カテゴリー : 思考/ハック

自信は劣等感とプライドの中に在らず

劣等感を持つ人が意外と多い。変なプライドを持つ人が意外と多い。

これらを持つ人の特徴は自分に自信がない人達だ。

 

一見、プライドの高い人は自信を持っているかのような口調や振る舞いをする。

しかしそれ自体が本質的な自信の無さを見せたくないがための防御策なだけにすぎない。

 

学歴が高ければ劣等感を持つことはないが、不要なプライドを持ちやすい。

学歴がなければ不要なプライドはないが劣等感を持ちやすい。

 

もし新人の部下にこれらどちらかを持つ人がいたとしたら、まず私はそれらを捨てさせる。

例えば学歴が高く、プライドが高い新人に対しては徹底的に雑務をやらせる。

そうすると学歴の高い部下は必ず不満を持ってこう言ってくる。

 

○○さんは私につまらない仕事しかさせてくれないんですね。

こんな仕事をするために私はこの会社に入ったんじゃないです。

 

この反応は正しい。エリートで今まで来たのに、草刈りをやらせているようなものだから当然だ。

しかしながら本当に伸びしろのある人間はどんな環境にしろ、自分の与えられた環境で最善を尽くすことができる。

 

私はこう返答する。

 

○○さんは隣の学歴のないAさんより草刈りが随分遅いようですね。

草刈りでさえ一番になれない人にどうしたら面白い仕事をさせてあげらるでしょう?

 

もし、まともな人であれば気づくはずだ。

不要なプライドが邪魔をして、となりの学歴のないAさんより自分自身が役立たずだったことを。

 

さて逆に劣等感のある人材に対してはどうするか。

それは簡単だ。

 

その人が一番になれることをやらせるだけだ。

それが草刈りであれば草刈りをやらせればいい。

 

劣等感があるがゆえ、自分ができることに対してはとことんやってくれるだろう。

 

ふと振り返ったら気づくはずだ。

となりの高学歴の人より、草刈りにおいては勝てるということを。

 

それが自信となり階段を駆け上がり始める。

 

 

改めて自分を振り返ってみると良い。プライドにすがってないか。劣等感に打ちひしがれていないか。

それは自信がないがゆえに生じるもの。

 

自信をつけるためにはそれらと決別することだ。

そして何事にもどんな環境にも関係なく、最善を尽くすことだ。

 

孔子の孫、子思が著した『中庸』一節にある言葉。

君子は其(そ)の位(くらい)に素(そ)して行い、其の外(ほか)を願わず


立派な人物は自己に与えられた環境の中で、運命を呪ったり不平不満を言ったりせず、精一杯の努力をし、それ以外のことは考えない、という意味。



デザインの「ウラ」と「オモテ」

家は住むための機械である ~Le Corbusie

 

本当に美しいデザインとは、誇張する表の美しさではなく、裏に持つ機能や役割だったりする。

こちらの記事には共感した。

 

「フェンスを外す人」

http://d.hatena.ne.jp/kkbt2/20120227/1330342207

 

なぜサービスエリアの駐車場は斜め向きになっているのか。

なぜジャケットの袖口にはボタンが付いたのか。

なぜ駅前の細い道にわざわざ花壇を設置しているのか。

 

誰もがこれをカッコいいから。華やかだから。だと思っている。

それは表面的でしかない。

意図を知れば裏の本質的なデザインが見えてくる。

 

サービスエリアの駐車場が斜め向きになっているのは、車が逆走しないように仕向けるため。

 

ジャケットの袖口にボタンをつけているのは昔、兵隊がジャケットの袖口で鼻水をすすりカピカピになってしまうのを強制的に抑制するために付けられた。

 

駅前の細道を更に狭めて花壇を置いたのは放置自転車を防ぐため。

 

すべてには意図がある。意図があるからこそ、それをデザインという。

華やかに見えるものだけがデザインではない。

 

