「知ってる」ではダメ。知る⇒分かる⇒出来る

本を読むと少し頭が良くなった気になります。

あたかも本の知識が自分の知識になったかのように錯覚してしまう経験は誰にもあることでしょう。

そして明日からは成長した自分を思い描くのです。

 

忘却曲線をご存知でしょうか。

20分後には、42%を忘却し、58%を覚えていた。
1時間後には、56%を忘却し、44%を覚えていた。
1日後には、74%を忘却し、26%を覚えていた。
1週間後には、77%を忘却し、23%を覚えていた。
1ヶ月後には、79%を忘却し、21%を覚えていた。

参照元:Wikipedia

これを見ても分かるように明日は成長した自分ではなく、知ったかぶりの自分しかいないのです。

 

最も怖いのは「知っている」で終わってしまうことです。

例えば、野球を知っていますか?と聞かれたら、誰しもが知っています。と答えるでしょう。

では、野球が分かりますか?と聞かれたらどうでしょうか?

さらには、野球ができますか?と聞かれたらどうでしょうか?

 

これが社会の中では矛盾を引き起こしています。

知っている=出来る と勘違いしている人が非常に多いのです。

 

本を呼んで知ったつもりになり、セミナーを受けて分かったつもりになり、それを他人に偉そうに教えて出来るつもりになってしまってはないでしょうか?

 

もし社会の中で成長したいと思うのであれば、「知ってる」ではなく、「出来る」にならなくてはなりません。

 

ちなみに、知る(情報収集)⇒分かる(勉強・学ぶ)⇒出来る(行動) の順に順序良く進む必要はありません。

最短で出来るようになりたいのであれば、直感でまず行動からはじめ、失敗から学び、情報を得てまた行動していくことです。

 

人間が言語化して意識できる情報は5%。残りの95%は言語化できていない。と言われています。

言語化情報ばかりに頼って情報の大半を取り逃がしてしまうことなく、「非言語領域の情報」をどう取り入れるかが重要です。

 

直感を信じて行動から入っていくことは非合理的に思えますが、5%の言語化された意識より95%の無意識な潜在的情報に頼った方が理にかなっているとは思えませんか?



 



▼合わせて読みたい関連記事


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。