カテゴリー : 日記

当たり前のことが当たり前でないのは如何なものか。

自分がこうはなりたくないと思っているにも関わらず、そうなってしまっている自分に驚くことはないだろうか?

こうなりたいと思っていても行動できていない自分に驚くことはないだろうか?

最近友人が終電を逃しうちに泊まりに来たときのこと。

駅まで迎えに行き、家についた時たまたま出てきた居住者の方に「こんばんは~」と顔を見ながら挨拶をした。

すると友人は、お前すげぇな。俺はすれ違っても会釈するぐらいしかできないよ。

 

昨日は友人の結婚式帰りに電車に乗っていると、目の前に女性二人が立ちながら楽しそうに会話をしていた。

途中駅に着くと逆側の席とこっち側の僕の隣の席が空いた。

2人は別々に座ったので向こう側に座った人に席替わりましょうか?と言って席替えをした。

すると、2人がすごい良い人だね。という。

 

この2つの出来事はなんだか違和感をすごい感じた。

自分がされて嬉しいと思うことを当たり前にやっただけなのに、何がすごいんだろう?

良い人でもなんでもない。普通だ。当たり前だ。

 

とは言うものの、昔の自分も当たり前にやるべきことを当たり前に出来なかった。

席を譲るのも、挨拶するのもろくに出来なかった。

だから気持ちはよくわかる。

 

昔の言葉に、こんな諺がある。

義を見てせざるは勇無きなり

意味は、正義が何かを知りながら、それをしないということは勇気が無いことだ。

 

みんな知っているはず。

席を譲りあうことは相手にとっても心地の良いことだ。

あいさつをすることは相手にとっても心地の良いことだ。

知りながらできないのは単に勇気のない弱虫ということだ。

 

挨拶ができない自分、気が利かない自分、思いやりのない自分を想像した時、やっぱりそうはなりたくないと思うはず。

「悪い親も良い子を望む」という諺があるが、良い子を望む前に良い親にならなければそもそも枝葉末節な考えだ。

 

もうひとつ諺。

提灯を借りた恩は知れども天道の恩は忘れる

闇夜で借りた提灯のありがたみは忘れないが、同じく光を与えてくれる太陽の恵みの恩は忘れがちだということ。

 

逆説を言うようだけれど太陽の恵みを忘れるぐらい挨拶や日常の思いやりなど、当たり前のことであっていいはず。

 

己の欲せざる所人に施す事なかれ

孔子曰く、人にされたくない事は、自分から人にするべきでないと説いている。

これも逆を言えば自分がされて嬉しいことは、自分から進んで人にすべきだということの裏返し。

 

望むのであれば己を振り返り、羨むのであれば己を改めるべし。



空想と構想と少々の夢。

思い描けない夢は叶わない。

想像できる未来は現実になる。

最近久しぶりに鳥肌が立つ様な夢のある提案書を提示された。

なんとなく空想していたアイディアをその人は構想として具体化してきた。

しかも夢というさらにワクワクするような要素を加えて。

 

夢が現実になる予感がすると、急に実現しなければならないという使命感に駆られる。

空想が構想に変わると現実味を帯びて、そこに夢が加わると実現に向けて動き出す。

夢あるものはいつだって人、金を惹きつけてやまない。

点と点が線でつながっていくこの感覚は何度経験しても楽しい。

 

特に最近は型にはまった考え方になりがちだったけれど、大事なことを学んだというか初心に戻った気がする。

常に正解を求めてベストな提案も大事だけれども、心を震撼させるような提案にはベストな答えではダメなんだ。

もはや既成概念(正解)をぶち壊すぐらいの視点でものごとを180°転換する必要がある。

 

改めて自分に言い聞かせよう。

Googleの言葉を借りるのであれば、この言葉を。

Great just isn’t good enough.

(素晴らしいでは足りない)

「最高」に甘んじないさらに上のレイヤーでものごとを考えられるように、まだまだ勉強不足だと痛感。



27歳、ぐうたら親父にならないために相棒との別れを決意

もう若くないぞ。俺。

27歳といえば、もうおやじの仲間入りだ。

誰も若者として見てくれないんだ。

このまま30代を迎えて、最高に幸せで充実した生活がイメージできるか?

今日もテレビを2時間見たって?

それを毎日続けたとして残りの人生が60年で計算したら丸々5年分の時間をテレビに費やすってことだぞ。

 

5年間も費やすなら海外旅行に行ったほうが良くないか?

5年間も費やすなら仕事に明け暮れたほうがマシじゃないか?

5年間も費やすなら恋人と過ごしたほうが幸せじゃないか?

 

これだけじゃない。

電車でぼうっとする時間も、無駄に寝ている時間も、やらされ仕事をしている時間も、それが本望ならそうしたらいい。

それが夢だというなら最高の人生だ。

 

2011/09/28、27歳になった。

 

まずは今まで笑いや感動や楽しみを提供してくれたテレビに感謝して、お別れしよう。

君はこれからの僕の人生にとって必要じゃなくなったんだよ。

 

こんなにも静かな夜は久しぶりだ。

キーボードを打つタイピングの音が響き、何とも儚い。

 

時間の浪費分は、すべて思考と遊びとチャレンジの時間に。

ぐうたらオヤジになってたまるか!