時にはクライアントを叱るコンサルティングも必要だと思う

日本人の特徴なのか、サラリーマンの特徴なのか苦手なことに対してできない理由を並べる人がなんと多いことでしょう。

もしくは「やろうと思ってた」とか「同じことずっと前から考えてた」とか主張せずに自分で留めこんでアクションしない人がなんと多いことでしょうか。

でも問題なのはそこじゃありません。

最も問題なのはそういう環境を作ってしまっていることですね。

 

僕のひとつの仕事にWEBのコンサルティングがあります。

例えばECサイトを制作、運用にとどまらず、売上をコミットメントしていくレベニューシェアでの取り組みもあります。

クライアントの担当者がとても優秀であれば、問題はないけれど大抵WEBの知識はない方が担当となるケースが多いため、そういう方々と売上を上げていきましょうと言ったところでそう簡単にはいきません。

知識のない担当者は不安を抱え、こちらにすがるのも当然。

では、何をまずやればいいのでしょうか?

それをお伝えします。

 

「自立」と「自覚」をさせる

この2つはコンサルティングをさせる上で最も大切です。

何故なら、他力本願な担当者だとまず結果が出ません。

まずはその担当者の意識を徹底的に変えていくように導くことが大きな仕事です。

その上で徐々に知識や知恵、スキルを身につけさせ、最終的に結果が出せるように導くのです。

 

■自立のさせ方

時と場合によりますが、僕は感情を伝えることが大切だと考えます。

こちらの本気度、情熱、責任感が相手に伝わるようにコミュニケーションを図れば、自然と相手もモチベーションが上がり、協力的になるものです。

それでも伝わらない方であれば、僕の場合情熱的に叱るようにします。

決して感情的に叱ってはいけません。情熱的に、心でぶつかれば心に響くはずです。

 

■自覚のさせ方

大抵、自分が主役であることを自覚していない担当者が大多数です。どれだけ重要なものなのかを自覚させるには、相手の自尊心を高めてあげることが大切です。

要するに、「この仕事はあなたにしかできないんですよ。」とか、「あなたに期待しているのはこういうことです。」などなど、責任と期待をされていることを認識すれば、自分が主役であるということを自覚することができます。

 

この2つはコンサルタントとして必要でありながら、できない人が多いのは、物凄く体力を使うからだと思います。

先方と言い合う勇気も時には必要です。

一時的に嫌われるかもしれないという覚悟も必要です。

また信頼を掴むコミュニケーションも必要です。

これらをやるよりも担当者を変えてもらうほうが早いかもしれません。

しかしながらそれはコンサルタントの本質ではありません。

どんな担当者であっても結果を出せるコンサルタントでありたいものです。



 



▼合わせて読みたい関連記事


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。