これからの働き方について大事なこと

仕事とは本質的に楽しくないものだ。

その考えで通じたのは効率化された単純作業で成り立った時代における思考だ。

昔はそれでも良かった。

つまらない仕事でも高度成長の波に乗って誰もが皆、多くの収入を得ることができたからだ。

 

しかし今の時代ではその思考は通じなくなってきている。

 

単純作業はすでにオフショアにアウトソーシングされ仕事自体なくなってきている。

もし未だにこの感覚で仕事をしているとしたら、オフショアの安い賃金の国や、人の脳より優秀なハード&ソフトウェアと競争しなければならない。

少し考えてみよう。その単純作業において、

お腹をすかせた貪欲なオフショアの人たちより費用対効果の高い価値を生める自信があるだろうか。

脳みそを4つも持ったクアッドコアのPCより速い計算ができる自信があるだろうか。

 

これらは現実だ。

まだ日本は「日本語」という壁に守られているが、遅かれ早かれ単純作業(ルーチンワーク)では贅沢な飯は食っていけないのは間違いない。

守られているという表現より「鎖国」されていると言ったほうが正しいかもしれない。

だからこそ、鎖国が解かれた瞬間に焦らぬよう準備周到を期して今から自分自身の位置づけを見つめなおさなければならないと感じる。

 

もし今、仕事がつまらない。と嘆いているとしたら危険だと感じたほうが良い。

日本の人口が減っていくことは紛れも無い事実であり、それを補うためにさらに外国人を受け入れざるえない状況。

日本の鎖国が解かれるのは時間の問題だ。

いくら嫌だといっても日本は強制的にグローバライゼーションの波に呑まれる。

 

だからこそ、思考のフレームワークを一新しなければならない。

先進国が直面している問題は未だ昔のままの思考フレームワークで仕事をしようとしていることだ。

効率性、インセンティブ、組織化。

 

これらは合理的だ。

だから誰も疑わない。

 

しかし人間がそもそも合理的でないのにこれらを当てはめようとするのは不合理の何者でもない。

 

飴と鞭で合理的に働かせようとしても限界がある。

もしそうだとしたら今あるオープンソースの時代が訪れることはなかったはずだ。

このブログもオープンソース(Wordpress)。

今見ているブラウザもオープンソース(Firefox)。

しらべものはもっぱらWikipedia。

 

上記に効率性、インセンティブ、組織化のキーワードが当てはまるとは思えない。

これらに置き換わるキーワードとして、創造性、モチベーション、フラット化だろう。

 

今の時代における仕事とは本質的に楽しいものだ。

でなければ、明日は開けない。

 

2012年が明けた。

自分自身迷いをなくし邁進できるように、働き方について本気で考えていく年にしたい。


自分のスタイルがなきゃお前の人生終わりよ

他人の目を気にしすぎるな。世の中に恥ずかしい物なんて何も無い。

ただ恥ずかしいと思ってしまっているお前がいるだけだ。

 

いちいち落ち込むな。失敗ってのはなにかやったことに対しての出た答えだ。

挑戦しただけお前はかっこいいよ。傍から見ながら行動しない木偶の坊よりよっぽどマシだ。

 

リスクって知ってるか。何もやらないことをリスクっていうんだ。

 

可能性ってのは信じることよ。0.1%の確率でもあればやり続ければ確率は上がる。

いつか100%になるってもんよ。

諦めたらある確率も0%にしかならんだろ。

 

頑張ってるって?笑わすんじゃないよ。

評価ってのは自分でするもんじゃない。他人に認められて始めて評価だ。

いくら頑張ってるって自分が言ってもそれは自分への単なる慰めだ。

そんな惨めな発言よくできるな。だせぇよ。

 

言わないことが美徳だなんて思うなよ。

言わないってのは単なる卑怯者だ。

 

聞く耳を持て。

批判を真摯に聴けなけない奴は臆病者だ。

逃げるんじゃないよ。自信ががあるなら堂々と居座れ。

 

不満があるんだってな。それは何に対してだ?

よく考えてみろ。その不満の根源は自分自身への不満じゃないか?

