部下からの評価とコメント

コメント

上司にとって一番嬉しいことって何か分かる?

二つあるんだ。

部下が対外的に評価されることと、部下から評価されること。

この二つに限るね。

 

会社が上期を終えるに差し当たって社内で無記名アンケートをやったんだ。

そこには上司へのコメント欄もある。

無記名だから部下の本音を聞ける唯一の機会。

自分は時には厳しいことも言うし、ダメ出しもするからどんな不平不満を言われるかと思ってたけど、最高に嬉しい言葉が多かった。

中には「みんなのモチベーションを上げる最高のユニット長」とまで書いてくれる人もいたんだ。

嬉しいね。仕事冥利に尽きるよ。

でも課題も見えたよ。

傍観的に俺を見て「案件抱え過ぎて大変そう。」っていう心配の言葉があったんだ。

心配はありがたいことだけど俺からすると残念。

大変そうに見えてしまっているのが何よりの課題だね。

もっと期待してもらって、もっと信頼してもらわなきゃ。

まだまだ自分自身情熱が足りてない証拠。

 

  • 育つ文化
  • 考える文化
  • 楽しむ文化

 

これを早く築き上げたい。それが、個人にとっても組織にとっても一番の強みになるからね。

この文化に傍観ていう言葉は一切存在しないんだ。

人の心配なんて考える文化なんてダサいでしょ。そんなの美徳でもなんでもないよ。

そんなことより俺がどれだけ楽しんで仕事してるか、どれだけ考えてるか、どれだけ成長してるかを見た上で、自分はどうか問うて欲しい。

そんな心配はきっとなくなるはずだと思うよ。

だって俺のことより自分の心配をすることになるはずだからね。

 

成長してるかい?考えてるかい?楽しんでるかい?

うちの部署ならその環境はあるはずだよ。

傍観してないで一緒にやってこう。



 



▼合わせて読みたい関連記事


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。