WEBはこれから成長期に入る。この5年は今まで以上に激変する予感。

WEBの世界も少しずつ歴史ができてきた。

まだまだ他の業界に比べたら歴史も浅く、確立されたとは全然言えない。

もしかしたらSNSも数年後には廃れるかも知れないし、5年後のWEBの在り方を想像するのは難しい。

ただ言えるのは、土台(インフラ)ができはじめて、これからさらに革新するということだ。

 

今後の未来を見据えて、今の状況を捉えるのならば、電気、鉄道、水道などのインフラが整ったぐらいだと思う。

通信、検索・SNS、デバイス、これらがWEBの基盤だ。

基盤が整えば、ビジネスが動き出す。

 

黎明期がYahooやGoogleが検索を確立した時であったとしたら、今が揺籃期で、Facebook、Twitterなどのソーシャルが台頭。次がようやく確立機、成長期に入る。

今までも激変の如く変化と進化を繰り返してきた業界だが、まだまだこれからが本番だ。

 

最近よく耳にするトレンドキーワードは、ビッグデータ、SoLoMo、O2O。

このキーワードは既存のビジネスの在り方を変える可能性を秘めている。

例えばビッグデータの解析が進化し、Siriのような人工知能が組み合わさればどうなるだろう。

きっと世の中のコールセンターは無くなる。

すべて電話先は人ではなく、コンピューターだ。

 

ここの仕組みなんかは面白い。

http://www.ptopa.com/

質問を投げかければ、答えてくれる。

例えば、事例は?と聞くと事例のページヘ遷移することができたりする。

コールセンター業界は1兆円市場と聞くが、5年後にはどうなるのだろう。

 

これは一例に過ぎない。

WEBの進化の過程で今までの当たり前が当たり前でなくなる。

時には市場を喰い、時には市場を創造する。

 

これからの5年はきっと、ドラえもんの世界を垣間見ることになる。



 



▼合わせて読みたい関連記事


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。