肝の据わらせ方。~時代や環境、人に流されないために~

 

どんな人になりたいですか?そう問われたらきっと「肝の据わった人になりたい。」

私はそう答えます。

 

肝の据わった人というのは頭の良い人のことを言うのではありません。

沈着冷静な人ともまた違います。

はたまた度胸がありチャレンジを恐れない人とも違います。

 

時代や物事を変わらぬ視点で客観的に捉えられる人のことです。

まるで100年そびえ立っている木々のように、雨風に立ち向かうわけでもなく、受け入れないわけでもなく、

うまくすり抜けさせて堂々とそびえ立つ。

根を張り幹を太く、枝先を長く上へ上へと根ざしている大木の様。

日々変わりゆく環境の中、何も変わらず。

そんなイメージでしょうか。

 

常に本質を理解し、どんな環境でもどんな状況でも焦ることも怠けることもなく、やるべきことに最善を尽くします。

周りに何を言われようと折れることなく、かと言って聞く耳はいつもオープンで、自分を見失うことはありません。

 

人は危機や緊張の中にあると、どんな平静を装っても、目が游いだり、癖が出たりと、どうしても表に出てしまいます。

しかしながら肝の据わった人というのは、一切動揺しません。

大木に蹴りを入れようがツバを吐こうが、罵声を浴びせようが何も変わらないように、その人はビクともしないのです。

 

どうしたらそんな人になれるのでしょうか?

どんな理論よりも、どんなスキルよりも、どんな知識よりも、教えてもらえるのであれば、「肝の据わらせ方」を教えて頂きたい。

今の時代を生き抜くために、あると良いものはたくさんあります。

語学力、マネジメント力、マーケティング力、コミュニケーション力・・・・。

ただ必要なものと聞かれたら、やっぱり「木(肝)」だと思います。

スキルはあくまで木の先に成る実や花です。

そもそも木もなければ実を持つことさえできません。

やせ細った木に実らせたとしてもそれは一時しのぎにしかなりません。

温室育ちの実は、食べられて終わる人生でしか無いのです。

 

私が「肝」というものを意識したのは3年前ぐらいでしょうか。

若くして肝の据わった人を目の前にした時です。

彼に言われたのは、「目が游いじゃってますよ。」

 

この一言から、常に自分自身を客観視するようになりました。

目が游いでないか、緊張してないか、焦ってないか・・・。

意識するようになってからは徐々に自分自身をコントロールできるようになりました。

 

この数年で常々思うのは、環境や他人を変化させることはできないということです。

ただ自分自身は変化させることもコントロールすることもできるのです。

「肝の据わらせ方」という本質はまだまだ分かったとは言えませんが、いくつかのヒントはあります。

 

  • 自分自身をコントロールできること
  • 環境や人にコントロールされないこと
  • 常に周りを見て本質でものごとを考えていること

 

誰もが時代の不安定さからか、スキルや知識を学ぼうと必死です。

たとえスキルや知識を得たとしても時代の変化や求められるものによって常に不安定な環境からは逃れられません。

 

どんな時代にも唯一通用するものがあるとしたら、自分自身が大木に成ることだと思います。

知に足を付け、根差し、変化を客観的に見極められる力です。

 

一度巨木を見に行ってみて下さい。

言葉では言い表せない、何かを感じることができるはずです。

http://www.kyoboku.com/47/

 

植林よりも巨木でありたいと思うのであればなおさらに「肝の据わらせ方」を考えてみてはいかがでしょうか。


できる営業マンは心理を突く。最高の営業マン真理を持つ。

できる営業マンは勤勉だ。

どっかの本に書いてあるようなコミュニケーション術や心理術など巧みに操っている。

会う人、会う人感心させられてしまう。そして残念にも思う。

 

できる営業マンにはモテる人が多い。

それは「心理学」を理解しているか、自然と身につけているからに他ならない。

相手の心理を手玉に取れれば、女性を手玉にとる事自体難しくないのだろう。

 

数年前、心理学に基づいたコンサルティングをしている人にこんな本を勧められた。

ある意味恐ろしい本だと思う。

何も知らない女性に対して、この本のテクニックを用いたらうまくいくかもしれない。

 

人の心は見えない。何を考えているか分からない。

そんなのは昔話だ。

目の動き、挙動、発言、すべて見ればその人の心理状況は大体分かる。

その人は嘘を付いているか、焦っているか、信じられるか・・・。

 

ビジネスマンであれば心理を学んだほうが良い。

それは心理を駆使したテクニックを使うためではない。

自分の身を守るためだ。

そして心理を学び得たテクニックやスキルは決して小手先で使ってはいけない。

一般的な人に使えたとしても、経営者や役員、マネジャークラスには絶対見透かされる。

 

