何歳になっても本気でいたいと思う夏の終わり。

本気で何かに没頭できる人が好きだ。

それは仕事でもスポーツでも、芸術でもゲームでも何でもいい。

年をとると少しずつ薄れてきてしまう事なのかもしれない。

それでも自分の周りには仕事に本気な人、遊びに本気な人、恋愛に本気な人、

本気な友人がたくさんいるおかげで、自分も本気でいられる。

そんな友人ばかりに囲まれて過ごせる僕は幸せものだ。

 

夏の終わり。

山奥の体育館に「ダン、ダン」と鳴り響く音。

舞い上がる汗の飛沫。

都内が猛暑に見舞われたのはおそらく僕らの熱気が山上から下ったせいだろう。

 

こんな夏が30歳越えても続くことを願う。

恒例の1泊2日バスケ合宿。

冷涼な風と川がなんとも風情な山上の宿にて日夜バスケに明け暮れる。

ただそれだけの過酷で最高に楽しい男旅。

20後半のいい大人が学生時代の感覚に戻れる青春旅行でもある。

 

また来年の夏の終わりに都内が猛暑に見舞われるかもしれないが、広い心でどうか皆さん許して欲しい。



 



▼合わせて読みたい関連記事


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。