人生で多大な影響を与えてくれた名言(言葉)

人生で忘れられない言葉があります。

その言葉たちは自分自身の考え方を大きく転換、もしくは発展させてくれました。

他の人にとっては何の影響もない言葉ですが、当人にとっては心臓を突き刺されたかのような感覚を覚えます。

きっと誰もが一度は経験したことがあると思います。

改めて振り返ってみて僕が影響を受けた言葉は4つありました。

名言

マラソンは一度でも怠けることを覚えたら、もう走れない。

小学校生のとき先生が言ってた言葉です。どうにもこの言葉が幼いながらに頭から離れず、一度でも歩いたらもう走れなくなるという不安からか、体育の授業や自主練習のときに一度も歩きませんでした。

どんなにつらくても止まらず、歩かず、ゆっくりでもいいから走り続けること。

これはマラソンのみならず、僕の人生においての基礎となっています。

 

まだ何も残してないよ。

仕事を辞めようと思い、ふと慕っている部長に話をしたときに言われた言葉です。

スキルも実力も身につき、意気揚々としていた頃の自分に、ぶっ飛ばされたような感覚でした。

結局何も残ってないや。そう感じました。

何も残せない人間が何か成し遂げることなんてできるわけないと考えさせられた言葉です。

これを言われたおかげで、辞めずにそこから4年も会社に居候中です。

 

自分自身だからね。

ヘッドハンティングされて、心が揺れ動いていたときに、社長から言われた言葉です。

結局は環境も何も関係なく、すべては自分自身にあるということです。

目の前にあるエサに飛びつく人になりたいのか、すべての見極めて、その先にあるご馳走を目指すのか、

選択は自分の自由であり、その選択肢を作り出すも自分自身。

 

相手に合わせるじゃなく、自分に合わせさせるんですよ。

辞めていった自分の部下(年上の優秀な女性)に言われた言葉です。

周りを見て、周りに合わせて、気を遣うことは大切ですが、影響力のある人と言うのは周りの人を自分に引き寄せ、自分の色を足していく人だと思います。

尊重や協調性を重んじるばかり、この視点が僕の救いの言葉になりました。

 

これらは決してすごいことは何も言っていないと思います。

歴史的人物が残しているような洗練されてカッコイイ言葉でもありません。

それでも僕の記憶に残り、自分自身を形成する糧となったこの言葉たちは宝です。

 

真の名言とはその人にとってしか価値がなく、その人の記憶に残り続け、その人の人生の指針となる言葉のことを言うのだと思います。



 



▼合わせて読みたい関連記事


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。