嫌な上司、むかつく上司の対処法

上司と部下という概念は一般的に「上司=偉い」という風潮なのはおかしな文化です。

会社によっては「俺は偉いんだ!」と勘違いをしている上司もいることでしょう。

本来あるべき姿は、上司は部下を守ること、部下を引っ張ること。部下は上司を信頼すること。

ただこれだけのはずなのですが。。。

傲慢な上司で恵まれない環境にある人は、日々ストレスを抱えて、上司と対峙していることでしょう。

そんなストレスから解消されるためには、上司に性格を変えてもらえれば、そんな楽なことはないですが、

残念ながら相手を変えることは不可能です。

解決方法はひとつしかありません。自分自身が変わるしかないのです。

 

ストレスは上司のせいじゃない。自分のせい。

なぜストレスなのですか?そう聞いたら大体、上司が無茶ぶりするから。上司が頼りないから・・・。

そんな答えが返ってきます。

極論、その時点で何事もすべて上司のせいにしてしまっています。

そういう人は誰が上司だろうと自分にとって気に喰わないことがあればすべて「○○上司のせいで私がストレスを感じてるのよ。」

となります。

ストレスを感じているのは誰のせいでもなく、気に喰わないことをストレスと結びつけている自分の捉え方のせいです。

 

待つより突付く。

使えない上司は世の中に溢れかえっています。段取りが悪くて部下に迷惑をかける上司。ぶん投げる上司。

そんな上司に対して「しっかりして!」といってもしょうがありませんので、そうならないようにこちら側でコントロールする方が無難です。

「何か手伝えることはありませんか?」だとか「今この案件はどんな進捗ですか?」などなどこちら側から突付いて、爆発を未然に防ぎましょう。

 

厳しい上司には対抗厳禁

実力主義の会社の上司はやたら厳しかったりします。ちょっとでも上司の思い通りになっていないと呼び出されては怒鳴られ・・・。

こういう上司の扱いはある意味簡単です。

まず戦わないこと。でも逃げないこと。そしてど真ん中、直球のみ。

どういうことかというと、上司はもはや口出ししたくて獲物を探してます。

逃げれば追うのが本能的に働くので逃げてはいけません。

戦いを挑めばこてんぱんに打ちのめされるので戦ってはいけません。

もし強制的に戦い(呼び出し)に巻き込まれても変化球は使ってはいけません。

ど真ん中にストレートを投げてホームランを打たせるのです。

単に上司は気持ちよくなりたいだけですので、マスターベーションのお手伝いをしてあげてください。

 

 

いろんな上司がいるので、対処法はケースによって全然違ってきます。

前述のものは代表的なダメ上司に対しての対処法です。

最も得策なのは上司に認めてもらえる人材になることです。

信頼している部下に対しては間違いなく上司は理不尽な怒り方はしません。

上司に欠陥があることに対してばかりフォーカスするのではなく、自分自身に欠陥はないかを振り返ってみてはいかがでしょうか。

上司の欠陥は治せなくても自分の欠陥は改善できます。

ダメ上司から見て自分がダメ部下に見られていたとしたら、ダメ上司以下のダメ部下に傍から見られているかもしれませんからね。



 



▼合わせて読みたい関連記事


    • なっち
    • 2017年 9月 22日

    遅刻してきた上司!時計がずれてたと言い訳…自分は悪くないと主張して申し訳ないと言う気持ちゼロ、

    • 匿名
    • 2017年 7月 1日

    何故、他人を馬鹿な位置に落として自分が正しいと言う主張しか出来ないのか一考した方が良い。

    • さくら
    • 2015年 4月 25日

    相手の立場になって考えてくれるのが
    上司かと思うのですが
    部下の方が大人にならないと
    いけないのかもしれませんね。

  1. トラックバックはまだありません。