カテゴリー : 会社のこと

キャビンという会社に学ぶ。文化とビジネスとユニクロ

株式会社キャビン

70年代~80年代を謳歌したアパレル企業、「CABIN」

ユニクロ(ファーストリテイリング)傘下に入ったのが3年前。

そして今日、キャビンという会社は同じくファーストリテイリング社グループのリンク・セオリーに吸収合併され「CABIN」という社名はこの世から消えます。

 

この会社にはとてもお世話になりました。

社会人になって間もない自分に仕事って楽しいなと感じさせてくれたクライアントのひとつです。

お茶飲みながらの打ち合わせ。雑談。時には恋愛話で盛り上がっていたのを昨日の様に思い出します。

それを考えると残念で残念で、涙さえ出てきます。

 

3年前のファーストリテイリング傘下に入ったときからCABINはCABINでなくなってしまったのだと思います。

ここは僕が言うには差し出がましいことですので申し上げませんが、キャビンに勤めていた方、キャビンと関わりを持っていた方なら誰しもが悲しむと同時に疑問に思うことでしょう。

小島健輔先生やテンカイジャパンの栗田さんが代弁していただけてますのでご参考に。

http://apalog.com/kurita/archive/911

http://apalog.com/kojima/archive/533

 

この一件で学ぶことは、企業文化の大切さです。

企業だけでなく、それは個人にも言えますし、家族にも、国にも言えることです。

文化は人と人との結びつきから成り、極めて人間らしく、抽象的ですが暖かいモノだと思います。

今では文化がビジネスに置き換わり、人と人とのつながりというものが欠如した機械的なモノに変貌しようとしているような気がしてなりません。

人と人とが尊重し合い、助け合い、必要されることが本来あるべき前提ではあってほしいものです。

 

決してユニクロ批判をしているわけではなく、個人的に柳井社長は尊敬する経営者です。

ですが、文化を消したり、変えたりすることに同意することはできません。

それは人を人としてではなく機械として捉えない限りできない手段だからです。

 

ビジネスだって本来は人と人との関わりから成り立つもの。

願わくば、「お金」ありきのビジネスではなく「人」ありきでのビジネスであって欲しいです。

 

ある人が言ってました。

お金を追うものは人格を失い、夢をなくす。

夢を追うものは人格を得て、お金を得る。

 

中心の人(人格)というのは追う順序が異なるだけで、結果は真逆になります。

「人」を中心に置いたとき、その前には何が前提となっているか。

考えさせられますね。

 

文化を尊重し、人を尊重できれば、それで十分じゃないですか?

だって何のために働くのですか?

お金のため?そんな発想は機械人間ですよ。

そうはなりたくないですね。



世界有数のラグジュアリーブランドの代表取締役にプレゼン

最高の経験ができました。

誰もが知るラグジュアリーブランドを保持する世界的な某グループ会社に、

うちのWEBマーケティングをプレゼンしてきました。

僕の目の前には、グループ日本代表の代表取締役COOから始まり、そうそうたるラグジュアリーブランドの代表や役員など10数名に集まっていただきました。

プレゼンは2部構成で、1時間半ずつ。

1部目はうちの社長がプレゼンし、2部目は僕に任せていただきました。

こんな光栄なことはなく、ずっと積み上げてきた自分のロジックやWEBのマーケティングを

堂々とプレゼンできることが嬉しくて嬉しくてたまりません。

まず普通に生きていたらお会いできる方々ではなく、ましてや同じ目線で話せるということ自体があり得ません。

そんな機会を作ってしまう、うちの社長の人望と人徳は半端じゃないということを改めて知ったと同時に社長を越えるにはあと何年必要なんだろうと気が遠くなります。

社長は10年しないですぐ越えるよ。と言いますが、彼のカリスマ性と人間力は越えられる気がしません。

でもいつかは・・・

それを越えなかったら何のために社長が僕に今こんな機会を与えているのか意味がなくなってしまいますから。

まずは今回のプレゼンから仕事につなげ、結果を出し、本国から日本に凄い会社があると言わせたいですね。そしてゆくゆくは本国のWEBマーケティングを僕らがやるぐらいになりたいです。

どうせやるなら夢は大きく。

そして常に夢を追い続けましょう。

それがうちの社長の思いだろうし、夢を追い続ける人でありたいと自分自身思いますからね。

 

バカでも情熱があればなんだってできる。

本物を装っていれば偽者でもいつか本物になる。

現実よりも大きく見せ続けていれば、否応なしに自然と大きくなっていく。

なし


社長!取締役になるには何が必要ですか?

最近は社長と一緒に営業に行く機会も多く、直接たくさんのことを学び吸収してます。

社長とは色んなことを話しますが、こんな質問をしてみました。

質問:どうしたら取締役になれますか?自分に何が足りてませんか?

明確に具体的なことは出てきませんでしたが話の中でキーワードとしてでたことはこの3つです。

  • ひとつは判断力。
  • ひとつは経験。
  • ひとつはリーダーシップ。

なるほど、最近自分が苦悩(いい意味で)している部分を見抜いているかのような答えです。

社長が言わんとしていることはきっとこういう事。

  • 判断力
    無数にある選択肢の中から最良の選択を出来るかどうかです。例えばお客様からのクレームに対して何を優先的に対応しなくてはいけないのか。判断一つで結果は大きく変わってきます。部下は常に判断を煽ってきます。最良の判断を部下に示せるでしょうか。

  • 経験
    判断力もそれは経験から成り立つものです。どうすればいいですか?判断してください!なんて他の人に頼っているようであればそれは自ら経験という絶好の機会を損失しています。自分の判断を持ってしない限りそれは経験に値しません。それでは一生部下のままでしょう。
  • リーダーシップ
    僕の中の定義は影響を与えられるかどうかだと考えます。教えることでもなく管理することでもなく、部下が自分の意思を持って能動的に動くようになったらそれは最高のリーダーシップを発揮していると言えます。

もう既に社長に言われるまでもなく、このあたりは意識してますが、常に失敗しています。

失敗した数だけ成長しているのも実感できてますし、その体験を僕自身に社長はさせてくれているんだなと感じます。

そして何よりも嬉しかったことが、

質問に対して社長の第一声は、「一番の有力候補はまっつん(俺のあだ名)だよ」と言ってくれたことです。

お世辞だとしても嬉しいものです。

来年には「一緒に経営しよう」と言わせられるように邁進します。