コミュニケーション能力を向上させる方法と原理原則

本質的なコミュニケーションにスキルは不要です!

コミュニケーションが苦手な人はこれから述べる原理原則を知れば、コミュニケーションは学ぶものではないということに気付くでしょう。

 

コミュニケーション能力がない人はスキル本などで習得しようと試みますが、おそらくそれほどコミュニケーションが上達することは無いでしょう。

なぜならコミュニケーション能力について考えるとき、まず「コミュニケーション」と「能力」を切り分けて考えなくてはいけないからです。

スキル本で教えてくれるのはほとんど、「能力」の部分です。 コミュニケーションが苦手な人がいくらスキル本をあさったって、コミュニケーション能力は向上しません。

順序として「コミュニケーション」あってはじめて「能力」が発揮されるものです。

前提にコミュニケーションは学ぶものではないと考えます。

言葉を覚えたのと一緒の原理です。

言葉を覚えるのに勉強をしましたか? きっと自然と話せるようになったと思います。

コミュニケーションも同じです。 本来は自然と身に付くものです。

しかし苦手な人がどうしてもいます。

その違いが何なのでしょうか。改善するには何が必要なのでしょうか。

答えは単純です。コミュニケーションに触れる機会と時間が足らないだけです。

まずは、原理原則を知りましょう。

聞く ⇒ 話す ⇒ 読む ⇒ 書く

この原理原則を念頭に置いてください。

 

コミュニケーションを改善したいと思って、スキル本などを買い、読み書きしたところで効果は微々たるものです。

原理原則にならい、まずは聞くこと。たくさん聞いたら次は話す、そして初めて読み書きをすることでよりコミュニケーション能力が向上するでしょう。

まずは時間をかけて多くの人のコミュニケーションに関わる機会を得ましょう。

効果的なのはコミュニケーションが上手な人のそばに常にいることです。

その人の話を100時間でも聞いてれば自然と同じような会話ができるようになります。

 

コミュニケーションは感じるもの。

難しく考えるものではないということを知りましょう。

言葉を覚えたようにコミュニケーションも自然と身につけていきましょう。



 



▼合わせて読みたい関連記事


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。