カテゴリー : 読書

ビジョンをビジョンで終わらせないために必要なこと

不思議とひとつビジョンが叶うと次のビジョンが思い浮かぶんだよね。

ある意味ビジョンって永続的にあるもので絶える事のなく生まれてくるものなんだと思う。

今いる自分のステージによってビジョンも進化し続けるわけだ。

その繰り返しが個人の成長であり企業の成長につながるんだろうね。

 

最近、書店でビジョナリーカンパニーの本が1~3までたくさん並んでいるのを見ると、

「ビジョン」に対しての重要度が高まっているように感じるよね。

   

※自分は読んでないけど、有名な本ですので興味があれば。

 

確かにビジョンは大切。

ビジョンが示されなければ、光のないジャングルをさまようようなものだから。

でも、このビジョンが正しい道を示していなかったとしたら・・・。

あるいは明るすぎる光を放ち眩しすぎて道も何も関係なくなっていたとしたら・・・。

 

ビジョンを語るのは簡単だけど、本当に意味のあるビジョンを示し、その方向へ導くことができるかどうかが大切なのであって、ビジョンを持つことが重要なのではないと思う。

ビジョンをビジョンで終わらせないために必要なことは、たった3つだけだよ。

これさえ押さえれば必ず、良い方向に導いてくれる魔法の術。

教えちゃうよ。

 

  • ワクワク(期待感)
    イメージしよう。そのビジョンの先に何が見える?ワクワクするような未来が見えたらそれは最高のビジョンだね。見えないのであればそれは陳腐な飾り物だね。

  • フムフム(納得)
    ビジョンの意図を聞いて腑に落ちればやる意味が見出せるでしょ。誰も納得しない内容では自己満足で終わるよ。ビジョンはみんなと共有できて初めて強力なものになるんだ。

  • Yes! We can!(使命)
    誰でもできることじゃ意味ないよ。俺たちにしかできない、俺たちだからこそできることをしようよ。どうせやるならユニークに行こうぜ!

 

どうだい?当たり前のことだけど意外とできてないんじゃないかな。

よく誤認識されている人もいるようだけどビジョンとは目標・目的じゃないからね。

どちらかと言えば夢に近いもの。

情熱が浅はかな人に壮大なビジョンが描けるはずないよ。

そういう人は数字目標やそれを達成させるための数値設定で精一杯でしょ。

もっと感覚的でもっと感情的な、心に伝わるビジョンを。

 

だって誰が数字に追われて仕事をしたいって言ったんだい?

そんなキチガイ野郎がいたら教えて欲しいね。

追われる仕事なんてごめんだ。

俺だったら夢を追って仕事したいって思うけどね。

追われるのか追うのか、選択は君次第だよ。

 

ってジョニーが言ってた。



ライフスタイルプランだけにライフプランを考える

[ad#468×60]

ここ最近将来の設計を考えるようになりました。

きっとそのうち結婚もするだろうし、子供も2人ぐらい欲しいし、老後も来るし、死も来るわけで、

必然で来るだろう未来のために今できることってなんでしょう。

頭にまず思い浮かぶのがお金です。

一人の子供を育てるのに3000万円程度必要と聞きます。2人生んだら6000万円です。

老後には少なくとも3000万円程度の預金が必要とも聞きます。

やっぱり思うのはカッコイイ人生を歩むためにはこれらのような将来必然で来る、金銭リスクを今のうちに消すための準備をしておかなくてはカッコイイお父さんにも、カッコイイおじいちゃんにもなれないと思います。

お金は人を狂わせます。

人格を変えます。

お金に右往左往する人生は最低にカッコ悪いです。

お金を持つことがカッコイイのではなく、お金に影響されない人であることが本質的なカッコ良さです。

たくさんの人と会う中で、資産を増やす術を知りました。

不動産、保険、証券、銀行。

この4つが資産運用の大項目でしょう。

多くの人は銀行にとりあえずお金を預金してますが、金利は0.04%ぐらいですね。

72の法則で考えると預けた預金が2倍になるのは1800年後です。

この低金利では資産は増やせません。

ただ、銀行は安全というリスク回避と利便性が高いので、必要性はありますね。

不動産や保険などは低~中リスクといったところでしょうか。

その分、金利は当然の事ながら銀行よりは高いです。

保険でもモノによっては3.5%程度で運用できるものもあります。

保険としての機能も付随しますので、いざというときの安心にもなりますね。

3.5%での運用であれば、資産が2倍になるのは20年後です。

銀行と比べたら1780年の差があります。

あと、証券ですが、こちらはモノによって元本割れリスクもあれば、

うまく運用できれば年利10%というのも可能です。

10%での運用であれば、資産が2倍になるのは7年後です。

ただ、ギャンブル性も含まれますので捨て金という気持ちで運用しないとダメですね。

市況の波に一喜一憂しているようでは、お金に遊ばれてしまいます。

 

