ふと人生について考えることがあったので、つぶやいてみる。

人生で本気になれることは本当に少ない。

学生時代は部活や文化祭や体育祭とかで誰しも一度は何かに本気になったことはあるはず。

時間もお金も関係なく夢中になっていたと思う。

 

社会人になってそれができている人はどれだけいるのだろう。

我武者羅という言葉が好きだ。

そんな人生はきっと大変だろうけれど、意義のある人生だ。

 

別に有名になりたいわけでもない。自我のためでもない。

そうしなければいけないと未来の自分が言ってる気がしてならない。

でないと後悔しか残らない気がする。

 

十人十色の人生がある。

その一方で一人十色の人生もあると思う。

 

全てに本気で、全てに前向きで、誰かより10倍の挑戦ができれば、10倍濃厚な人生になるはずだ。

 

境遇や環境に悲観的になって何も行動を取らない人がいる。

そんな事を言ったら極端だが、豊臣秀吉やリンカーン、ガンジーなど偉人たちは存在していない。

悲観的になる必要なんて何もない。

軽率かもしれないが同じ地球に存在している以上、境遇なんて大差ない。

 

敵がいるとしたら自分自身だけだ。

そんな言葉を聞いたことがある。

周りを敵だと思ったら敵しか出来ないし、周りを見方だと思ったら見方しかできない。

敵味方作るも自分の思考と行動次第だ。

 

夢はあるのかい?

そう聞かれたら真っ先に言おう。

 

夢?漫画の見過ぎだろ。

 

希望はあるのかい?

そう聞かれたら真っ先に言い返そう。

 

周りを見てどうしたら希望が持てるんだ?

 

じゃあ何のために生きてるんだい?

そう聞かれたら真っ先に答えよう。

 

不幸に生きたいと思ってる気狂いがどこにいるんだ?

 

何も夢や希望を無理に見出す必要はないと思う。

もっと大事なのは、今自分ができる最良の選択と行動をとること。

今自分がやりたいことに夢中になることだけだ。

 

それが出来ないとしたらやはり自分自身が敵になっている。

まず自分を味方につけよう。

 

何も難しいことなんてない。

自分に素直に従えばいいだけだ。

 

誰かに語れる夢はないし、今まで残してきたものもない。

学歴なんて無いに等しいが、そんな自分でもエキサイティングでハッピーな人生を送れるというのは証明したい。

それは努力とか競争とかでなく、もっと楽しいものだと。



 



▼合わせて読みたい関連記事


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。