信頼を失墜する陥りがちな3つのミスコミュニケーションと改善策

信頼というのはどこから培われるのでしょうか?

いろんな要素はありますが、大抵の要素の根底はコミュニケーションではないでしょうか?

そうだと分かっていても信頼を得れない人や信頼を失ってしまうことがあります。

自らの経験でもありますが、陥りやすいミスコミュニケーションを3つ挙げてみます。

ミスコミュニケーション

強要

能無しと思われる最たることが「強要」です。ひとつのことに固執し自分の陣地でしか物事を話せない人はそればかりの話をしてしまいます。

それは相手への強要でしかなく、聞いている相手は芸も魅力もない一人漫才をやっているとしか思わないでしょう。

まだお地蔵さんと話しするほうがマシです。

強要を捨て、推奨に切り替えましょう。

何かを提案するにも、推奨サービスをメインに話しつつも他の選択肢もありますよ。

というナビゲーションをするだけで、信頼度は変わってきます。

例えば、ひとつの国しか行っていない人がその国を熱弁して、

「素晴らしい国だ!君も行ったほうがいいよ。行かないなんて人生後悔するよ!」

というのと、3カ国に行ったことのある人が、

「どの国も素晴らしい国だったよ。その中でも推奨はこの国だから絶対行くことをオススメするよ!」

どっちが説得力ありますか?

 

否定

否定といっても意外と自分が否定した言葉を発していることに気付かないものです。

改善という言葉があるように、悪いところを探して善くする。という考えが概念としてあるので当然といえば当然ですね。

例えば、何かを提案する際にこんな話をしたことはないでしょうか?

「現状分析や競合分析したところ、この部分が致命的です。我々がサポートすればそれは解決されます!」

カッコいいように聞こえますが、お客様からしたら、今まで積み上げてきたことを全否定されているようなものです。

経営陣は良いかもしれませんが、担当者は良い気分になりません。円滑に進めるためにも敵は作らないようにコミュニケーションをとるべきです。

そのためには否定を肯定に置き換える必要があります。

「分析したところ十分に施策されており感心しました。さらに発展させるためにはこの部分をこう変えるとさらに効果が見込めるかもしれません。」

すこし回りくどいかもしれませんが、この文面には一切否定がありません。

「現状も素晴らしいけど、少し手を加えるともっと効果が出ます。」ということを伝えてます。

「ここがダメだからこうしましょう。」というような言い方とはまるっきり違いますよね。

過去を否定する人と過去を肯定する人、どちらと付き合いたいですか?

 

同調

うん、うん、そうですよね~。分かります~~~。

ロボットのような同調人間。いますよね。

同調人間はもはやロボットみたいな存在ですから、信頼なんて得られるわけありません。

ロボットにいくら話したって心が通じ合うことはないでしょう。

これを改善するためには同調から主張の術を覚えると良いでしょう。

ここぞとばかりに、全うな主張ができる人は意志の強い人です。

同調も大切ですが、主張がなければいつまでたっても鞄持ちしかできません。

適時、適切な主張ができれば一目置かれること間違いなしです。

 

 

強要は推奨に、否定は肯定に、同調は主張に置き換えるだけでも信頼は得られます。

一度自分自身の発言が3つのポイントに陥ってしまっていないか客観的に洞察してみると

新しい発見があるかもしれません。



 



▼合わせて読みたい関連記事


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。