その生き方をロールプレイングゲームにしてみたら・・・

ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーなど男であれば、大抵の人が夢中になった名作です。

何故あんなにも売れるのかは、やはり「冒険」という非現実的な世界がそこにあるからのように思います。

誰もが勇者に憧れて、勇者のように讃えられ、賞賛されることを口には出さずとも潜在的な意識の中で持っているのでしょう。

 

小さい子供は素直です。

戦隊ものに憧れて、あたかも自分がヒーローであるかのように真似てみたりするものです。

大人になると何故かヒーローに憧れることが「恥ずかしい」こととして捉えられているように思えて仕方がありません。

自分の生き方がヒーローでないとしたら一体どんなキャラクター設定か、ロールプレイングゲームに当てはめて考えてみると意外と残念なキャラクターかもしれませんね。

 

自分が主人公だとして、自分の生き方をロールプレイングゲームにしてみたらどんな物語になりますか?

ロールプレイングゲーム

街をぶらついている人が主人公だった場合

今日も一日中外で散歩。

お、何か光るものが落ちているぞ!5ギルゲットした!ラッキー♪

再びぶらついているといじめられている子供を発見。

すかさずいじめっ子を懲らしめてやった。

経験値1上がり、いじめられっ子の親から謝礼をゲット!10ギル。

昼も過ぎたので近くのカフェで休憩。HP3回復。-5ギル

庭の水やりをやっているとさっきのいじめっ子が後ろからなんとカンチョウをしてきた。

無防備のためHP5消耗。

あまりの痛さにベットで休息・・・・・・・・・・・・。

そもそもクリアがどこか検討もつきませんが、このロールプレイングゲームのエンディングロールにはどんな絵が映るのでしょう。

その街で過ごした思い出、日々変わらぬ日常、安息の人生。

決して悪いものではないと思います。

 

ですが、このゲームが爆発的に売れることはありません。

つまり、何が言いたいかというと、勇者を目指さない限り、勇者のようなエキサイティングでワクワクするような日常は送れないということです。

ロールプレイングの主人公が自分だとして、どちらのストーリーを歩みたいですか?

勇者なのか、街を延々とぶらぶらする人なのか。

両極端過ぎますが、ゲームであれば勇者の物語を歩みたいと思う人のほうが圧倒的だと思います。

それが現実世界となると、急に逆転します。

大半が街をぶらつく人の物語と何ら変わらない道を歩んでしまっているかもしれません。

 

世間は狭いとよく言いますが、逆を言えば狭い世間しか知らないということです。

勇者は変化を受け入れ、自ら変化を求めます。

進化すれば、持つ武器も変わり、倒す相手も変わってきます。

そうやって自分が進化していくことでステージが変わり、新しい世界を見ることができるんですね。

 

勇者を夢見て旅することは決して恥ずかしいことでも無謀なことでもないと思います。

最近挑戦したことは何かあるだろうか。

過去に成し遂げた壮大なことはあっただろうか。

レベルアップしているだろうか。

何よりもこれから何を成し遂げたいのだろうか。

勇者とまでは行かずともどうせなら、自分が主人公のゲームを少しでも楽しいゲームに出来るように、

レッツ、ライフスタイルプラン!

 

・・・ですね。



 



▼合わせて読みたい関連記事


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。