部下に対しても同じだ。

もちろん、心理学的に伝え方やコミュニケーションする上でうまく取り入れるのはいいかもしれない。

ただし過度に小手先のテクニックを使っていてはいつか通じなくなる。

なぜならそもそもその心理テクニックを使うという事自体が、相手をうまく丸め込もうとすることだからだ。

相手の腑に落とさせるような「納得」ではなく、あくまで「説得」させるための手段でしかない。

 

本当にできる人は、本心で物事を言う。

決して上辺でない軸を持って話す。

そして「説得」でもなく、「納得」でもなく、「共感」させてしまうのだ。

 

そこまで行く人は相当な器のある人だ。そう簡単になれるものでもない。

ただ言えるのは、そういう人も間違いなく心理というものを理解しているし、コミュニケーションの中にも汲みいれている。

違いは、それが小手先か小手先でないかの差だけだ。

 

どちらにせよ心理とセールス、コミュニケーションは切っても切れない関係だ。

そうであるならば心理を学んでおいて損はない。

 

もし心理を学びたいのであれば、良い方法がある。

たくさんの書籍を読むのも一つだが、最も早い方法は成果主義の保険営業マンの営業を受けたらいい。

彼らは心理営業のプロフェッショナルだ。

どんなテクニックを使ってコミュニケーションしているか注意を払って聞いてみたらよく分かる。

※ただし心理云々でなく、保険に入る気がサラサラない人はやめましょう。
  あなたのために真剣なセールスマンしてくれる方に対し失礼極まりないことですので。

 

心理を学べば、できる営業マンになり、モテるようにもなる。

ただそいつはきっとクズ人間だ。

 

できる営業マンは勤勉だ。

心理やコミュニケーションについてよく学んでいる。

この人の特徴は、サービスが何であれ、心理に合わせてYESと言わせる。

 

最高の営業マンも勤勉だ。

相手のこととサービスのことについてよく理解している。

この人の特徴は、サービスが何であれ、相手の立場になってYESとNOの選択肢を与える。

 


人生こんなはずじゃなかったのに・・・。人生後悔しないための羅針盤

いくらあとになって嘆いても嘆き切れないのが人生です。

人生を振り返った時、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と思ってしまう人生だけは送りたくないものです。

 

誰もが「良い人生とは?」という問いかけをしますが、

あえて私は自分にとって「嫌な人生とは?」という問いかけをするようにしています。

何故ならば、「良い人生」とは限りがなく、答えのないものを永遠追い続けることになるからです。

適うかも分からない人生ばかりを追っていては適わなかった時の脱力感ときたらこの上ないでしょう。

 

逆に、嫌な人生は明確に答えが出ます。

私が思う嫌な人生は大枠3つです。

 

今日が早く終わって欲しいと思って生きる人生

つまらない仕事なり、暇な時間であったり、今日という日を早く終わって欲しいと思って生きることは、

早く人生が終わって欲しいと願っていることとそう違いありません。

一日一日が本気な人生でありたいものです。

 

いつか最良の日が来ると思って生きる人生

今頑張ればいつか最高の日が訪れる。今我慢すればいつかきっと良くなる。と信じてやまない人が結構いたりします。

待ち続けていつの間にか人生終盤を迎えてしまうようでは後悔の念しか残りません。

いつ来るやもしれない「いつか」に賭けるほどギャンブルな人生ではなく、いつでもどこでも誰とでも幸せを感じる日々を過ごしたいものです。

 

過去が最高だったと執着して生きる人生

栄光に縛られ栄光に生きることは独り善がりの寂しい人生です。

昔に囚われて生きようが、今を謳歌して生きようが、それは自分の気持ちひとつで変えられます。

若いころのように派手に生きることが栄光ではありません。

環境や時代、歳によって生き方も変わってくるのですから昔と比べて派手かどうかではなく、楽しいかどうか、充足しているかどうかなど違った尺度で今を謳歌したいものです。

 

 

「自分にとっての嫌な人生」を定義すると、それが人生の羅針盤となります。

1週間のうち早く明日にならないかなぁ。週末にならないかなぁ。と思う日々が続いたとしたら、それは自分にとって「嫌な人生」を歩んでしまっていることになります。

そんな時に羅針盤が人生の方角を間違えていることを知らせてくれるでしょう。

 

最高の人生を望遠鏡越しに見ながら目指すのもいいですが、遠い彼方ばかりに執着して目先にある大きな渦に気づかず突っ込んでしまうかもしれません。

まずは最低限、方角を間違えぬよう自身の羅針盤を持ってからでも遅くないのではないでしょうか。