当たり前のことが当たり前でないのは如何なものか。

自分がこうはなりたくないと思っているにも関わらず、そうなってしまっている自分に驚くことはないだろうか?

こうなりたいと思っていても行動できていない自分に驚くことはないだろうか?

最近友人が終電を逃しうちに泊まりに来たときのこと。

駅まで迎えに行き、家についた時たまたま出てきた居住者の方に「こんばんは~」と顔を見ながら挨拶をした。

すると友人は、お前すげぇな。俺はすれ違っても会釈するぐらいしかできないよ。

 

昨日は友人の結婚式帰りに電車に乗っていると、目の前に女性二人が立ちながら楽しそうに会話をしていた。

途中駅に着くと逆側の席とこっち側の僕の隣の席が空いた。

2人は別々に座ったので向こう側に座った人に席替わりましょうか?と言って席替えをした。

すると、2人がすごい良い人だね。という。

 

この2つの出来事はなんだか違和感をすごい感じた。

自分がされて嬉しいと思うことを当たり前にやっただけなのに、何がすごいんだろう?

良い人でもなんでもない。普通だ。当たり前だ。

 

とは言うものの、昔の自分も当たり前にやるべきことを当たり前に出来なかった。

席を譲るのも、挨拶するのもろくに出来なかった。

だから気持ちはよくわかる。

 

昔の言葉に、こんな諺がある。

義を見てせざるは勇無きなり

意味は、正義が何かを知りながら、それをしないということは勇気が無いことだ。

 

みんな知っているはず。

席を譲りあうことは相手にとっても心地の良いことだ。

あいさつをすることは相手にとっても心地の良いことだ。

知りながらできないのは単に勇気のない弱虫ということだ。

 

挨拶ができない自分、気が利かない自分、思いやりのない自分を想像した時、やっぱりそうはなりたくないと思うはず。

「悪い親も良い子を望む」という諺があるが、良い子を望む前に良い親にならなければそもそも枝葉末節な考えだ。

 

もうひとつ諺。

提灯を借りた恩は知れども天道の恩は忘れる

闇夜で借りた提灯のありがたみは忘れないが、同じく光を与えてくれる太陽の恵みの恩は忘れがちだということ。

 

逆説を言うようだけれど太陽の恵みを忘れるぐらい挨拶や日常の思いやりなど、当たり前のことであっていいはず。

 

己の欲せざる所人に施す事なかれ

孔子曰く、人にされたくない事は、自分から人にするべきでないと説いている。

これも逆を言えば自分がされて嬉しいことは、自分から進んで人にすべきだということの裏返し。

 

望むのであれば己を振り返り、羨むのであれば己を改めるべし。


空想と構想と少々の夢。

思い描けない夢は叶わない。

想像できる未来は現実になる。

最近久しぶりに鳥肌が立つ様な夢のある提案書を提示された。

なんとなく空想していたアイディアをその人は構想として具体化してきた。

しかも夢というさらにワクワクするような要素を加えて。

 

夢が現実になる予感がすると、急に実現しなければならないという使命感に駆られる。

空想が構想に変わると現実味を帯びて、そこに夢が加わると実現に向けて動き出す。

夢あるものはいつだって人、金を惹きつけてやまない。

点と点が線でつながっていくこの感覚は何度経験しても楽しい。

 

特に最近は型にはまった考え方になりがちだったけれど、大事なことを学んだというか初心に戻った気がする。

常に正解を求めてベストな提案も大事だけれども、心を震撼させるような提案にはベストな答えではダメなんだ。

もはや既成概念(正解)をぶち壊すぐらいの視点でものごとを180°転換する必要がある。

 

改めて自分に言い聞かせよう。

Googleの言葉を借りるのであれば、この言葉を。

Great just isn’t good enough.