人や環境のせいにしちゃいかん。

どんな環境でもどんな相手とでも楽しめるようになりゃいいだけだ。

お前の人間力を磨け。

 

嘘は嘘をついた分、自分の価値を失うぞ。

それは自分へ嘘をついたことになるからな。

わざわざ価値を下げるようなことするなんてどんなアホだよ。

 

自分への愛情を持て。

自分に愛情を注げない奴が人に愛情を注げるわけねぇからさ。

 

優秀になろうとするな。常に非凡でいろ。

優秀だと思った瞬間から誰かと比較をしていることになるからな。

そういう奴は大抵性格が悪くなるんよ。人の悪口や自分の頭の良さを語り始める。

 

いいか、比較するのは自分だけにしろ。

昨日の自分を否定しろ。明日の自分へ希望を持て。

 

1〜10まで全力でやる必要はない。マラソンだって最初から50M走る勢いで挑むバカはいないだろ。

勝負どころを見極めろ。そこだけは外すな。ビジネスにも恋愛にも人生にも勝負どころがある。

2球見逃しても最後の1球は全力でバックスクリーンに持ってけ。それで勝ちだ。

 

思い通りにいくと思うな。そうすれば大抵のことはストレスにならない。

思い通りにいかせようとするからうまくいかなかった時ストレスになるんだ。

 

病は気からは本当だ。情熱を燃やしてるやつでへばった奴を見たことがない。

情熱燃やせばウイルスも近寄らんよ。

 

困ってるひとを絶対拒むな。手を差し伸べるだけでハッピーにさせることができるんだぞ。

そんな幸せなことが当たり前にできる奴は絶対ハッピーな奴よ。

 

これをみてどう思うか。

馬鹿だと思うか。

共感するか。

何とも思わないか。

捉え方は何でもいい。

 

ひとつ言えるのはどう思われようが誰に何を言われようがどうでもいい。

自分がどう思うか、どう考えるか。

それが一番重要よ。

 

って、自分より若いとある奴が言いそうなことを書き出してみたw


iPhone用カレンダーアプリ、スケジュール管理の決定版!5アプリまとめ比較

今更ながらではありますが。iPhone用のカレンダーアプリを厳選して5アプリ紹介します。

 

本当に使えるカレンダーアプリをインストールしようと思っても、1000円越えはザラです。

どれを選択しようにもどれも高く比較検討しようと思ったら5000円ぐらい投資しなければなりません。

そんなアプリにコストを掛けるバカがどこにいるっていうんですか?

 

・・・あ、ここにいました。私です。

 

そんなバカな私のおすすめiPhoneカレンダーアプリを一挙にまとめてみました。

特に仕事でスケジュール管理をしたいという方におすすめ!

安かろう悪かろうではなく、本当に使える高機能(高額)カレンダーアプリだけを比較してます。

 

最高のiPhone用カレンダーアプリとの出会いがきっとここにあるはずです。

 

▼評価のポイント

ビジネスユースということを前提に考えた場合、Googleカレンダーとの同期は当然。

さらに普段使いで大切なのはデザイン性と操作性です。

実際に文房具屋で手帳を買うときにやたらと重くて見づらい手帳を買おうとしませんよね。

アプリになったって一番大切なのはそこです。

どんな機能が豊富ですごくてもインターフェイスが美しくなければ絶対的に利用価値はありません。

デザイン性、操作性、機能性(カスタマイズ性)の3項目を星5つで評価します。

 

第5位:Informant

< App Storeで詳細を見る

デザイン性:★★★★☆
操作性:★★★☆☆
機能性:★★★★★
個人的おすすめ度: ★★★☆☆
価格:1,100 円

 

このアプリは基本的に悪い点がありません。機能性も半端じゃないです。

例えばタスク(TODO)管理だってできちゃいます。しかもToodledoやGoogleタスクとの同期も取れちゃうんです。

僕はGoogleタスクを日常的に活用しているので非常にこの機能は重要だったりします。

なのに5位?と不思議に思われることでしょう。

それは、速度と閲覧性がちょっと・・・ね。

フリックしても反応が遅かったりすると日常の作業なので結構ストレスが溜まったりもします。

あとはヘッダーが結構スペースを取ってしまっているのも気になります。

スケジュールを見るためのツールなので極力スケジュールがメインであって欲しいです。

 

第4位:さいすけ

App Storeで詳細を見る

デザイン性:★★☆☆☆
操作性:★★★★☆
機能性:★★★★☆
個人的おすすめ度: ★★★☆☆
価格: 850円

 

とっても人気な「さいすけ」

昔からあり、ユーザーの声に応えながら今も進化しているツールです。

必要な機能は全部揃ってますし、フォントサイズなどのデザインも細かく設定できるのは高評価!