ファッションの学校に通っていた頃、講師の話で印象に残っている言葉がある。

本当に美しいデザインとは機能をデザインに溶け込ませるたデザインのこと。

 

知らない人は服の切り返しを単にカッコいいからだと思うかもしれない。

本当に良質な服は、その切り返しがあることで、より立体的に着心地の良さを演出していたりする。

機能をデザインに溶け込ませているのだ。

スーツはそういう意味で最高の機能美が至るところに見受けられる究極のお洒落だ。

良質なスーツは今も昔も粋な男の心をくすぐる理由が分かる。

 

世の中には粋なデザインが溢れている。

一見無駄に見えるものも、裏には意図があるかもしれない。

そういう目線で物事を洞察すると世界がもっと面白く見える。

 

例えば、なぜ縦型の信号機が北陸では多いのだろうか?

デザインの表と裏が垣間見えただろうか。

 



嫌な上司、むかつく上司の対処法

上司と部下という概念は一般的に「上司=偉い」という風潮なのはおかしな文化です。

会社によっては「俺は偉いんだ!」と勘違いをしている上司もいることでしょう。

本来あるべき姿は、上司は部下を守ること、部下を引っ張ること。部下は上司を信頼すること。

ただこれだけのはずなのですが。。。

傲慢な上司で恵まれない環境にある人は、日々ストレスを抱えて、上司と対峙していることでしょう。

そんなストレスから解消されるためには、上司に性格を変えてもらえれば、そんな楽なことはないですが、

残念ながら相手を変えることは不可能です。

解決方法はひとつしかありません。自分自身が変わるしかないのです。

 

ストレスは上司のせいじゃない。自分のせい。

なぜストレスなのですか?そう聞いたら大体、上司が無茶ぶりするから。上司が頼りないから・・・。

そんな答えが返ってきます。

極論、その時点で何事もすべて上司のせいにしてしまっています。

そういう人は誰が上司だろうと自分にとって気に喰わないことがあればすべて「○○上司のせいで私がストレスを感じてるのよ。」

となります。

ストレスを感じているのは誰のせいでもなく、気に喰わないことをストレスと結びつけている自分の捉え方のせいです。

 

待つより突付く。

使えない上司は世の中に溢れかえっています。段取りが悪くて部下に迷惑をかける上司。ぶん投げる上司。

そんな上司に対して「しっかりして!」といってもしょうがありませんので、そうならないようにこちら側でコントロールする方が無難です。

「何か手伝えることはありませんか?」だとか「今この案件はどんな進捗ですか?」などなどこちら側から突付いて、爆発を未然に防ぎましょう。

 

厳しい上司には対抗厳禁

実力主義の会社の上司はやたら厳しかったりします。ちょっとでも上司の思い通りになっていないと呼び出されては怒鳴られ・・・。

こういう上司の扱いはある意味簡単です。

まず戦わないこと。でも逃げないこと。そしてど真ん中、直球のみ。

どういうことかというと、上司はもはや口出ししたくて獲物を探してます。

逃げれば追うのが本能的に働くので逃げてはいけません。

戦いを挑めばこてんぱんに打ちのめされるので戦ってはいけません。

もし強制的に戦い(呼び出し)に巻き込まれても変化球は使ってはいけません。

ど真ん中にストレートを投げてホームランを打たせるのです。

単に上司は気持ちよくなりたいだけですので、マスターベーションのお手伝いをしてあげてください。

 

 

いろんな上司がいるので、対処法はケースによって全然違ってきます。

前述のものは代表的なダメ上司に対しての対処法です。

最も得策なのは上司に認めてもらえる人材になることです。

信頼している部下に対しては間違いなく上司は理不尽な怒り方はしません。

上司に欠陥があることに対してばかりフォーカスするのではなく、自分自身に欠陥はないかを振り返ってみてはいかがでしょうか。

上司の欠陥は治せなくても自分の欠陥は改善できます。

ダメ上司から見て自分がダメ部下に見られていたとしたら、ダメ上司以下のダメ部下に傍から見られているかもしれませんからね。