タグ : 一人旅

ドバイ一人旅 〜ドバイマラソン2012を走ってきた〜

これでフルマラソン5か国目。

ホノルル、シドニー、ベルリン、ソウル、ドバイ。

振り返ると結構走ってきたなぁと感じます。

なぜ走るの?と聞かれますが、理由は常に初心でいたいからです。

私の初心とは常に何かに挑戦すること。諦めないこと。達成すること。

それら全てをマラソンというのは含んでいると思います。

基本的には全部一人旅です。

変態に思われるかも知れませんが、誰も知らない全くの異国で、尋常じゃなくつらいことへ挑戦するというのは本当の意味で自分と向き合える有意義なものです。

・・・やっぱり変態ですね。自分、究極のドMや。

それは置いておいて、ドバイに一人旅に行って参りましたので思ったこと、感じたこと、思い出を少し語らせてください。

 

Where is DUBAI?

んなこと聞かんでも分かるって!アラブ首長国連邦やろ。


大きな地図で見る

時差は5時間。9割外国人が居住しているらしいです。

半数はインド系で、あとは東南アジア系や、欧米人でしょうか。

この国はサブプライムローンを根源とした世界経済低迷に大きく影響を受け、バブルも開発も勢いが止まっている印象を持ってましたが、実際に行ってみると全然勢いを感じます。

少なからず夜外に出ればすぐにわかります。どこもかしこも溢れんばかりの人で、お祭りが毎晩あちこちで開かれてるような感じです。

 

DUBAI MARATHON 2012

せや!俺はこれ目的に行ったんやで!

ほとんど日本人はいませんでしたね。

やっぱり参加者のほとんどは欧米人。

無意味に日本代表のユニフォームなんか着ちゃって頑張っちゃいました。

結果、自己ベストの3:30で走れたので、練習をほとんど出来ずに参加した割に良かったです。

参加して思ったのは、コースがまず舐めてるってこと。

ほとんど観光名所は通らず、15キロ直進して折り返してまた15キロ・・・・。

どんだけ、道路を封鎖したくないんだ!って言いたくなるぐらい面白みのないコースを走らされます。

推測ですが、やはり「マラソン」というキャッチでたくさんの人を来訪させ、ビジネスや観光などに影響は出ささせないために主要な中心部の道路は極力封鎖せずにいたかったのでしょう。

制限時間も6時間と普通の世界市民マラソンと比べてかなり短いですから思惑の見え隠れがよくわかります。

ちなみに気温はこの時期20度くらいなので走りやすいです。

 

DUBAI sightseeing !!

そや、マラソンだけでなくドバイには見所満載なんや!ほんまビビルで!

まずビビったのはこれや。

金を自販機で売るぐらいな国です。勢いあるわけです。

これにも驚きました。

モール内にはスケートどころか、スキーまでできちゃうなんて、ここは一体どこなんだい?

それから忘れちゃいけませんね。どでかいあのビルを。

バージュ・ハリファです。

言うまでもないが、こいつはすんごいです。

展望階に行きたかったのですが、向こう一週間はSOLDOUT。。。

行かれる方は事前にネットで予約したほうが絶対に良いです。しかも窓口より安く予約できるみたいです。

 

そしてドバイを手っ取り早く見たい人は、BIGBUSに限ります。

各国でよくお世話になるバスですが、2階建てのバスで一気に観光名所を巡回してくれます。

まずこれに乗って全体を把握するのが効率的です。

 

その他のイケテル写真もどうぞ。

 

DUBAI fashion

ドバイのファッション事情知っとるか?しゃあない俺が見てきてやったから教えたる。

毎晩DUBAI MALLではファッションショーが行われています。

寄った際には是非覗くといいでしょう。

ドバイのファッションは面白いです。民族も多種多様なためカジュアルからラグジュアリー、民族衣装まで一つのモールで見れます。

主軸はやはりファストファッションとラグジュアリーがほとんどを占めているように見受けられました。

 

ファストファッションではインディテックスグループのZARAやベルーシュカ、H&Mが良い立地とスペースを掌握し、その回りにGAP、FOREVE21、OASIS、MANGO、TOPSHOP、NEXTなどが並びます。

路面店では意外とGIORDANOが多いのは意外でした。浸透しているのでしょうかね?

