カテゴリー : 思考/ハック

超簡単&シンプル。論理的な会話術。

Photo by dgray_xplane’s

コンサルティングが仕事である以上、論理的に会話をしなくてはクライアントを納得させることは不可能です。

書籍では会話術だとかコンサルガイドブックだとか溢れていますが、これらは術でしかなく意味をなさいと個人的には感じます。

僕の考え方はシンプルです。

たった二つのことに注意して会話を心がけます。

  1. 答え
  2. 伝わる

これだけです。

これだけですが、これで十分です。

ひとつずつ解説します。

「答え」というのは論理的な思考の上では必須です。答えまでの道筋やストーリーを組み立てるのがロジカルシンキングです。

答えさえあれば、あとは適当に道筋を作ればいいだけです。

適当というと怒られてしまうかもしれませんが、もはや道筋なんていりません。

答えだけでも十分です。

何故ならクライアントとの会話の中で、道筋が長くなってしまうと「答え(ゴール)」が薄れてしまうからです。

これは先に挙げた「伝わる」にもつながりますが、答えが伝わらないようであれば、どんなに筋が通っていたとしてそれは能書きでしかなくなります。

分かりづらい言葉、遠まわしな言い回し、全て不要です。

 

僕の嫌いな言葉に「要するに」という言葉があります。

結局要約するなら、そこだけ言えよ。って突っ込みたくなってしまうのは僕だけでしょうか。

 

さて次に「伝わる」の部分を解説します。

これはどちらかというと術の部分です。

僕のやり方ですが、答えを先に言います。

分かりやすいようにクライアントとの会話例で説明します。

クライアント

株式会社○○から新製品が出ましたけど、すごい人気らしいですね。今後定着するんですかね?

どう思います?

 

自分

そうですね~。私が考える中では2つの方向性があると思ってます。

ひとつは流行から一気に廃れてしまう方向性と、もうひとつは流行からブランドを確立させて定番化する方向性です。

会話の中で答えを示すことは簡単です。

なぜなら答えなんてないんですから、何を言ったって答えです。

しかも2つの方向性とは言ってるものは、どちらもそうなる可能性を示してただけです。

答えが出れば、そこに理由付けなんていくらでもできますし、十分論理的な会話になります。

超シンプル&超簡単!

もちろんこれだけでなく、会話の質を高めるには、「つかみ」、「数値」、「例え話」なども必要です。

スキルや術も必要だとは思いますが、まずは基本として「答え」と「伝わる」にフォーカスして話してみてはいかがでしょうか?



「失敗」した時の考え方で劇的に成長する

[ad#468×60]

馬鹿は失敗から学ばないとはよく言ったものです。

失敗は学びの宝庫だということを知ると、失敗したときに落ち込む暇なんて全くないことに気づきます。

失敗したらまず何をしなくてはいけないのでしょうか。

それは失敗したことを知ることです。

うまくいかないのは、失敗ではない。うまくいかない方法を発見しただけだ。

これは電球を発明したトーマス・エジソンが言った言葉です。

失敗したなと思うことがあったら、後悔するのではなくラッキーだと思うのはどうでしょう。

そこから学ぶことができたら、二度とその失敗と思ったことは繰り返されないのですから、

リスクをひとつ消したと考えたら価値あることです。

 

リスクヘッジという言葉をよく耳にしますが、リスクを回避することはとても大切なことです。

けれど、必要以上にリスクを回避するあまりに逃げてしまうようであると、それはリスク逃避でしかありません。

リスクヘッジとは、メリットと相反して存在するデメリット(リスク)を極力小さくするために対策を講じることです。

決して逃げることではないんです。

 

天才とは、1%の才能と99%の努力である。

これはあまりにも有名な名言ですね。アルベルト・アインシュタインの言葉です。

どんな才能があろうと、努力しなければ何の意味をもなしません。

失敗を恐れたら何もできないと言いますが、逆を言えば、失敗を歓迎すれば何でもできるということになります。

であれば受け入れたらいいと思います。

 

世界をあまり知らないので分かりませんが、日本は失敗することを許さない文化が根強いように感じます。

協調性を重んじる文化だから乱すことは好かれないのかもしれません。

でもこれだけは言えます。

失敗をどう捉えるも自分自身ということ。

失敗をして、自虐的になるのも、学ぶのも自分自身です。

自分自身であえて傷つける必要性はないでしょう。

周りが叱ってくれたらそれで十分じゃないですか。

そのお叱りを自虐の対称にするのではなく、学びの対象にするべきです。

「どうして?」、「なんで?」と考えるのではなく、「どうすれば」という言葉に置き換えましょう。

たどり着く答えがまるっきり変わってきます。

 

馬鹿は失敗から学ばない。

でも失敗から逃げる才能ある人間はもっとダサい。

雑草のように失敗から何度も立ち上がってくるような人のほうが、信頼できるしカッコイイと思う。

誰だって雑草にはなれる。

花は咲かなくとも根をはり、上に上に成長できます。

それを分かっているのに目先は花のようにいたいと願う。

 

着飾っただけの花は所詮生け花になって枯れる宿命でしかないのに。

 



「もがき」のすすめ

[ad#468×60]

エイブラハム・リンカーンの言葉にこんな言葉があるらしいです。

待っていても手に入るものもあるかも知れない。しかしそれはもがき続けているものが残していったものだけだ。

個人的に結構好きな言葉です。

自分もそうだけど、もがくことからどうも距離をおいてしまっている人が多い気がします。

世の中、理不尽ばかりです。

つまらないことばかりです。

それをそのまま受け入れたところで何も変わらないってことを知っているのに、もがこうとはしないのは何故なんでしょう。

 

「もがく」という言葉は隣接して「苦しむ」っていう言葉がよく一緒になります。

「もがき苦しむ」ですね。

苦しいことをしない、考えない、学ばない、受け入れない。

そんな感覚だから、もがこうとしないのかもしれません。

 

それがラクだから仕方ないです。

そういう人は良い意味で諦めちゃえば良いと思います。

そのかわり、とことん考えずに今を楽しむことに専念し続けなくては絶対後悔します。

 

もがくということがどういうことか。

視野を拡げることです。

視野を拡げるということはどういうことか、

選択肢を持つということです。

選択肢を持つということはどういうことか、

好きな道を行けるということです。

 

おそらく、ほとんどの人が選択できる手段を持っていると勘違いしていますが、

大抵、選択させられているケースがほとんどです。

好きな道を行っていると思っていても、実は他人の道を歩かされているだけです。

 

最初の言葉にもあるように、もがいている人の残した物でしかないです。

 

もがいている人をけなす人もたくさんいますし、哀れむ人もいます。

そういう人はきっといつか気づきくか、後悔します。

 

自分ももっと若いうちにもがいておけば良かったって具合に。

 

やっぱりそういう風にはなりたくないですね。

だから、今はもがこうと思います。