WEBはこれから成長期に入る。この5年は今まで以上に激変する予感。

WEBの世界も少しずつ歴史ができてきた。

まだまだ他の業界に比べたら歴史も浅く、確立されたとは全然言えない。

もしかしたらSNSも数年後には廃れるかも知れないし、5年後のWEBの在り方を想像するのは難しい。

ただ言えるのは、土台(インフラ)ができはじめて、これからさらに革新するということだ。

 

今後の未来を見据えて、今の状況を捉えるのならば、電気、鉄道、水道などのインフラが整ったぐらいだと思う。

通信、検索・SNS、デバイス、これらがWEBの基盤だ。

基盤が整えば、ビジネスが動き出す。

 

黎明期がYahooやGoogleが検索を確立した時であったとしたら、今が揺籃期で、Facebook、Twitterなどのソーシャルが台頭。次がようやく確立機、成長期に入る。

今までも激変の如く変化と進化を繰り返してきた業界だが、まだまだこれからが本番だ。

 

最近よく耳にするトレンドキーワードは、ビッグデータ、SoLoMo、O2O。

このキーワードは既存のビジネスの在り方を変える可能性を秘めている。

例えばビッグデータの解析が進化し、Siriのような人工知能が組み合わさればどうなるだろう。

きっと世の中のコールセンターは無くなる。

すべて電話先は人ではなく、コンピューターだ。

 

ここの仕組みなんかは面白い。

http://www.ptopa.com/

質問を投げかければ、答えてくれる。

例えば、事例は?と聞くと事例のページヘ遷移することができたりする。

コールセンター業界は1兆円市場と聞くが、5年後にはどうなるのだろう。

 

これは一例に過ぎない。

WEBの進化の過程で今までの当たり前が当たり前でなくなる。

時には市場を喰い、時には市場を創造する。

 

これからの5年はきっと、ドラえもんの世界を垣間見ることになる。


飛ぶことを決意した鳥も、飛んでなければ飛ばない鳥

5羽のカモメが防波堤に止まっている。そのうち1羽が飛び立つことを決意した。

残っているのは何羽だい?

4羽です。と答えたくなります。

しかしながら決意そのものには何の力もありません。

そのカモメは飛び立つことを決意しましたが、飛んでなければ残りのカモメとどこも違いありません。

「希望を運ぶ人」より抜粋。

 

やろうと決意したのに行動が伴わないことは誰しも経験があると思います。

決意したことを評価することがありますが、決意自体に意味はあっても、何の力もありません。

行動が伴ってはじめて、決意したことに価値が生まれます。

 

「心で想ってても言葉にしなきゃ伝わらないでしょ!」

このフレーズは恋愛ストーリーの鉄板フレーズですね。

前述の考え方と同じように、何を思っていようが何を考えていようがアウトプットされなければ、

何も考えていない隣にいる人と何ら変わりありません。

ましてや第三者には違いなんて見えません。

 

心の中で「この人を一生幸せにする!」と決意したとしましょう。

決意した当人にとっては人生の岐路を選択したぐらいの重要な決断だったかも知れません。

しかしそれには何の力もありません。

 

大事なのは決意した後のアクションです。

英語をマスターする。お金持ちになる。世界を旅する。結婚する。有名になる。・・・・

過去にいくつの決意をしてきましたか?

その決意のうち、いくつの決意が叶っていますか?

 

決意自体に力がないことを改めて理解すれば、きっと行動するにはどうするべきかが見えてきます。

決意とはまだスタートラインに立っただけのことです。

スタートを切るも、スタートラインで立ち尽くすも自分のアクションひとつ。行動ひとつです。


【100記事公開記念】ブログのアクセス数だとか収益だとか教えちゃいます。

特に気にはしてませんでしたが、ブログをリニューアルしてから100記事投稿してたみたいです。

100記事投稿を祝して、どうでもいいことですがこのブログのアクセス数だとか収益だとか公開しちゃいます。

え、どうでもいいって?

まぁまぁそんな悲しい事言わず、多少なりブログ運用のヒントがあるかもしれませんよ。

では手っ取り早くこの質問から答えましょう。

 

ブログで稼げるの?

これははっきりと言えます。稼ごうと思えば稼げます。

私はブログでまったくもって稼ぐつもりはないのですが、勉強のためにGoogle AdSenseを用いて広告を掲載しています。

 

この広告からの収益があると思いますか?

たかだか1ヶ月に1〜4記事程度しか更新せず、しかも大した内容もないブログで1円でも収益が出ると思いますか?

こちらをご覧下さい。

昨月は3,525円、今月は1日~18日までで2,309円。

微々たるものですが収益が上がってます。

しかも毎月の伸び率は約115%ぐらいで伸びてます。

意外ですね。まったく収益のために運用もしてなければ、そもそも更新さえもほとんどないこのブログで収益が立つのですから、本気で運用すれば新卒ぐらいの月収は稼げるでしょう。

 

収益はアクセス数と連動する

上がアクセス数推移。下がGoogle Adsenseの収益推移。

ほとんど収益とアクセス数は比例関係にあります。

 

一点注目して欲しいのはアクセス数が1月以降に急激な伸びを示していることです。

アクセス数は一定の伸び率ではなく、複利曲線のような線を描きます。

複利とは利息に対する利息という意味で、ブログにおいての利息とは過去に蓄積した記事と言えるでしょう。

積み上げてきたコンテンツ記事が価値として蓄積され、さらに新しいコンテンツ記事が生まれ続けているので資産運用に似てるのも当然です。

さらに言えば一定のコンテンツがたまると、その中のいくつの記事はヒット記事となり、バズを生んだりします。

TwitterやFacebook、他ブログに紹介されたりなど、まさしくここ最近はこれらの影響でアクセス数を伸ばせています。

ここまで来れば今後大きくアクセス数や収益を落とすことはないでしょう。

逆にコンテンツ記事をスピード上げて増やしていけばさらに加速度的にアクセス数も増え、収益も増えるはずです。

 

人はどこから来るの?

ほとんど検索から来ます。昔も今もこの比率は殆ど変わりません。

このことからも検索経由で訪れてもらうためのキーワード戦略は重要と言えます。

タイトルの付け方ひとつで、検索経由でのセッションが100倍違うこともざらにありますから、留意したい点です。

冒頭に新卒ぐらい稼げると言いったのはなんとなくではありません。

アクセス数と紐付いて売上が上がること、アクセス数は記事の蓄積数に応じて複利的に盛り上がること。

これらを考慮した上で、仮に現状の運用頻度を継続するとして、月20万円の収益を立たられるようになるは複利計算【元本×{(1+利率÷100)N乗}】で約4年です。

3,500×{(1+180÷100)4乗}=215,129円

当然これはロジック通り行った場合です。

残念ながら集客できる人数というのは複利のようにずっと伸び続けることは難しく、成長期を超えると成熟期となり鈍化していくことは間違いありません。

ただこのロジックは決して非現実的なロジックでもありません。

成熟期に到達するまでは、複利曲線のように成長することは可能でしょう。

運用頻度をさらに上げていけば、もっと短期間で20万円の収益を得ることも可能だと思います。

もしブログを始められて収益が立たなくて困っていたとしても、複利のようにある一定のところから急激に転換していくと考えればきっとそこまで頑張れるんじゃないでしょうか。

 

そもそもこんな偉そうに言えるほどのブログではないですが、そこは広い心でお許し下さい。

今後も自分は収益関係なく気ままにのらりくらりと更新していき、これら収益はすべて社会的貢献に使っていきたいと思います。