タグ : 人生設計

27歳、ぐうたら親父にならないために相棒との別れを決意

もう若くないぞ。俺。

27歳といえば、もうおやじの仲間入りだ。

誰も若者として見てくれないんだ。

このまま30代を迎えて、最高に幸せで充実した生活がイメージできるか?

今日もテレビを2時間見たって?

それを毎日続けたとして残りの人生が60年で計算したら丸々5年分の時間をテレビに費やすってことだぞ。

 

5年間も費やすなら海外旅行に行ったほうが良くないか?

5年間も費やすなら仕事に明け暮れたほうがマシじゃないか?

5年間も費やすなら恋人と過ごしたほうが幸せじゃないか?

 

これだけじゃない。

電車でぼうっとする時間も、無駄に寝ている時間も、やらされ仕事をしている時間も、それが本望ならそうしたらいい。

それが夢だというなら最高の人生だ。

 

2011/09/28、27歳になった。

 

まずは今まで笑いや感動や楽しみを提供してくれたテレビに感謝して、お別れしよう。

君はこれからの僕の人生にとって必要じゃなくなったんだよ。

 

こんなにも静かな夜は久しぶりだ。

キーボードを打つタイピングの音が響き、何とも儚い。

 

時間の浪費分は、すべて思考と遊びとチャレンジの時間に。

ぐうたらオヤジになってたまるか!



ライフスタイルプランだけにライフプランを考える

[ad#468×60]

ここ最近将来の設計を考えるようになりました。

きっとそのうち結婚もするだろうし、子供も2人ぐらい欲しいし、老後も来るし、死も来るわけで、

必然で来るだろう未来のために今できることってなんでしょう。

頭にまず思い浮かぶのがお金です。

一人の子供を育てるのに3000万円程度必要と聞きます。2人生んだら6000万円です。

老後には少なくとも3000万円程度の預金が必要とも聞きます。

やっぱり思うのはカッコイイ人生を歩むためにはこれらのような将来必然で来る、金銭リスクを今のうちに消すための準備をしておかなくてはカッコイイお父さんにも、カッコイイおじいちゃんにもなれないと思います。

お金は人を狂わせます。

人格を変えます。

お金に右往左往する人生は最低にカッコ悪いです。

お金を持つことがカッコイイのではなく、お金に影響されない人であることが本質的なカッコ良さです。

たくさんの人と会う中で、資産を増やす術を知りました。

不動産、保険、証券、銀行。

この4つが資産運用の大項目でしょう。

多くの人は銀行にとりあえずお金を預金してますが、金利は0.04%ぐらいですね。

72の法則で考えると預けた預金が2倍になるのは1800年後です。

この低金利では資産は増やせません。

ただ、銀行は安全というリスク回避と利便性が高いので、必要性はありますね。

不動産や保険などは低~中リスクといったところでしょうか。

その分、金利は当然の事ながら銀行よりは高いです。

保険でもモノによっては3.5%程度で運用できるものもあります。

保険としての機能も付随しますので、いざというときの安心にもなりますね。

3.5%での運用であれば、資産が2倍になるのは20年後です。

銀行と比べたら1780年の差があります。

あと、証券ですが、こちらはモノによって元本割れリスクもあれば、

うまく運用できれば年利10%というのも可能です。

10%での運用であれば、資産が2倍になるのは7年後です。

ただ、ギャンブル性も含まれますので捨て金という気持ちで運用しないとダメですね。

市況の波に一喜一憂しているようでは、お金に遊ばれてしまいます。

 

安心の準備を今しておけば、来るべくして来たものにその場その場であせる必要がなくなります。

まずは、何よりもお金のリスク回避です。

何の心配のない安心した大人はカッコ良いです。

やっぱそうならなくちゃ、ライフスタイルプランなんて言ってられません。

既に将来の金銭リスクに対して、運用を始めていってますが今やりはじめるのと5年後やり始めるのとでは全然違います。

10年後、20年後、30年後、金銭リスクを今からゼロにできますか?

そのために何か準備をしなくて大丈夫ですか?

黙ってても来るんですよ。

 

まずは手段を学びましょう。

資産について学ぶにはベタですがこの本はやっぱオススメです。

 

少子高齢化社会において、学費は高騰、老人増加によって税金は上がっていくことでしょう。

国や会社からの保障は頼りになりませんし、自分で考えておかないと本当に怖いです。

周りに頼らず、自分でどうするか。

育ててもらった両親や一生の伴侶と子供とを支えられのか。

男たるもの「支えられる!」と自信を持って言える人間にならなくちゃ。

絶対後悔しない人生にするために、今何ができて何を決断するのかが大切なんだと思う。