2人の経営者。「変化」に対する異なる考え方

時代の変化と共にビジネスのあり方も変わるのは必然です。

その変化に対応しながら進化できる会社が生き残っているのは今も昔も同じ。

例えば、BROTHERという会社は良い例です。

以前にカンブリア宮殿で紹介されていましたが、創業期はミシンの製造からはじまり、今ではプリンター事業、通信カラオケ事業など時代と共に事業が大きく変化しています。

 

話は変わりますが最近2人の経営者にお話をお伺いする機会があり、「変化」と一言で言ってもいろんな変化の考え方があることに気付かされました。

2人とも事業としては同じ土俵で、競合に近い関係の会社です。

さらに言えば、数年前までは両社とも違う事業を事業ドメインとしており、ここ最近新規事業として展開し急成長お果たしています。

前述の「変化」を実行している2社です。

しかしながら、両社とも同じ過程を経て同じ土俵に辿りついたかというとそうではなく、

1社は上場企業で以前の事業ではこれ以上の成長は見込めず、他の新規事業をしなければ成長性がなかったため事業を変えたとおっしゃいます。

もう1社は数億の利益を出しながらも、目標としている1000億の売上を以前の事業では達成できそうもないと思った瞬間に事業を売却し事業を変えたとおっしゃいます。

両社とも急成長企業であるのに変わりありませんが、こうも「変化」に対しての捉え方と歩み方が違うのかというのには驚きました。

 

どちらが良いか悪いかということではなく、「変化」にもいろんな視点があるということです。

今の現状から脱却するためも良し、目標を達成するためも良し。

少なからず前進するための「変化」という選択は悪い決断ではなさそうです。

 

何かを変えなければ何も変わらない。

何かを変えたければ今を変えなければいけない。

 

よく先人たちの言葉で似たようなメッセージを見かけますが、この言葉は個人にも言えます。

 

相手を変えたければ、自分が変われ。

自分が変われば、相手も変わる。

 

言うことを聞かない。思い通りにいかないとき、相手や環境のせいにしていないでしょうか?

人を変えようが環境を変えようが、自分が変わらない限り永遠にその境遇からは逃げられません。

 

2人の経営者の思考を借りるのであれば、きっとこう考えるでしょう。

 

・今の自分に満足か?満足でないなら新たな自分を探そう

・なりたい自分になれているか?なれていないなら新たな自分を探そう

 

ちなみに1000億円を3年でやると豪語しているのは24歳の経営者です。

彼自身も相当変化したからこそ、確信を持って豪語できるぐらいの自分になれたのでしょう。

 

さぁ、改めて自分に問い正してみよう。

今の自分に満足か?

なりたい自分になれているか?


ドバイ一人旅 〜ドバイマラソン2012を走ってきた〜

これでフルマラソン5か国目。

ホノルル、シドニー、ベルリン、ソウル、ドバイ。

振り返ると結構走ってきたなぁと感じます。

なぜ走るの?と聞かれますが、理由は常に初心でいたいからです。

私の初心とは常に何かに挑戦すること。諦めないこと。達成すること。

それら全てをマラソンというのは含んでいると思います。

基本的には全部一人旅です。

変態に思われるかも知れませんが、誰も知らない全くの異国で、尋常じゃなくつらいことへ挑戦するというのは本当の意味で自分と向き合える有意義なものです。

・・・やっぱり変態ですね。自分、究極のドMや。

それは置いておいて、ドバイに一人旅に行って参りましたので思ったこと、感じたこと、思い出を少し語らせてください。

 

Where is DUBAI?

んなこと聞かんでも分かるって!アラブ首長国連邦やろ。


大きな地図で見る

時差は5時間。9割外国人が居住しているらしいです。

半数はインド系で、あとは東南アジア系や、欧米人でしょうか。

この国はサブプライムローンを根源とした世界経済低迷に大きく影響を受け、バブルも開発も勢いが止まっている印象を持ってましたが、実際に行ってみると全然勢いを感じます。

少なからず夜外に出ればすぐにわかります。どこもかしこも溢れんばかりの人で、お祭りが毎晩あちこちで開かれてるような感じです。

 

DUBAI MARATHON 2012

せや!俺はこれ目的に行ったんやで!