 

ひとつ気になるショップはSUPER DRYっていうショップなんですが、前にもシドニーやロンドンで見かけた覚えがあります。

気になるのはロゴ。サブタイトルが「極度乾燥(しなさい)」って。

よくこんなダサいのにグローバルで戦えているなと感じます。

ファッションセンスが無くてもファッションビジネスはできるってことを証明しているある意味勉強になるショップです。

 

それと気がかりなのがユニクロです。まったくドバイには進出してないですね。

というか以前にバーニーズニューヨークの争奪戦でドバイ資本の会社と争った末に敗れたので、

何か政治的な制約が働いているのかも知れません。いや絶対にそうだと思う。

 

No water No DUBAI

誰や!この国は砂漠の国かい?なんて質問したのは!この国はもはや水の国や!アホンダラ!

水に困るどころか水を余すことなく美しく使っています。

上の動画、やばくないですか?

ディズニーシーでも見れませんよ。

 

工業用水や生活用水のほとんどは海水蒸留水です。そりゃ砂漠の国ですから地下水なんかほとんどあるはずありません。

水の会社が上場するぐらい水ビジネスに関しては進んでいるようです。

 

ドバイの注意点

ここまで良いことばかり並べてきましたが、気をつけることや知っておいた方が良いこともありますので少し補足。

・メトロは金、土は昼から運行になります。それ以外の日はは朝から夜の11:30ぐらいまで。

・タクシーは最低10ディルハムです。メーターで6ディルハムでも10ディルハム払う必要があります。

・夜の駅前には中国人の売春婦たちが・・・。

・クリケットのような野球のようなよく分からないスポーツが絶大な人気。(どうでもいいことですが)

・タクシーに乗るときは後ろのほうが良い。前に座るとゲイのドライバーが誘ってきたから気をつけてね。

 

とまぁこんなところでしょうか?

治安は良いし、冬の時期であればとても過ごしやすい気候だし、良い街です。

今はスーパー円高なので大体安く感じます。

自分は全く買う予定のなかったスケボーの板をあまりの安さに買ってしまったぐらいですからね。

 

街自体が結構でかいので、タクシーとバスとメトロは欠かせません。

日本で言うSUICAのようなカードを作れば楽にバスやメトロに乗れて便利です。

自分はシルバーカードというのを作りました。

 

まだまだ開発段階ではあるので建設ラッシュがあちこちで見受けられますが十分に街としては機能していて見所も満載です。

4泊すればほとんどのところを見れるんじゃないでしょうか?

 

ドバイ。

確かに、近未来を感じる何かが存在してました。



【フランス-パリ一人旅】パリの歩き方と見どころまとめ

世界一お洒落と言われるパリへぶらっと一人旅。

この街は言うまでもなく年間4500万人の観光客が訪れる世界有数の観光街です。

それだけ見どころと環境が整備されている素晴らしい街でした。

街が絵になるとはよく言いますが、街だけでなく一人ひとりが絵になります。

そこにいるだけで、自分自身もその街という絵画の一画をになっているように感じます。

さて、そんな街を自転車とスケボー、電車とバスを使って回りつくしました。

その中で効率的にパリを楽しむために必要な準備と手配を少しご紹介したいと思います。

これから行こうと考えている方がいたら是非ご参考に。

 

パリに着いたらまずNAVIGO(日本でいうSUICA)を作るべし

自分はつくらなかったのですが、作ったほうが明らかに安上がりで何かと便利です。

駅窓口で発行できるのですが顔写真が必要のため、日本から持っていくか、現地でも日本のように無人撮影機があるのでそちらで作りましょう。

基本的にはチャージして利用しますが区間定期券を付加すればパリ市内のメトロ、バスは自由に乗り放題になります。

詳しく知りたい方はこちらを参考に。

http://www.hitoriparis.com/benri/navigo.html

いちいち切符を買う手間も省けるので持ってるととてもラクです。

 

パリの足は自転車に限る

Velib(ヴェリブ)というレンタルサイクルシステムがパリには存在します。街中の至る所にレンタル自転車置き場があり、1日1.7ユーロ(1時間以上の利用は1時間置きに課金)で利用できます。