(素晴らしいでは足りない)

「最高」に甘んじないさらに上のレイヤーでものごとを考えられるように、まだまだ勉強不足だと痛感。


ブログを続ける本当の理由

ブログを書く人なら何かしらの理由があって書いているに違いない。

目的を持たない限り、きっと3日坊主で終わる。

 

なんだかんだで自分もブログを書き始めて7年が経つ。

数少ないやり続けていることの一つだ。

その中でも月一回以上の更新。というルールは今でも守り続けている。

誰しもやり始めは勢いよくやるものだが、ネタが尽き、飽きてしまい、そして辞めてしまう。

 

成功の法則があるとしたらその一つは習慣だと思う。

事を成す人は良い習慣を持っている。

誰のためでもなく自分のための良い習慣を身につけるためにブログは適していると感じる。

始めたきっかけはそんな深い考えではなかった。

こんな奇跡が起こるまでは。

 

※以下少し長くつまらない内容なのでご注意

 

ファッションの専門学校を卒業して、古着屋に勤め始め半年が経った。

オンラインショップを任されていた自分はWEBの楽しさやWEBの未来に強烈な興味を持った。

どうしてもWEBに携わりたい。でもファッションも大好きだ。

そんな欲張りな自分の理想にふさわしい会社があることを知り、すぐに連絡を取り履歴書を送った。

新卒同様の自分がWEBの知識もないのにその会社に入るには普通じゃ無理だと感じ、履歴書はイラストレーターで作り、上質紙で印刷。

まずは普通とちょっと違うという違和感を与えたかった。

功を奏したかは分からないが面接に応じてくれた。

一次面接。一般的な大学生のような就活を一切していなかったし、スーツを着たのも何年ぶりだろう。

とても緊張したのを覚えている。

とにかく情熱とどんな雑務でもできるという意思を全面に押し切り、一次面接、二次面接、三次面接を経てやっと社長面接。

事前に社長面接は形だけだと聞かされていたので、安心しきっていた。

受かったら景気付けにブログでも始めてみんなに自慢でもするか。と思いながら社長面談に臨んだ。

社長との面談は、全然うまくコミュニケーションが取れなかった。

面談というより社長の雑談と言ったほうが正しい表現だろう。

適当なおっさんだなぁと当時は思った。

 

結果、落ちた。

 

もうこの会社しかありえないと思っていたので古着屋も辞める意志を伝えているし、かといって他の会社を受けたいという理由が見つからない。

見事に受かって始めようと思っていたブログだったが、暇だし何か自分を変えたいと思ったので始めることにした。

ブログのタイトルをどうしよう。

日記なんか書いてもしょうがないし、自分の人生の設計書にしよう。

LIFE STYLE PLANとした。

そしてまず書いたこと。

挫折について。21歳の僕はこんな記事を書いた。


人生において挫折は付きもの。

そんなことは100も承知だけどやっぱり挫折はつらいですね。

そんな挫折を最近経験しました。

現在転職活動中ですが、ものすごく入りたいと思う企業に応募し、最終面接までこぎつけましたが結局不採用となりました。

確かにつらいですけど、これを引きずってもどうしようもないので次を探そうと思います。

それはいいとして、言いたいのは挫折にも種類があるなということ。

正確には3つ

 

1.挫折を引きずる

2.挫折しても平気(なんとも思わない)

3.挫折から学ぶ

 

自分は良い、悪いは別として3でした。

挫折から学ぶというのはそれを糧にしてどうステップアップしていくかということ。

当たり前のようですがこれって結構難しいと思います。

今回の僕の場合は、落ちたことで自分に足りないものってなんだ?ということを考えさせられました。

その結果自分に足らないものが明白に分かりました。

なのでその明白になった足りないものを勉強、あるいは補えばいいということです。

とまぁここまでは簡単というか、単純な考えですね。

何より大事なのはそう思った瞬間に行動に移せるかどうか。

明日でいいや。あさってっでもいいだろ。そう思った瞬間に即行動に移せた人との差は絶大なものになると思います。

 

自分はブログを書くという行動を起こした。

結果、後日面接してくれた方が自分のブログをたまたま発見してくれて社長に伝えてくれたそうだ。

アルバイトからでも良ければ働かないかと言ってくれた。

良事行動すれば何かが起こる。あるいは引き寄せる。行動しなければ可能性は0だった話だ。

 

ブログをやり続けている理由はいくつかある。

  • 行動し続けることが奇跡を起こす唯一の方法であるから。
  • アウトプットして、はじめて伝わる思いが整理できるから。
  • 人生に責任を持ちたいから。

 

何かを始めれば何かが変わる。

ネタが尽きたら成長が止まったという危険信号。

 

このブログのどうでもいい裏話。