安心の準備を今しておけば、来るべくして来たものにその場その場であせる必要がなくなります。

まずは、何よりもお金のリスク回避です。

何の心配のない安心した大人はカッコ良いです。

やっぱそうならなくちゃ、ライフスタイルプランなんて言ってられません。

既に将来の金銭リスクに対して、運用を始めていってますが今やりはじめるのと5年後やり始めるのとでは全然違います。

10年後、20年後、30年後、金銭リスクを今からゼロにできますか?

そのために何か準備をしなくて大丈夫ですか?

黙ってても来るんですよ。

 

まずは手段を学びましょう。

資産について学ぶにはベタですがこの本はやっぱオススメです。

 

少子高齢化社会において、学費は高騰、老人増加によって税金は上がっていくことでしょう。

国や会社からの保障は頼りになりませんし、自分で考えておかないと本当に怖いです。

周りに頼らず、自分でどうするか。

育ててもらった両親や一生の伴侶と子供とを支えられのか。

男たるもの「支えられる!」と自信を持って言える人間にならなくちゃ。

絶対後悔しない人生にするために、今何ができて何を決断するのかが大切なんだと思う。



ばあちゃんからの言葉。タンポポンのように。

タンポポ

[ad#468×60]

あと何回会えるんだろう。

もしかしたら手で数えられるぐらいしかもう会わないかもしれないって考えると会いに行けるときにはできるだけ行こうという気になります。

それが自分にできる唯一の感謝を表す手段だし、孝行だと思います。

ふとそう思うようになり、久しぶりにじいちゃんとばあちゃんに会いに行ってきました。

じいちゃんは今、喉頭がんで闘病中ですが思ってたより元気で安心しました。

気持ちながら御見舞金を用意しておいたので渡すと威厳としていたじいちゃんが素直にありがとうって感謝してくれます。

じいちゃんにありがとうなんて言われたのは初めてです。

素直に嬉しかったし、ちょっとしたことでも感謝の気持ちを表現することは大切だなぁと改めて感じます。

感謝だとか褒めることだとか照れくさくてできない人も多いようですが、思ってるだけでは何も伝わりません。

相手が喜ぶことであれば何でもやったらいいんですね。

感謝し、感謝される関係に不幸せなことなんて何もないんですから。


じいちゃんの隣にはいつも明るく元気なばあちゃんがいます。

ばあちゃんはいつだって笑顔です。

いつも感謝の気持ちを忘れないし、みんなの幸せをいつも願ってくれています。

自分にも素直に生きているから、偽りもなにもありません。

そんな自慢のばあちゃんの言葉は深みがあります。

今日話してくれたことで、印象に残った言葉です。

一日を笑って過ごすのも怒って過ごすのも同じ一日。 笑って過ごした方がいいでしょ。

どこにでもきれいに咲くタンポポのようになりなさい。

タンポポは道路の隙間でもきれいに咲くことができるんだよ。

ばあちゃんの言葉を聞くと心が洗われます。

タンポポのように、どんな環境でも、どんな状況でも自分を持っていれば輝くことができるということだと思います。

それともう一つ。

花はね、愛情と手をかければきれいに咲いてくれる。

人も一緒だよ。本気で愛しなさい。

人だけじゃなく、自分の行動や考えは映し鏡だと思います。

自分の普段の行いは、必ず自分に帰ってきます。

悪いことをすればそれなりの制裁が。

良いことをすればそれなりの恩返しが。

愛すれば、注いだだけの愛情が。

ただ、見返りを求めてるようであれば、それは逆に怒りを生んでしまいます。

これだけ、してやったのにあいつは何なんだ!・・・

みたいな感じで。

そういえば怒りについて書かれた本がなかなか勉強になったので紹介します。

善意は偽善とは違います。偽善は自我でしかありません。

こんだけ良いことをしている俺は偉い!なんて考えの人に恩返しをしたいとは思いませんよね。

何事も謙虚でなくてはいけないとばあちゃんは教えてくれます。

人生を自分の3倍も生きている人の言うことは重みが違います。

こんな人が身近にいるのだから、もっと教えてもらえるうちに色々と聞いておかないと。

まぁ何よりも自分と話しているときのばあちゃんの笑顔を見れることが嬉しいですね。

じいちゃん、ばあちゃんまだまだ元気でいてね。