カテゴリー : 会社のこと

挫折と期待。今期を終えて、そして来期に向けて。

順風満帆。

その言葉のとおり、一昨年までは会社からも認められ、給料も上がり、まるで障害は無いとさえ思っていました。

そして今期は会社から期待を込めて、10人の部署を任されました。

数字を作るのも、マネジメントも、ケアも全部自分次第。

とにかく試行錯誤。

あっという間の一年でした。

そしてこの一年の中にも、幾度の挫折を味わったことか数えきれません。

何度会社を辞めたいと思ったか、何度逃げ出したいと思ったか。

 

自分勝手な人、傲慢な人、自由気ままな人、いい意味でも悪い意味でも個性豊かなチーム。

それを率いることの難しさ。コミュニケーションの大切さ。自分の能力の無さ。

しみじみと痛感します。

 

当然のことながらこのような状況では、与えられた予算も達成できず初めて結果を出せなかった不甲斐ない期でもあります。

しかし、その一方で最も学べた期でもあります。

 

挫折を味わうことは、決して心地良いことではありませんが、苦さは甘さをより引き立てます。

挫折を味わうことは、味覚を発達させます。

延いては挫折自体を味わい楽しむことができるようになります。

 

もし以前の僕のように順風満帆で駆け上がっている人がいるとしたら、可哀想だということをお伝えしたいです。

なぜならそれは与えられている環境がただ恵まれているだけに過ぎないからです。

こんな話を聞いたことはないでしょうか?

 

街の中心に誰からも好かれ尊敬されている大富豪がいました。

常に笑顔。お金も豪盛に使い、誰しもが羨む理想の姿は街中で噂の対象です。

男爵の家には家政婦が3人いました。

毎朝コーヒーを入れ、庭の手入れをし、食事を作り、一日たりとも手を抜いたことがない家政婦たちです。

とある日、一人の家政婦は思いました。

街中の誰もが尊敬する心の広い人なんだから少しサボったぐらいで怒るはずがないだろうと。

そして一日だけ、仮病を使って、朝のコーヒーを入れずに朝を迎えました。

家政婦は男爵がさぞ、心温かい言葉をかけてくれることか待ちわびていました。

すると男爵の声が・・・

大きな怒声。

誰だ!コーヒーを入れてないのは!

 

温かい言葉どころか、殴られ、蹴られ、血だらけです。

何が言いたいかというと、男爵の心が広かったのではなく、周囲の家政婦が優秀で全くストレスのない環境に男爵は浸っていただけだったということです。

その環境のおかげで本性が見えないでいただけなのです。

 

これは自分自身に言えます。

今まで結果を出せていたのは環境がそういう環境であっただけということです。

 

どんな甘い環境も苦い環境も、楽しめて結果を出せる人が本物です。

それを知れたお陰で、来期は環境に関係なく結果を出せる気がします。

どんな環境も楽しめます。

挫折を味わい受け入れた分だけ少し舌も肥えてきたようです。

 

さて、明日から会社の新しい期が始まります。

僕は僕自身に期待して最高の一年にしたいと思います。



俺みたいなのは役員になるべき人材ではない

最近久しぶりに社長の逆鱗に触れました。怒鳴ったりはしない社長なので、あまり表情や態度には出ませんが、目を見ればすぐに分かります。

原因は自分の意識や自覚の甘さと、学生となんら変わりない自己中心的で安易な行動です。

もちろん自分には自分なりの考えもありますが、よくよく客観的に考えると社長が言うように反省すべき点が往々にしてあります。

 

どうやら自分には潜在的に自己中心的な性質があるようです。

建前はみんなのためとか、会社のためとか言っていたとしても、本音は自分のために行動しているように思います。

役員になる覚悟があります!と言ったとしても、一方で自ら起業したいと思う気持ちも傍らにあったりします。

言うこと成すこと、建前と本音が自分の頭の中でぐるぐると回っていて、もはや何がしたいのかさえ分からなくなって軸がぶれぶれです。

こんな人間はきっと社長から見たら、期待したい半面、危なっかしくて怖さを覚えると思います。

少なからず、自分が経営者だったら、自分のような人間は期待する半面一定の距離感を置くと思います。

幸いにも今の会社はそんな自分であっても受け入れてくれてます。

だからなおさらに今の自分の小ささ、弱さ、意思のなさに不甲斐なさを感じます。

 

きっとこれもまた成長のために乗り越えなければいけない課題だと楽観的に捉えてはいますが、

この壁は相当根が深いと思います。

 

ただ、もう既にそんなことさえ言っていられるような立場でも環境でもないことは事実。

お客様も、仲間も自分にたくさん付いているわけですし、幼稚な自己中心的な考えで行動するほど無責任な人間を誰も望んではいません。

とりあえず走りながら考えます。

今の自分は己が望んでいる自分でもないですし、一皮、二皮剥くタイミングなのかもしれません。

神様の思し召しと思って改心に努めます。

 

きっと無難にこなして無難に結果を出せば、遠くない将来役員にもなれると思いますが、

そんな偽りの人間はすぐに化けの皮がはがれて堕落するんでしょうね。

今のうちに化けの皮を剥がして、偽りのない人間に成長することを今年一番の課題とします。

以上、つまらない自己主張でした。



効率化されていない環境に人を増やしても非効率を生むだけ

「人を増やさないとこれ以上、仕事回らないですよ!」

サラリーマンをやっていればよく聞くこの発言。

経営側から見たらまぁ眠たくなる退屈な話なわけです。

そんなときはこう質問してみましょう。

人を増やして空いた時間で君はどんな壮大な仕事をしてくれるんだい?

大抵の人は言葉が詰まるでしょう。

人を増やそうと考えるのであれば、まず組織全体で考える必要があります。

今の組織に足りないことはなんなのか?それを担える人物像はどんな人なのか?

その人は社内にいないか?新人を成長させて担えるようにならないか?

こういった道筋を踏んではじめて、採用活動をして探すか?

ということになります。

なんとなく忙しいから人を入れるという考えで採用することは組織をさらに非効率にするだけです。

非効率

せめて今いる人員で最大限効率化した上で、さらに進化させるためにどういう人員が必要なのか、

そこを明確にしてからでも遅くはないでしょう。

感覚値で人を増やして欲しい!と言うような人がいたら、

その人はもれなく無能な人か、自己中な人か、視野が狭い人か、のいずれかには当てはまります。

くれぐれもそうならないようにご注意を。

 

人を増やして自分の仕事が楽になることは、自分の仕事がなくなること。

つまり会社を去ること。