ほとんど日本人はいませんでしたね。

やっぱり参加者のほとんどは欧米人。

無意味に日本代表のユニフォームなんか着ちゃって頑張っちゃいました。

結果、自己ベストの3:30で走れたので、練習をほとんど出来ずに参加した割に良かったです。

参加して思ったのは、コースがまず舐めてるってこと。

ほとんど観光名所は通らず、15キロ直進して折り返してまた15キロ・・・・。

どんだけ、道路を封鎖したくないんだ!って言いたくなるぐらい面白みのないコースを走らされます。

推測ですが、やはり「マラソン」というキャッチでたくさんの人を来訪させ、ビジネスや観光などに影響は出ささせないために主要な中心部の道路は極力封鎖せずにいたかったのでしょう。

制限時間も6時間と普通の世界市民マラソンと比べてかなり短いですから思惑の見え隠れがよくわかります。

ちなみに気温はこの時期20度くらいなので走りやすいです。

 

DUBAI sightseeing !!

そや、マラソンだけでなくドバイには見所満載なんや!ほんまビビルで!

まずビビったのはこれや。

金を自販機で売るぐらいな国です。勢いあるわけです。

これにも驚きました。

モール内にはスケートどころか、スキーまでできちゃうなんて、ここは一体どこなんだい?

それから忘れちゃいけませんね。どでかいあのビルを。

バージュ・ハリファです。

言うまでもないが、こいつはすんごいです。

展望階に行きたかったのですが、向こう一週間はSOLDOUT。。。

行かれる方は事前にネットで予約したほうが絶対に良いです。しかも窓口より安く予約できるみたいです。

 

そしてドバイを手っ取り早く見たい人は、BIGBUSに限ります。

各国でよくお世話になるバスですが、2階建てのバスで一気に観光名所を巡回してくれます。

まずこれに乗って全体を把握するのが効率的です。

 

その他のイケテル写真もどうぞ。

 

DUBAI fashion

ドバイのファッション事情知っとるか?しゃあない俺が見てきてやったから教えたる。

毎晩DUBAI MALLではファッションショーが行われています。

寄った際には是非覗くといいでしょう。

ドバイのファッションは面白いです。民族も多種多様なためカジュアルからラグジュアリー、民族衣装まで一つのモールで見れます。

主軸はやはりファストファッションとラグジュアリーがほとんどを占めているように見受けられました。

 

ファストファッションではインディテックスグループのZARAやベルーシュカ、H&Mが良い立地とスペースを掌握し、その回りにGAP、FOREVE21、OASIS、MANGO、TOPSHOP、NEXTなどが並びます。

路面店では意外とGIORDANOが多いのは意外でした。浸透しているのでしょうかね?

 

ひとつ気になるショップはSUPER DRYっていうショップなんですが、前にもシドニーやロンドンで見かけた覚えがあります。

気になるのはロゴ。サブタイトルが「極度乾燥(しなさい)」って。

よくこんなダサいのにグローバルで戦えているなと感じます。

ファッションセンスが無くてもファッションビジネスはできるってことを証明しているある意味勉強になるショップです。

 

それと気がかりなのがユニクロです。まったくドバイには進出してないですね。

というか以前にバーニーズニューヨークの争奪戦でドバイ資本の会社と争った末に敗れたので、

何か政治的な制約が働いているのかも知れません。いや絶対にそうだと思う。

 

No water No DUBAI

誰や!この国は砂漠の国かい?なんて質問したのは!この国はもはや水の国や!アホンダラ!

水に困るどころか水を余すことなく美しく使っています。

上の動画、やばくないですか?

ディズニーシーでも見れませんよ。

 

工業用水や生活用水のほとんどは海水蒸留水です。そりゃ砂漠の国ですから地下水なんかほとんどあるはずありません。

水の会社が上場するぐらい水ビジネスに関しては進んでいるようです。

 

ドバイの注意点

ここまで良いことばかり並べてきましたが、気をつけることや知っておいた方が良いこともありますので少し補足。

・メトロは金、土は昼から運行になります。それ以外の日はは朝から夜の11:30ぐらいまで。

・タクシーは最低10ディルハムです。メーターで6ディルハムでも10ディルハム払う必要があります。

・夜の駅前には中国人の売春婦たちが・・・。

・クリケットのような野球のようなよく分からないスポーツが絶大な人気。(どうでもいいことですが)

・タクシーに乗るときは後ろのほうが良い。前に座るとゲイのドライバーが誘ってきたから気をつけてね。

 

とまぁこんなところでしょうか?

治安は良いし、冬の時期であればとても過ごしやすい気候だし、良い街です。

今はスーパー円高なので大体安く感じます。

自分は全く買う予定のなかったスケボーの板をあまりの安さに買ってしまったぐらいですからね。

 

街自体が結構でかいので、タクシーとバスとメトロは欠かせません。

日本で言うSUICAのようなカードを作れば楽にバスやメトロに乗れて便利です。

自分はシルバーカードというのを作りました。

 

まだまだ開発段階ではあるので建設ラッシュがあちこちで見受けられますが十分に街としては機能していて見所も満載です。

4泊すればほとんどのところを見れるんじゃないでしょうか?

