カテゴリー : 読書

行動する前に自覚することからはじめよう!

[ad#468×60]

最近心理術の本を2冊ほど読みました。

ある社長が営業は心理術ということをおっしゃっていたのが印象深かったので、

そこから心理ということに興味を持ちました。

読むと面白いもので、普段何気なく使っている交渉術や営業トークは人の心理を突いた心理テクニックだったりします。

確かに色んな会社から営業を受けますが、心理をうまくついてるなぁと関心に思うことがあります。

ただ、一歩間違えると胡散臭かったりもするので小手先ではダメですね。

前提に、商品が優良であり、その人自身に知識と情熱がない限り、長続きはしないと思います。

 

さて、心理とはまた違うレイヤーの話ですが、誰でもやることに「意義」を見出すと、行動の質が変わります。

意義もなく、なんとなくやっている作業や仕事はどこか適当になってしまったり、怠けがちになってしまう経験はないでしょうか。

もし意識的に意義を付加することができればきっとパワーが満ち溢れて苦が苦じゃなくなると思います。

意義を持たせる唯一の方法は「自覚」です。

行動するにあたってそれが重要なことなのか、やりたいことなのか、必要なことなのか・・・

すべてYESと答え、自覚できれば意義が生まれ行動は必然的に起こります。

よく、何事も行動からと言いますが、実はそれではあまり意味がないんじゃないかと思います。

全ての基点は自覚から始まり、意識し、行動に変化することだ思います。

 

上記は自分自身においても有効ですが、それ以上に人をマネジメントする上で、とても有効的です。

部下にその仕事に意義を見出させ仕事の質を向上させることができます。

例えば同じ仕事を依頼するにも、伝え方で質が大きく変わります。

下記の2通りの依頼で、どちらの伝え方が有効的だと思いますか?

 

・この仕事は会社にとってとても重要だからすぐにやっておいて。

・この仕事は会社にとってとても重要だと思わないかい?そう思うなら最善を尽くそう。

 

答えは後者です。

なぜか。

重要だと思わないかい?の質問を投げかけた際に「重要だと思います」と本人が返答したのならば、それは自分自身が重要だと自覚したことになるからです。

逆に前者は「強制」になります。相手の意志を無視しての依頼のため、自発的な行動にはなりません。

自覚すれば、それをやる意義が見出され、仕事の質が変わります。

 

【結論】

同じ「行動」するにもちょっとしたことで感情や意識が変わる。

自覚すれば行動に意義が生まれる。



何のために働くのか?お金の付き合い方についてオススメの本

先日、TVで下町の焼肉店が紹介されていました。

その店は鹿浜にある行列ができる焼肉店のスタミナ苑。


大きな地図で見る

その店主は幼い頃に不幸があり右手に障害を持ちました。

それからの人生は馬鹿にされたりとひどい目にあったらしいです。

その店主が言った言葉で違和感を感じた言葉があります。

「馬鹿にした奴らをどこかで見下してやる。」

それを糧に頑張ってきたと言っていました。

きっとそれは本心だけれど、きっとその感情が今の成功をもたらしているとは思えません。

頑張るきっかけはその反発心からあったのかもしれないけど、

今はきっとお客さんの笑顔のために頑張っているんだと番組を見る中で感じました。

でなければ、仕事をあんな楽しんでやれるはずがないし、続かないと思います。

なんでこの話を出したかというと、お金を稼ぐ目的について考えさせられたからです。

スタミナ苑の店主はきっと、お客さんの笑顔にさせる(焼き肉で人を幸せにする)ことが本質的な目的になっている気がします。

第三者として見て、その仕事ぶりはとてもカッコよく見えます。

自分はというと、何のために働くのか、なぜ稼ぎたいと思うのか。

真剣に考えたことはほとんどありません。

でもきっとこれを考えることは人生で本当に重要なことだと感じます。

なぜなら、お金は人生に直結するし、幸せにする道具である反面、不幸せにする道具でもあると思うからです。

もしお金ついて真剣に考えて、自分なりの付き合い方を見出せなければ、

お金に振り回されるだけで、お金に使われるだけの人生になります。

きっとこのことにすら気づかない人がほとんどだと思います。

お金について関連する最近読んだ本を3つ紹介します。

この本を読んで僕はお金のあり方や付き合い方を本気で考えさせられるきっかけとなりました。

不幸せと幸せ、貧乏とお金持ちの違いの本質を知りたければ、

ぜひとも呼んでもらいたい稀に見る良書だと思います。・・・本当は誰にも教えたくない(笑)

  

特にユダヤ人大富豪の教えは、きっとお金の考え方について考えさせられるでしょう。

少しポイントを言うとお金の奴隷になるか、お金の主人になるか。

もしくはお金とパートナーになるか。そんなことをユダヤ人大富豪の教えの1、2で教えてくれます。

幸せな人生とお金は切っても切れない関係である以上、良い付き合い方を自分自身で模索する必要があります。

そのきっかけをこの本できっと気付かされると思います。