていることではありません。

その場で何を得られか、自分の身になるかです。

そこで働かせなくては行けない思考が、「明日同じことが自分にできるか?」という問いです。

 

常にこの問いかけを自分にしていたら、安心して横に座ってられないはずです。

明日同じ事をやらなくてはならないという思考のもと、ノートに記すのは議事録ではなく、先輩とクライアントとの商談ストーリーになります。

議事録のようにタスクや結論、ポイントのメモなど、物事を点で捉えてしまっては全体は見えません。

それは記録でしかないのです。

ストーリーを掴めば全体が見えてきます。全体が見えればいくらでも応用がきくようになります。

映画で例えるなら「議事録」は「セリフ」であり、「ストーリー」は「脚本(筋書き)」です。

いくらセリフばかりメモしていても映画はできませんが、筋書きができ上がれば映画はできるのです。

 

あなたが営業同行して学ぶべきはセリフではなく、筋書きだということをしっかり認識しましょう。

先輩や上司の筋書きがどうなっているか、まずはそれを学ぶことが大切です。

 

オリジナルを求めるのは、ド素人の傲慢

誰もが自分らしさを出そうと自己分析をしたがります。

自分の特徴は?自分の得意分野は?

そんなことをしていても永遠にオリジナリティは出ません。

 

どんな素晴らしいダンサーであったとしても、どんな素晴らしいミュージシャンであったとしても、はたまたどんな素晴らしいアスリートであったとしても、すべての人はコピーから始まっています。

最初からオリジナリティ溢れるダンスが出来るはずがありませんし、いきなりオリジナル曲を作れるわけもありません。

イチローのような打ち方が出来るわけもありません。

 

プロと呼ばれる一部の人達のオリジナリティと同様に自分もオリジナリティを求めようとすることは彼らに対する侮辱のようなものです。

まず志すことは徹底的にパクること。

それ以上のことを求めるのはあなたがプロと呼ばれるぐらいに周りの人を納得させてからにしましょう。

 

言葉の言い訳

言葉には一見前向きに聞こえる言葉でも、潜在的に逃げの言葉を発する人が多くいます。

例えば、「頑張ってみます!」、「出来ると思います!」

一般的に前向きな言葉に聞こえますが、言い方を変えるとこうなります。

「頑張ってみますが、できなくても許してください。」

「出来ると思いますが、出来ないかもしれません。」

 

こういった裏腹の意志が実は見え隠れしています。

即戦力になれる人の発言はこうなります。

「私がやります!」

 

この言葉には一切の逃げ道は存在しません。

 

結論から言うと即戦力になる人というのは、自主的であり、自力と自責でやろうとする心構えのある人です。

スタートラインが最後尾だったとしても、この志さえあれば必ず追いぬいて行けます。

きっと何度もミスをすると思います。何度も失敗すると思います。

しかしながらリスクを恐れてやらなかった人よりも多くの経験を得られます。

この経験こそが成長につながるのです。

 

ライト兄弟が何故初飛行に成功したのか。

資金力も技術力もある、他の大きな会社が何故出来ないことを成し遂げられたのか。

 

もしかしたらこれらのような志と思考、無数の経験(失敗)があったからかもしれません。



iPhone用カレンダーアプリ、スケジュール管理の決定版!5アプリまとめ比較

今更ながらではありますが。iPhone用のカレンダーアプリを厳選して5アプリ紹介します。

 

本当に使えるカレンダーアプリをインストールしようと思っても、1000円越えはザラです。

どれを選択しようにもどれも高く比較検討しようと思ったら5000円ぐらい投資しなければなりません。

そんなアプリにコストを掛けるバカがどこにいるっていうんですか?

 

・・・あ、ここにいました。私です。

 

そんなバカな私のおすすめiPhoneカレンダーアプリを一挙にまとめてみました。

特に仕事でスケジュール管理をしたいという方におすすめ!

