自分に伝えたいこと。新年迎えて昨年を振り返る

とても素晴らしい一年でした。

山と谷を見た障害だらけの1年だったと思いますし、それを乗り越えたときの景色は悪いものではないです。

苦難こそ神様が与えてくれる最高の成長機会のプレゼントです。

なのでまずは、感謝しなければなりません。

すべての出来事と巡り合わせ、苦難と幸せにありがとう。

おかげさまで、一回りも二回り大きくなれた気がします。

この経験をもとに2011年はさらに素晴らしい年にしてみせます。

2011年 跳躍の年

多くの教訓や学びから過去の自分に伝えるとしたら、きっと下記のことでしょう。

・心の傷が深ければ深いほど、修繕したときにより強くたくましい心を手にすることができる

・無理だろ!と思うことに挑戦すれば、無理でないことに気付く

・極上とは極上を体験したことない人には無縁な言葉だ

・失敗したことがないと言う人は何もしていない人のことを指す

・ワークライフバランスとばかり口先で言う人は仕事も生活もバランスが取れていない、アンバランスワークライフを送っている

・先入観や思い込みを完全に取り除かなければ、結局主観でしか物事を考えられず本質は見えない

・アイディアは寝に入ったときにばかり出てくる。寝たら最後、そのアイディアとはさよなら

・ファッションはオーラを纏うための手段だ。決して女を口説くための手段ではない

・魂を磨くには、良い心、良い身体、良い考え、良い行いによってのみ輝きを増す

・無能とは有能だと思い込むことを言う

・覚悟することは、未知から既知への第一歩

・恐怖と不安を消したければ、恐怖と不安に挑むことだ。でないと一生恐怖と不安は付き纏う

・親孝行と将来設計に遅いも早いもない。今やらなければ後悔という負債を手にする

・恋は盲目というのは本当らしい

そんなところでしょうか。

2011年は干支に倣い、跳躍の年となるよう邁進します。



 



▼合わせて読みたい関連記事


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。