 

ドバイ。

確かに、近未来を感じる何かが存在してました。


今の若者は覇気も夢もない奴が多いと言われるので少し考えてみた

今の若者には覇気がない。

昔はもっと活気もあってみんな毎日を必死に生きていたもんだと、先人は言うのです。

 

お前ら若者は何に熱中してるんだ?

楽しみは何なんだ?

それで人生楽しいか?

昔はモノもなく、今はモノに溢れて幸せじゃないか。

 

不自由もなく、そんな貧富の差もなく、当たり前のように高校に進学し、当たり前のように専門あるいは大学に進学。

そう考えると先人たちのこの言葉や発言は確かに正しいと感じます。

 

夢を形にしてきた先人たちが望んだ世界に私たちは生きています。

幸せな時代に生きています。

 

ただ、幸せな時代である一方で、不幸な時代でもあると感じます。

先人たちが夢を持って築き上げたこの世界は私たちの夢や欲望を既に満してしまっているのですから、

誰しもがこの時代に夢を持って世の中を変えようなどと思えるほど不満もなければ欲もないのです。

手に入らないものを手に入れたいと思うことは人間の本能。

逆に簡単に手に入るものに対して必死になることがどうしたらできるでしょう。

 

300円で牛丼が食べらる時代です。

50年前に生きた人であれば牛丼を食べるために必死に働いて牛丼にありつくことを夢のように思ったかも知れません。

バナナも昔は高級果物だったと祖父から聞かされた記憶があります。

バナナのためにがむしゃらに今の時代で働けますか?牛丼のために必死で働けますか?

今の時代は必死にならずとも多くのものが手に入りすぎるのかもしれません。

空気のない宇宙では空気に誰もが感謝します。水のない砂漠地帯では誰もが水に感謝します。

全てに満ち溢れたこの環境で、何に感謝してますか?

 

覇気がないというのはどこに情熱を燃やしたら良いのか分からない人が多いだけのように思います。

それだけ今の時代は充実していて何も考えずとも手に入り、それなりに収入も得られ、楽しむためのエンターテイメントもネットにつながればいくらでもあります。

そんな充実してしまっている環境の中で心底がむしゃらに情熱を燃やせる人が少ないのは当然の摂理なのかもしれません。

さらに追い打ちをかけるかのごとく現実逃避ができるゲームが当たり前になり、貴重な思考の時間を完全に奪われてしまいます。

テレビもそうです。

思考が、完全に停止し、あっという間に時間が過ぎ去る。

この世の中には逃げ道がたくさん存在しすぎます。

 

夢や希望を持たなくともそれなりに楽しいと思えるツールも情報もモノもあり、最低限の収入も稼げる。

選択肢や逃げ道が多ければそれだけ多様性に富んだ生き方が存在します。

だから昔より覇気がないと思われてしまう人が多くいても当然です。原理原則なのですから。

 

昔と違うのは選択肢の幅。

生き方のスタイルも多種多様。 だから何が悪いわけでも誰が悪いわけでもありません。

日々仕事に熱中して夢を語ることだけが選択肢でもありません。

ゲームやテレビに時間を使うことがその人にとって至福の時であればそれも悪いことじゃありません。

それを悪とするのであればフジテレビや日テレなり訴えられてしかるべきであり、今急成長のモバゲーやグリーなんかは大罪になります。

そうならないのは多様な生き方に対して楽しみを提供しているからでしょう。

 

先人たちが創り上げたこの世界は、最高に居心地がいい。

温室育ちの私たちは昔ほど必死になることなんてなかなかできません。

 

だからあえて先人たちに改めて気づいて欲しい。

私たちはたくさんのモノやカネを求めてないんだ。だからもう与えるのは辞めてくれ。

裕福太りはもう御免だ。

それよりも太った脂肪を燃やすための「やりがい」を見つけたいんだ。

情熱を燃やすための「生きがい」を。

 

やりがいや生きがいさえ見つかれば、きっと変わります。

モノやカネだけでなく、やりがいや生きがいを提供する会社や施設が増えたら、きっと今の若者は覇気も情熱もない。

なんて言われなくなるはずです。

 

先人と若者とが考えなくてはいけないのは昔と今の価値観をこじつけ合うのではなく、

モノとカネ、やりがいと生きがいを共有することではないでしょうか。