安かろう悪かろうではなく、本当に使える高機能(高額)カレンダーアプリだけを比較してます。

 

最高のiPhone用カレンダーアプリとの出会いがきっとここにあるはずです。

 

▼評価のポイント

ビジネスユースということを前提に考えた場合、Googleカレンダーとの同期は当然。

さらに普段使いで大切なのはデザイン性と操作性です。

実際に文房具屋で手帳を買うときにやたらと重くて見づらい手帳を買おうとしませんよね。

アプリになったって一番大切なのはそこです。

どんな機能が豊富ですごくてもインターフェイスが美しくなければ絶対的に利用価値はありません。

デザイン性、操作性、機能性(カスタマイズ性)の3項目を星5つで評価します。

 

第5位:Informant

< App Storeで詳細を見る

デザイン性:★★★★☆
操作性:★★★☆☆
機能性:★★★★★
個人的おすすめ度: ★★★☆☆
価格:1,100 円

 

このアプリは基本的に悪い点がありません。機能性も半端じゃないです。

例えばタスク(TODO)管理だってできちゃいます。しかもToodledoやGoogleタスクとの同期も取れちゃうんです。

僕はGoogleタスクを日常的に活用しているので非常にこの機能は重要だったりします。

なのに5位?と不思議に思われることでしょう。

それは、速度と閲覧性がちょっと・・・ね。

フリックしても反応が遅かったりすると日常の作業なので結構ストレスが溜まったりもします。

あとはヘッダーが結構スペースを取ってしまっているのも気になります。

スケジュールを見るためのツールなので極力スケジュールがメインであって欲しいです。

 

第4位:さいすけ

App Storeで詳細を見る

デザイン性:★★☆☆☆
操作性:★★★★☆
機能性:★★★★☆
個人的おすすめ度: ★★★☆☆
価格: 850円

 

とっても人気な「さいすけ」

昔からあり、ユーザーの声に応えながら今も進化しているツールです。

必要な機能は全部揃ってますし、フォントサイズなどのデザインも細かく設定できるのは高評価!

少しだけ速度が遅いのは気になるけれど、普段使いで我慢出来ないほどでもありません。

ただ、どれも秀でていないというか、バランスは多分一番良いのだけれど個性がないというか。

それを好む人も多いから人気なのだろうけど個人的にはもうひとつ何か特筆すべきものがあって欲しいと思ってしまいます。

 

第3位:SnapCal

App Storeで詳細を見る

デザイン性:★★★★★
操作性:★★★★☆
機能性:★★★★☆
個人的おすすめ度: ★★★★☆
価格: 無料!!!!!!!!

 

これを無料で出してはいかんぜよ。

他の有料アプリのほとんどをごみ箱に追いやった悪い悪いアプリです。

洗練されたデザイン性と操作性に惚れてしまったのは僕だけではないはず。

言わばiPhoneカレンダーアプリ界の革命児でしょう。

しかもfacebookから友人の誕生日をインポートしたりやTwitter連携、Evernoteだって連携してしまう優れもの。

とりあえずコストをかけずにという方には間違いなくこれをお勧めします。

ただ、これだけ優れていると高飛車なようで、デザインを自分好みにあまりカスタマイズできないのが残念なところ。

 

第2位:Refills

App Storeで詳細を見る

デザイン性:★★★★★
操作性:★★★★☆
機能性:★★★★☆
個人的おすすめ度: ★★★★★
価格: 850円

 

このカレンダーは一言で言えばセクシー。一度使ったものを魅了してやみません。

iPhoneをシェイクすれば同期を開始したり、あるいは今日の日付に飛んだりするなんて、かゆいところに手が届く、できすぎ君みたいな子。

カレンダーデザインテンプレートも豊富で、無料のものから有料のものまで豊富。

間違いなくデザイン性で買うならこのアプリに決定です。

速度も随分と改善されてそれなりにサクサク動くし、日常使いとしては申し分なしですね。

機能面はとにかくシンプルで余計な物はそぎ落とすところがまた憎い。

ひとつ残念なのはタスク。せめてGoogleタスクと同期して欲しい。

それと設定画面が分かりづらいのでご注意。アプリ内からではなく、iPhoneの設定から変更できます。

 

第1位:TapCal

App Storeで詳細を見る

デザイン性:★★★★★
操作性:★★★★★
機能性:★★★★★
個人的おすすめ度: ★★★★★★★★★★
価格: 600円

 

