どんぐりの背くらべをやめれば、すべてうまくいく!

あれもこれもと身につけることが格好良さを増すための手段だと勘違いしてしまいがちですが、本物は着飾りません。

それはファッションにおいてもそうだし、商品やサービスにおいても同じです。

ガラケーと呼ばれる日本独自の携帯電話は過剰性能・高価格であり、世界的に受け入れられなかった典型例。

ポータルサイトはいろんな情報がありますが、そのほとんどは取るに足らないゴミ情報ばかり。

服屋の店員は色んなコーディネートを提案してきます。欲しい商品はただ一つのこの商品だというのに。

余計に付け足す。

これは、本来あるべき目的を曇らせることに他なりません。

なぜiPhoneはボタンをなくしたのでしょうか。

なぜGoogleの検索エンジンは検索窓だけなのでしょうか。

なぜオンラインストアが伸びているのでしょうか。

これらの答えはシンプルです。

すべてが本質的な目的を達成させるための手段として紐付いているからです。

ほとんどサービスや製品は競合を意識しすぎるがあまり、競合よりも少し機能を付けたしたり着飾る努力ばかりします。

本来目的に置くべきは競合でも他人でもなく、目的自体が何なのかを問うことです。

目的がない製品やサービスに魅力はほとんどありません。

 

下手な営業マンは1から10までのサービス説明をします。

偉大な営業マンはその人が潜在的に求めているサービスの最も興味を持つ部分だけを力説します。

求められているものに対して、and・・・or・・・and・・・・と繰り返すのではなく、Just one. Only one.で良いんです。

 

 

どんなにどんぐりの背比べをしたところで、ドングリはいつまで経ってもドングリでしかありません。

また、どんぐりを100個集めたとしてもそこに価値はありません。

どんぐりを食べる習慣も、使う習慣もないのですから当然です。

その人や市場が求めてないものに対して、数を集めようが、何をしようが、どんぐりがどんぐりでしかなければ、それ以上に何をやっても意味はないのです。

 

唯一方法があるとしたら、どんぐりをどんぐりでなくさせることです。

韓国のサムスンやLGがテレビ市場を席巻したのは機能がダントツに良かったかはではありません。SONYやSHARP、東芝など日本の企業も機能としてはほぼ互角です。

価格が劇的に安かったからでもありません。

では何が違ったのでしょうか。

サムスンとLGは、デザインという要素をテレビに加え、テレビをインテリアに置き換えたからです。

どんぐりが単なるどんぐりでなく、インテリアになればそこに価値が付加されます。

 

目的が何なのか、そこの軸をまず定義することがどんぐりの背比べから抜け出すポイントになるでしょう。



 



▼合わせて読みたい関連記事


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。