カテゴリー : 読書

アイディアが出ない人へ。アイディアの出し方と思考法

身近にアイディアが豊富で、その人と話すと色んなアイディアが湧いて出ることは経験無いでしょうか?

逆に一人でアイディアを絞り出そうとしても全然出てこない経験は無いでしょうか?

アイディアを出すための思考法があるとしたら知りたくありませんか?

そんなあなたには、AMAZONで「アイディア」と検索することをおすすめしましょう(笑)

 

さて、前置きはいいとして今回私がお伝えしたいのは、よく書籍で見るアイディアを出すためのスキルではありません。

アイディアを豊富に出せる人は思考の仕方がそもそも違うということです。

 

こんな話を聞いたことはありますか?

2人の靴屋の営業マンが未開拓市場のアフリカに降り立った。

アフリカでは靴をはく文化がなく、実際に誰も履いていない。

1人の営業マンは、「ここでは絶対に靴なんて売れない。」と本国へ報告し、

もう1人の営業マンは「こんなに靴を売り込めるチャンスはない。大量の靴を至急送ってくれ。」と本国へ報告。

どちらの環境も状況は全く同じです。しかしながら見解は全く異なります。

アイディアというのはたったひとつの「コトやモノ」に対して、色んな切り口で見れるかどうかです。

豊富にアイディアが出る人というのは、見る角度や距離など様々な視点を持っているのです。

一方アイディアの出ない人というのはたったひとつの角度、距離から物事を見てしまうためアイディが凝り固まってしまうのです。

 

もう一つ事例をお話します。

今でこそ当たり前に使われているポスト・イットの開発秘話をご存知でしょうか?

接着力の強い接着剤を開発中に、よくつくが簡単に剥がれる接着剤が出来上がりました。

当初の目的から考えれば単なる失敗作です。

しかし、この失敗作も有効に使えるのではないかと勘が働き、ひらりと落ちる本のしおりを見て、のりつきしおりの試作品を開発。その中でメモ代わりにもなることに気づき、現在のポスト・イットになりました。

これでも分かるように、アイディアとは一つの答えを導き出すものではなく、複数のヒントを見出すことです。

そのためには視点と視野の幅を広げる必要があります。

この思考に気づけばアイディアが無限に出せますが、もしアイディアに行き詰まったらこんな感じで、視点と視野を変えてみてください。

 

失敗作でも駄作でもなんでも構いません。最良のアイディアにたどり着くにはとにかく量が必要です。

 

組み合わせ

量が出れば、近しいところで組み合わせたり、グルーピングしたり、アイディアのブラッシュアップができます。

 

フォーカス

それでも行き詰まったら、全体で考えるのはやめて、たった一つのことだけについて深く考えてみて下さい。

 

これらをうまく使いこなせれば、アイディアに行き詰ることはほとんどなくなります。

またこの思考はブレーン・ストーミングなどにも有効です。

みんなのアイディが出詰まったら、「量・組み合わせ・フォーカス」の視点で話してみるとディスカッションもスムーズに進むでしょう。

▼参考書籍



できる営業マンは心理を突く。最高の営業マン真理を持つ。

できる営業マンは勤勉だ。

どっかの本に書いてあるようなコミュニケーション術や心理術など巧みに操っている。

会う人、会う人感心させられてしまう。そして残念にも思う。

 

できる営業マンにはモテる人が多い。

それは「心理学」を理解しているか、自然と身につけているからに他ならない。

相手の心理を手玉に取れれば、女性を手玉にとる事自体難しくないのだろう。

 

数年前、心理学に基づいたコンサルティングをしている人にこんな本を勧められた。

ある意味恐ろしい本だと思う。

何も知らない女性に対して、この本のテクニックを用いたらうまくいくかもしれない。

 

人の心は見えない。何を考えているか分からない。

そんなのは昔話だ。

目の動き、挙動、発言、すべて見ればその人の心理状況は大体分かる。

その人は嘘を付いているか、焦っているか、信じられるか・・・。

 