一期一会という言葉がありますが、このアプリとの出会いは衝撃的でした。

今まで第二位で紹介したRefillsを使っており、何の不満も不自由もなくこのままRefillsを使っていくものと思ってましたが、ふとダウンロードしてみたTapCalが尋常じゃない神アプリで、ついつい浮気をしてしまいました。

セクシーどころじゃなく、芸術の域に達してます。

ダメなところを探し用にも一切見つかりません。

速度は抜群に早く、ストレスを一切感じないですし、タスクはGoogleタスクと完全同期。

テンプレートカスタマイズも細かく設定でき、しかもRefillsに匹敵するデザイン性。

悔しいですが、最強と言わざるえません。

 

 

情報化社会においてカレンダー管理や共有が改めて重要だと感じています。

そんな世の中において、きっとこれらのアプリはあなたの手助けをしてくれるに違い有りません。

少なからず、自分自身は自分のスケジュールもタスクも、チームメンバーのスケジュールもこのアプリで行なっています。

 

さぁ、選択の時です。

 

重たい手帳を片手に自分だけの予定管理をするのか。

すべてのスケジュールとタスクとメンバースケジュールをiPhoneに入れてしまうのか。

 

選択はあなた次第です。



コンサルタントとして失敗しないための秘訣

点と線

Photo by Mr 006’s

「コンサルティングしますよ。」

安易にこの言葉を使う会社がIT・WEB業界に溢れかえってますね。

この発言する人が100人いたとすれば本当の意味でコンサルティング出来る人は1人!

と、言いたいところですが0人ですよ。

ほとんどがコンサルティングを語る物売り営業マンか提案営業マンでしかないです。

間違っても優秀なコンサルタントではないでしょう。

 

例えば、自分がある分野である程度の知識を持っていたとして、コンサルタントを語る人に、

「あなたのところは○○ができてないから弊社がコンサルしますよ」と言われて、是非お願いします!

なんて話になるわけないじゃないですか。

この発言自体が上から目線ですからね。そんな奴信用できるわけない。

 

ちなみに僕の場合はこんな言い方にしてます。

「パートナーとして一緒に課題を見つけて解決していきましょう」

これなら上下関係なく同じ目線ですよね。

少しでも上下関係や優劣がついてしまうと、相手の協力性やスタンスが遠ざかります。

これが一番の失敗のもととなります。

常に対等に常に同じ方向を見つめて課題解決を目指すスタンスが重要です。

 

先方は課題がそもそも何なのかさえ分かっていない場合が多いため、先方にもしっかりと考えてもらう必要があるんです。

コンサルと言ってしまうと「あなたコンサルタントでしょ? 考えてよ。教えてよ。」っていう具合に、考えることをやめて他力本願になるから、その時点で本来のコンサルティングができなくなっちゃうんですね。

 

まぁここまでを、キホンの「キ」として、その次は何をしたらいいのか。

それは、「何を目的としてやり続けるのか」の方向性を明確にすることです。

本当にコレ大事ね。キホンの「ホ」だね。

 

出来の悪いコンサルタントだと、これやりましょう、あれやりましょう。これダメですね。これすべきです。これはマスト・・・・

こんなことばかり挙げて結局方向性を見失うんです。

wish, will, should, mustなんかを語る前に、それがどこを目指してのことなのか目的と軸を明確にした上でないと

何のためにやってるのかすぐ壁にぶちあたります。

それをやる目的は何なのか?をしっかり互いに共通認識を持った上で、課題出し、解決策の提示・提案、施策をやっていけば

お互い何のためにやり続けているのかがはっきりしますよね。

点だけで捉えるのではなく点と点つなげて線で捉えるようにしましょう。

というよりも、線の上に点をつけていきましょう。

そんなイメージです。

 

■まとめ

・同じ目線で同じ方向を向くこと

・相手にも考えさせること

・~しなければならない。~すべき。の前に目的と方向性を互いに握り合うこと

 

あと最後に言い忘れた。

キホンの「ン」は、先方の心を掴むこと。

これに限る。

それだけの知識と知恵、経験と人間力、そしてコミュニケーション力。

本当の実力が必要なのは当然ですので、自分磨きを怠らずに!