発言して後悔をしないための3秒ルールならぬ24時間ルール

早とちりとはよくあるもの。

焦る気持ちと感情的な気持ちとが交錯して、思わず勢いそのままに発言や主張をした経験はないでしょうか?

その場での発言でなくてもメールで送ったりすることも同様です。

大体一晩経って考えなおしてみると、言わなければよかった。と思うことも多いはず。

 

自分もよくやったものです。

納得がいかないことがあると居ても立ってもいられなくなりメールを上司に打ったり。部下を呼んで叱ったり。

 

大体翌日には後悔の念が押し寄せてきます。

 

この痛ましい経験を糧に今実践していることがあります。

それが24時間ルールです。

 

まず勢いそのままに言いたいこと主張したいことがあったらメールを書きます。

一心不乱に書いていざ送信!

は、せずに草稿に入れておきます。24時間後にもしそれでも送る必要があれば送る。

必要がなければ削除です。

自分の場合は今のところ100%削除になってます。

 

結局、感情が入るとどうしても主観的になってしまい、客観性に欠けます。

少し冷静になって客観的に見返してみれば、なんと幼稚なことをメールに書いているのかに気づくはずです。

言いたいことを感情のまま言い散らかし、後悔する前に一晩寝かしてからでも遅くないのでは?



 



▼合わせて読みたい関連記事


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。