本当は教えたくないプレゼン資料の作り方。4つのコツと3種の神器。

プレゼン資料を作るのはお手の物です!

そう言えるようになれたらと、資料を作りつつ思ったのは3年前。

それが今では「お手の物!」と言えるようになりました。

 

なぜそう言えるようになったのか?

それはプレゼン資料の作り方を知っているからです。

 

料理を作るのに皆さん、何を見て作りますか?

素人が勘でつくろうなんてしないですよね?

そう、レシピが必要なんです。

プレゼン資料も同様です。

プロでもないならなお更に、プレゼン資料をつくるレシピを見てつくれば良いんです。

 

そんなレシピがどこにあるかって?

なかなか世の中にはないようなので、私がレシピをつくりました。

これであなたも素人料理から卒業!かも。

 

さぁはじめましょう!

 

・・・誰だ?いきなりパワーポイントを立ち上げたのは?

具材も揃えないでいきなりフライパン片手に火をつけているようなもんだぞ。

まずは紙とペン。具材集めからスタートだ。

 

プレゼンの基本は落書き

ここでいう具材とは、プレゼンで伝えたいことや伝えなければいけないことをとにかくアウトプットすることです。

それは文字の箇条書きというよりは、絵コンテのような落書きで一心不乱に書きまくります。

 

おい!いつまで落書きしてるんだ?落書きを楽しむために書いてるんじゃないぞ。

落書きとアートは紙一重だ。書いたものを整理して、「伝わる」ためにはどう見せるべきか考えるんだ。

 

落書きからアートへ

アートには見るものを引き付ける何かが存在します。プレゼンも一緒です。視聴する相手に対して伝わる何かを見つけ出さなければいけません。

そのために落書きで書いたパーツパーツの中から本当に伝えたいキーとなる絵をピックアップしましょう。

それはひとつだけでなくてOKです。

ただしあまり同列で考えない方が良いです。

映画に倣えば、主役、助演、脇役があるようにプレゼンのポイントにも重要度を割り振るとより奥行きが増します。

 

おいおい、俺は凝り固まった絵を見にきたんじゃないぜ。

どんな一枚絵にこだわったって見るほうは素人なんだから、一枚の絵から読み解けってのはいくらなんでも酷な話だろ。

 

絵と絵をつないでストーリーに

プレゼンで重要なのは伝えたいことがそのとおり伝わることです。

アートのように見る人、聞く人の感性で捉え方が変わってしまってはいけません。

理解させるためには理解しやすいストーリーにすることです。

ストーリーの作り方は自由です。具材がそろったらあとはどの順番で調理するかだけ抑えればOKです。

インパクトを出すためにいきなりステーキを焼いても良し。

フレンチのように前菜、スープからでも良し。

要するに、最も伝えたいことを最初に提示するか、もしくは最後に提示するかの違いです。

どちらも間違いではないので、やりやすい方で良いと思います。

 

ちょっと、味に奥行きを出そうとするのは良いけど、かつおダシにコンソメはないだろ!

プレゼンってのはテーマが重要なんだ。和食も洋食もなんて欲張るのは100年早い!

 

テーマの統一性がプレゼンの質

カレーだったらカレー、ステーキだったらステーキ。何でも欲張って料理のテーマが不明瞭になることは避けましょう。

カツカレーのような奇跡の賜物は滅多にできませんから。

一貫したテーマを持ってプレゼンの資料をつくれば理解されやすく、伝わりやすくなります。

プレゼンとは伝わって何ぼの話ですから、好き放題話を飛び散らかしては素人の雑談です。

プロは伝えるためのぶれない一貫性が必要です。

 

概念ばっかで結局イメージしかできないじゃんか。明日にでも使える具材や調味料が欲しいんだって。

 

これらの概念さえ抑えられれば十分素人のプレゼン資料からは卒業できるはずです。

されにプロに近づくために、すぐに使えるツールやサイトをお教えします。

 

Slide Share

プレゼン資料の参考になる具材、いや具財が山のようにあります。

世界基準のプレゼン資料を見れば、自身のプレゼンの質がどれだけ貧相なことか分かってしまいますが、それ以上に学びえることの方が圧倒的に多いでしょう。

 

Flickr

写真素材に困ったら、まずここを訪れましょう。画像素材にいくらでもお金をかけられるのであれば有料のサイトがいくつもあるのでそちらを活用すれば良いですが、お金のない自分のような方はFlickrのお世話になりましょう。

検索する際は日本語よりも英語で検索かけましょう。世界の画像素材が手に入ります。

※画像を使用する際は敬意を払って、引用元を明記しましょう。

 

FIND ICONS

アイコンはプレゼンに必須です。文字で表すところをアイコンやビジュアルで表現すれば、視聴する側もストレスなく受け入れてくれます。このサイトは私の知る限り、最も優れたアイコン検索サイトです。

活用しない手はありません。

 

これこそ、プレゼンの3種の神器。

 

これでもう、プレゼン資料の作成に困ることはありませんよね?

レシピと具材を手にどんな調理をするかはあなた次第です。

どうせやるなら嫌々ではなく、楽しく料理を始めましょう!



 



▼合わせて読みたい関連記事


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。