自転車を借りるには前述のNAVIGOがあれば簡単ですが、僕みたいに作らなかった人はICチップ入りクレジットカードが必要です。

自転車置き場に設置されている機械で手続きするのですが、フランス語も英語も分からない自分にはなかなか難しかったですが、流れとしては、タッチパネルのナビに従い言語をEnglishにして、Subscribeを選択、1yearか1dayパスを選択、規約を読んで、同意。この時盗難を防ぐために150ユーロのデポジットの説明が書かれているので、150ユーロかかるの?という不安を抱きますが、あくまで自転車がなくなったときに課金されるだけなので、心配入りません。

同意したらクレジットカードを挿入。

ここからはタッチパネルではなく、カード挿入口に表示される電子版に文字が表示されます。

残念ながらフランス語しか表示されず分かりづらいですが、カードのPINコードとパスワード(任意)を入力するとパスカードが発行されます。

発行されたカードにはIDが書かれています。発行したら機械の裏側に移り、似たような入力画面があるのですが、そちらでIDとパスワードを入れて、借りる自転車の番号を入力すればOKです。

注意ポイント>>

自転車はパンクしていたりサドルの高さが調整できなかったり、不具合の多い自転車も多く、借りる前にタイヤやサドル、チェーンの張りを確認するとよいでしょう。

間違って不具合のある自転車を借りてしまったら、一旦戻して、違う自転車に乗り換えましょう。ただし、重複レンタルを避けるためか、5分ほどカードが使えなくなりますので少し待つ必要があります。


これで自転車と地下鉄、バスを自由に使えるでしょう。

あとは行きたいところに行くのはもちろんですが、地図を持たずに自由に回るのも新しい発見や普段見ないパリを見ることができてそれもまた一興。

最後に観光してみて個人的におすすめのスポットなどをご紹介します。

 

まずはパリの風を感じよう!

観光スポットを一気に見て回れる観光バス(24ユーロ)。日本語のガイドも流れているので、パリという街を短時間で理解しやすいです。

まずはこのバスに乗ってパリ全体を把握すると効率的です。

 

ファッション見るならここでしょ

ファッションストリートはたくさんありますが、有名所すべて回ってみて一番見ごたえのあったところは、

サン・ジェルマン大通り、グルネル通り、シェルシュ・ミディ通り、ラスパイユ大通りですね。

Googlemapsで見る

特に紳士靴のブランドがたくさんあります。ベルルッティ、ジョンロブ、エドワードグリーン・・・。

男性にはこの上ないココロ踊る場所でしょう。

 

まともなご飯は最低25ユーロ~

現地着いて最初の食事は大通り沿いにある大衆的なお店。

12ユーロのボロネーゼは人生で一番まずいパスタでした。

パリでのご飯はまずいか、うまいか、両極端でした。その境目は金額だと分かりやすいです。

個人的感覚ですが、1食25ユーロ出せばそれなりの料理を楽しめると思います。

それと入り口に、掲載された雑誌の表紙コピーがたくさん貼ってある店は安心です。

 

見所いっぱい。パリでの観光

景色は最高なのは言うまでもないですが、それ以上に楽しませてくれるのは、街中で見かけるパフォーマンス。

ミュージック、ダンス、リフティング、アート、大道芸・・・。

言ってしまえばタダで1日中楽しめます。

 

パリ近郊へも立ち寄ってみる

ベルサイユ、モンサンミッシェル、アウトレットにも行ってみました。

ベルサイユは贅の極みです。こんなところで生活したら現実に戻ってこれないでしょうね。

 

モンサンミッシェルは結構遠く、時間計算のミスをしてしまい、滞在時間が30分という致命的なミスをしてしまいました。

観光は計画的に。ですね。

パリからだと、9:00の電車に乗って、向こうを17:00の電車に乗るスケジュールであれば、2時間半の滞在ができるので、ゆっくり観光できるかと思います。

もっと時間があれば、宿泊して夜のライトアップを見るのも良いですね。

 

アウトレットはディズニーランドの手前の駅にあります。ラ・ヴァレ・ヴィレッジというアウトレットモールで大体30%~50%OFF。

あれもこれも買いたくなりますが、やっぱり日本人の体系には合いづらく、大きいサイズが中心です。

せっかく来たのでBALLYのスニーカーだけ買って帰宅。

 

旅行記

パリに行って感じたのは、街は人を映す鏡だということです。

歩いていると颯爽とキックボードで過ぎ去るおばあちゃんがいたり、街は生き方そのものなんですね。

クールな生き方がパリにはたくさんありました。