27歳、ぐうたら親父にならないために相棒との別れを決意

もう若くないぞ。俺。

27歳といえば、もうおやじの仲間入りだ。

誰も若者として見てくれないんだ。

このまま30代を迎えて、最高に幸せで充実した生活がイメージできるか?

今日もテレビを2時間見たって?

それを毎日続けたとして残りの人生が60年で計算したら丸々5年分の時間をテレビに費やすってことだぞ。

 

5年間も費やすなら海外旅行に行ったほうが良くないか?

5年間も費やすなら仕事に明け暮れたほうがマシじゃないか?

5年間も費やすなら恋人と過ごしたほうが幸せじゃないか?

 

これだけじゃない。

電車でぼうっとする時間も、無駄に寝ている時間も、やらされ仕事をしている時間も、それが本望ならそうしたらいい。

それが夢だというなら最高の人生だ。

 

2011/09/28、27歳になった。

 

まずは今まで笑いや感動や楽しみを提供してくれたテレビに感謝して、お別れしよう。

君はこれからの僕の人生にとって必要じゃなくなったんだよ。

 

こんなにも静かな夜は久しぶりだ。

キーボードを打つタイピングの音が響き、何とも儚い。

 

時間の浪費分は、すべて思考と遊びとチャレンジの時間に。

ぐうたらオヤジになってたまるか!



 



▼合わせて読みたい関連記事


    • ごりら
    • 2011年 10月 9日

    お誕生日おめでとうございますうほ

      • satoshi
      • 2011年 10月 9日

      サンクス!ごり!

  1. トラックバックはまだありません。