部下の評価は自分の評価より嬉しい

[ad#468×60]

僕の部下が社内の賞を受賞しました。

部下の受賞が自分にとってこんなに嬉しいことだとは思っても見ませんでした。

それは単純に我が子が賞をとった父親的な感覚なのかもしれません。

あともう一つ、人を育てることができたという自分への自信にもつながったからだと思います。

 

自分の評価をあげることは簡単です。

自分が結果を出せばいいだけだからです。

では、人の評価をあげることはどうでしょう?

・・・人の評価をあげることは・・・実はもっと簡単です。

自分は手を動かさず、その人に結果が出るようにナビゲーションすればいいだけだからです。

もちろん99%は本人の努力です。

僕はただ1%のナビゲーションをしただけ。

99%の努力をどこに注げばいいかを示しただけです。

 

世の中の上司に目を向けると、いろんな上司がいます。

  1. 手取り足取り教えてくれる上司。
  2. 面倒なことだけやらせる上司。
  3. 簡単なことだけをやらせる上司。

どれもよく見る上司です。

僕がこの人たちの部下だったら3ヶ月で見切りをつけるでしょう。

この人たちの部下でいても成長しないし、不満に思うことばかりです。

できる部下であればあるほど自分主体で動いた方が結果が出せるし評価をあげられるので、個人主義になります。

でもそれは、我流の道を行かせることになり、短期的な成長はできてもそれ以上には行けません。

例えるなら、基礎のないピッチャーがカーブを投げて自己満足してるようなもの。

本来上司というのはコーチでなくてはいけません。

ボール磨きをずっとやらせていては成長しないし、不満がつのります。

それじゃあ我流でカーブを投げたくもなりますね。

では手取り足取り教えるのがいいのでしょうか?

こうしろ。ああしろ。と言われたことだけをやらされてはたまったもんじゃありません。

指示されるために野球をやってるわけじゃないのだから当然です。

 

コーチがすべきは野球の楽しさを教える事です。

ただそれだけです。

それさえ教えることができればあとは自ら物事を考えるようになるし、練習も能動的にします。

仕事もこの例と何ら変わりないと思います。

楽しさを教え、試合(実践)をさせ、あとは自ら努力するようにちょっとしたきっかけと環境を用意すればいいだけです。

 

でも不思議ですね。 こんな簡単なことをやらない上司がどれだけいることか。

あえて手間のかかる選択をするのか、悲しい限りです。

そうする理由は簡単で、上司自身が野球の楽しみ方を知らないからです。

楽しみ方を知らない人が楽しさを伝えられるわけありません。

まずはコーチである以前に自分自身が野球(仕事)を愛し、楽しむファンでなくては上司とは言い難い口先だけのヘタれものでしかないのかもしれませんね。

そうならないように気をつけましょう!

みんな楽しく目的と目標を共有できたらどれだけ素晴らしい仕事ができるか、想像するだけで興奮するでしょ。

やっぱり目指すは甲子園じゃなくちゃ。

そう考えた上でどのコーチを選択するか、どういうコーチが理想か、自分に問いかけてみると良い気づきがあるかもしれません。


本物の人間力を持った23歳

Success

[ad#468×60]

いやぁ~、こんな人もいるんですね。

初めてです。こんなにも自分自身を見透かされたのは。

僕のすべての発言、仕草、挙動から核心を突いてきます。

今日は自分の弱さと小ささをことごとく知らしめされた日です。

きっとこういう人が時代を変えていくんだろうと思います。

 

23歳。彼は本物でした。

さて、今回の出会いからの学びを忘れないようにメモ書きしておきます。

皆さんにも役立つキーワードがあるかもしれませんので要チェックです!!

 

ビジネスを求めていた彼はとある社長にこんなことを言われたそうです。

君にビジネスを与えることはできるよ。でもどんな利益率の良いビジネスを渡したところで失敗する。それに見合う器がないから。

まずは見合う人間になりなさい。

 

彼は成功者の共通点は自信と言う。

自信のための自己投資が大切なんだ。

 

これが僕にとって最も印象に残った内容です。

それ以外にもいろんなキーワードがあったので下記に。

 

基礎なくしてどんな小手先も無意味。

時代、経済、法律を学べ。

絶対的な情報量が足らない。

行動というより意識から。

根本は人と人。だからコミュニケーションが最も重要。

結果を出すと見方が変わる。

起業したいと言っている人に会うより、起業している人成功している人に会うべき。

成功者の常識は一般人から見ると非常識。

我流でやるな。成功法たれ。

日本には成功する要素しかない。

 

すべてに筋が通ってました。

上っ面な要素がまったくありません。

今回は身近なところにも本物がいるということを知れて良かったです。

 

気づかない無意識の部分で、無駄な自信と中途半端な経験、成功体験から、不要なプライドや甘えがたくさんあったと思います。

まずは意識から、原点回帰、成功法へ再始動。


人に会う習慣

[ad#468×60]

最近人に会うように心がけてます。

自分からというよりは向こうから僕にコンタクトをとってくる方とは必ずお会いします。

何故会うかというと、自らコンタクトをとってくる方は大抵、行動力があり、自分なりの考え方を持っている傾向が強いからです。

そういう方とのコミュニケーションは刺激にもなりますし、コミュニケーション能力の向上にも役立ちます。

人と人との関わりで最も重要なのはどういう印象を相手が持つかです。

話し方ひとつ、伝え方ひとつ、表現ひとつ、質問ひとつ、ルックスひとつ、これらが総合して印象になります。

だからこそ自分を表現するツールとしてコミュニケーション能力はとても重要だと考えます。

 

コミュニケーション能力を高めるにはどうすればいいですか??

 

僕はその問いに対して、3つの手段があると思います。

  1. 人の行動心理を考えること
    ちょっと面白い問題を出します。
    私は犬を飼っています。外出中に犬が勝手にエサを食べないように首輪をつけておきました。帰ってくるとエサがなくなっています。犬が食べてしまったようです。
    何故、首輪をしているのに食べてしまったのでしょうか?
    答えは簡単です。首輪をしていても鎖でどこかの柱などに結び付けていないので当然食べられますよね。
    人は10%の情報を与えると勝手な想像を働かせてしまうようです。
    人がどう考えるか、どう思うのかなど客観的に観察することで話すことや質問することなどが変わってきます。
  2. 人に会うこと
    多くの人に会って実践の場が必要です。練習せずして成功なし。野球でもサッカーでも一緒です。ただ、会う人は選んだ方がいいでしょう。自分の能力を高めたいのであれば、相応のコミュニケーション能力を持った人に会うべきです。プロ野球選手が小学生を相手に100回試合したって成長しませんよね。

  3. 自分を知ること
    自分の弱み、強み、特徴、やりたいこと、好きなこと、夢・・・。自分を語れる人はとても魅力的な人です。自分自身が見合う器を持っていなければ、相手にされませんからね。
    自分プレゼンテーションできますか?

 

このあたりの考え方も人と会うことで見出せている部分が多々あります。

人と会うことは、単なるコミュニケーションだけでなく、人脈にもなりますし、友達にもなります。

価値のない出会いなんてないのだから、価値ある出会いを求め続けましょう!