ビジネスマンであれば心理を学んだほうが良い。

それは心理を駆使したテクニックを使うためではない。

自分の身を守るためだ。

そして心理を学び得たテクニックやスキルは決して小手先で使ってはいけない。

一般的な人に使えたとしても、経営者や役員、マネジャークラスには絶対見透かされる。

 

部下に対しても同じだ。

もちろん、心理学的に伝え方やコミュニケーションする上でうまく取り入れるのはいいかもしれない。

ただし過度に小手先のテクニックを使っていてはいつか通じなくなる。

なぜならそもそもその心理テクニックを使うという事自体が、相手をうまく丸め込もうとすることだからだ。

相手の腑に落とさせるような「納得」ではなく、あくまで「説得」させるための手段でしかない。

 

本当にできる人は、本心で物事を言う。

決して上辺でない軸を持って話す。

そして「説得」でもなく、「納得」でもなく、「共感」させてしまうのだ。

 

そこまで行く人は相当な器のある人だ。そう簡単になれるものでもない。

ただ言えるのは、そういう人も間違いなく心理というものを理解しているし、コミュニケーションの中にも汲みいれている。

違いは、それが小手先か小手先でないかの差だけだ。

 

どちらにせよ心理とセールス、コミュニケーションは切っても切れない関係だ。

そうであるならば心理を学んでおいて損はない。

 

もし心理を学びたいのであれば、良い方法がある。

たくさんの書籍を読むのも一つだが、最も早い方法は成果主義の保険営業マンの営業を受けたらいい。

彼らは心理営業のプロフェッショナルだ。

どんなテクニックを使ってコミュニケーションしているか注意を払って聞いてみたらよく分かる。

※ただし心理云々でなく、保険に入る気がサラサラない人はやめましょう。
  あなたのために真剣なセールスマンしてくれる方に対し失礼極まりないことですので。

 

心理を学べば、できる営業マンになり、モテるようにもなる。

ただそいつはきっとクズ人間だ。

 

できる営業マンは勤勉だ。

心理やコミュニケーションについてよく学んでいる。

この人の特徴は、サービスが何であれ、心理に合わせてYESと言わせる。

 

最高の営業マンも勤勉だ。

相手のこととサービスのことについてよく理解している。

この人の特徴は、サービスが何であれ、相手の立場になってYESとNOの選択肢を与える。

 



飛ぶことを決意した鳥も、飛んでなければ飛ばない鳥

5羽のカモメが防波堤に止まっている。そのうち1羽が飛び立つことを決意した。

残っているのは何羽だい?

4羽です。と答えたくなります。

しかしながら決意そのものには何の力もありません。

そのカモメは飛び立つことを決意しましたが、飛んでなければ残りのカモメとどこも違いありません。

「希望を運ぶ人」より抜粋。

 

やろうと決意したのに行動が伴わないことは誰しも経験があると思います。

決意したことを評価することがありますが、決意自体に意味はあっても、何の力もありません。

行動が伴ってはじめて、決意したことに価値が生まれます。

 

「心で想ってても言葉にしなきゃ伝わらないでしょ!」

このフレーズは恋愛ストーリーの鉄板フレーズですね。

前述の考え方と同じように、何を思っていようが何を考えていようがアウトプットされなければ、

何も考えていない隣にいる人と何ら変わりありません。

ましてや第三者には違いなんて見えません。

 

心の中で「この人を一生幸せにする!」と決意したとしましょう。

決意した当人にとっては人生の岐路を選択したぐらいの重要な決断だったかも知れません。

しかしそれには何の力もありません。

 

大事なのは決意した後のアクションです。

英語をマスターする。お金持ちになる。世界を旅する。結婚する。有名になる。・・・・

過去にいくつの決意をしてきましたか?

その決意のうち、いくつの決意が叶っていますか?

 

決意自体に力がないことを改めて理解すれば、きっと行動するにはどうするべきかが見えてきます。

決意とはまだスタートラインに立っただけのことです。

スタートを切るも、スタートラインで立ち尽くすも自分のアクションひとつ。行動ひとつです。