少しだけ速度が遅いのは気になるけれど、普段使いで我慢出来ないほどでもありません。

ただ、どれも秀でていないというか、バランスは多分一番良いのだけれど個性がないというか。

それを好む人も多いから人気なのだろうけど個人的にはもうひとつ何か特筆すべきものがあって欲しいと思ってしまいます。

 

第3位:SnapCal

App Storeで詳細を見る

デザイン性:★★★★★
操作性:★★★★☆
機能性:★★★★☆
個人的おすすめ度: ★★★★☆
価格: 無料!!!!!!!!

 

これを無料で出してはいかんぜよ。

他の有料アプリのほとんどをごみ箱に追いやった悪い悪いアプリです。

洗練されたデザイン性と操作性に惚れてしまったのは僕だけではないはず。

言わばiPhoneカレンダーアプリ界の革命児でしょう。

しかもfacebookから友人の誕生日をインポートしたりやTwitter連携、Evernoteだって連携してしまう優れもの。

とりあえずコストをかけずにという方には間違いなくこれをお勧めします。

ただ、これだけ優れていると高飛車なようで、デザインを自分好みにあまりカスタマイズできないのが残念なところ。

 

第2位:Refills

App Storeで詳細を見る

デザイン性:★★★★★
操作性:★★★★☆
機能性:★★★★☆
個人的おすすめ度: ★★★★★
価格: 850円

 

このカレンダーは一言で言えばセクシー。一度使ったものを魅了してやみません。

iPhoneをシェイクすれば同期を開始したり、あるいは今日の日付に飛んだりするなんて、かゆいところに手が届く、できすぎ君みたいな子。

カレンダーデザインテンプレートも豊富で、無料のものから有料のものまで豊富。

間違いなくデザイン性で買うならこのアプリに決定です。

速度も随分と改善されてそれなりにサクサク動くし、日常使いとしては申し分なしですね。

機能面はとにかくシンプルで余計な物はそぎ落とすところがまた憎い。

ひとつ残念なのはタスク。せめてGoogleタスクと同期して欲しい。

それと設定画面が分かりづらいのでご注意。アプリ内からではなく、iPhoneの設定から変更できます。

 

第1位:TapCal

App Storeで詳細を見る

デザイン性:★★★★★
操作性:★★★★★
機能性:★★★★★
個人的おすすめ度: ★★★★★★★★★★
価格: 600円

 

一期一会という言葉がありますが、このアプリとの出会いは衝撃的でした。

今まで第二位で紹介したRefillsを使っており、何の不満も不自由もなくこのままRefillsを使っていくものと思ってましたが、ふとダウンロードしてみたTapCalが尋常じゃない神アプリで、ついつい浮気をしてしまいました。

セクシーどころじゃなく、芸術の域に達してます。

ダメなところを探し用にも一切見つかりません。

速度は抜群に早く、ストレスを一切感じないですし、タスクはGoogleタスクと完全同期。

テンプレートカスタマイズも細かく設定でき、しかもRefillsに匹敵するデザイン性。

悔しいですが、最強と言わざるえません。

 

 

情報化社会においてカレンダー管理や共有が改めて重要だと感じています。

そんな世の中において、きっとこれらのアプリはあなたの手助けをしてくれるに違い有りません。

少なからず、自分自身は自分のスケジュールもタスクも、チームメンバーのスケジュールもこのアプリで行なっています。

 

さぁ、選択の時です。

 

重たい手帳を片手に自分だけの予定管理をするのか。

すべてのスケジュールとタスクとメンバースケジュールをiPhoneに入れてしまうのか。

 

選択はあなた次第です。