仕事を教えてくれない?君に学ぶ力がないだけじゃないか?

仕事は教えてもらうものではないと思うんです。

教えてもらうのは学生まで。

社会人になっても教えてもらいたいというスタンスであるならばアルバイトや派遣のお仕事をオススメします。

教えて欲しいという他力本願な気持ちの人は仕事ができないのは目に見えてますから、

一緒に仕事はしたくないというよりも足枷になるので避けたほうが良いかもしれません。

といっても仕事だとそういう人たちともうまく付き合ってかなくてはいけないのでそういう人には意識を少し変えてもらう必要があります。

幸いに教えて欲しい、という意欲はあるので気付きを与えれば急に変貌を遂げる人もいます。

もしそういう人がいたらちょっとしたアドバイスしてあげてください。

と、その前にそもそも自分が上記の人間になってしまってないかチェックをしましょう。

 

■教えてもらわないと何もできない他力本願な人に見られる要素

  • できないことを他人のせいや環境のせいにする
  • 主張だけは一丁前
  • 愚痴が多い
  • 自分は本来できる人間だと思っている
  • 相手の意見を聞いてるようで聞いてない
  • やる気が態度に見える
  • ひねくれもの
  • 個人として結果を出していない。あるいは評価されたことがない
  • やりたくない仕事は不満
  • こんなはずじゃなかったと思うことがあるが気にしない

いかがでしょうか?

3つ以上チェックがついたら学ぶ力がない残念な人かも知れません。

 

仕事は教えてもらうものではありません。

学ぶものです。

 

うーん、少し違いますね。

 

仕事は実質的には教えてくれているのに、

学んでいないだけです。

 

こっちの方が正しいかもしれません。

どういうことかというと、先輩や上司が目の前で仕事を実演していますよね。

例えばお客様先に上司と同行したら名刺の受け渡し、営業トークなど思いっきり目の前で教えてくれているじゃないですか。

それを見て「学んでいるのかい?」って話ですよ。

 

はい、学んでます!

そう答える人がきっと大半でしょう。

本当に学んでますか?学ぶってどういうことですか?

勘違いをしてはいけません。

学ぶというのはその場のお客様とのやりとりをメモすることじゃないですよ。

それは書記って言うんです。

学ぶっていうのはこのシチュエーションでいうのであれば、お客様と上司の目線になることです。

もし、この場で自分が自分の目線で物事を考えているとしたら、そこに学ぼうとする意志は存在しません。

なぜならあなたもプレーヤーとして参戦してしまっているからです。

 

分かりづらいと思うのでもう少し分かりやすく伝えます。

実際にあったことをストーリー仕立て再現します。

 

ある日、僕は新規の営業へ行くことになった。

せっかくなので成長の糧にしてもらおうと部下を同行させることにした。

お客様先に着き、商談の席についた。

もちろん話の主体は僕。

部下は隣で一生懸命お客様の発言に耳を傾け、メモを取り、同調するしぐさが見受けられる。

特に部下は発言する機会はなく、その日の商談は終わった。

 

さて、何も悪い部分はないように思えます。

しかし僕から見たら何しにお前は来たんだ?と突っ込みたくなります。

その日の夜、僕は部下を呼び、こんな質問をしました。

 

今日はお疲れさん。

商談の中で俺のダメだったところを教えてくれないか?

それと良かった点も教えてくれ。

 

考え込んで出てくる答えは、無理やり搾り出した当たり障りのない回答が1つ2つ。

これが学んでいない証拠なんです。

そして彼自身がプレーヤーの目線に立ってしまっていたという致命的なミスを犯したということなんです。

僕は彼をプレーヤーとして同席させた覚えはありません。

商談の前には「とにかく学びなよ。」と伝えてました。

彼は残念ながら社会での学び方を知らなかったようです。

もし、「学ぶ」というスタンスで彼がいたのであれば、お客様との話に加わろうとするのではなく、僕がどんな話をしているのか、自分だったらどうするか、など客観的な視点になるはずです。

その客観的な視点とは前述のお客様と上司の目線になることです。

 

僕は社長に同行するときはこの目線で話を聞くようにしています。

特に留意しているのは社長がお客様に何をどういうストーリーで話しているかを必ずメモします。

営業トークのうまい人の隣にいるとあまりにも自然な流れすぎて、そのストーリーやトークの凄さに気付かないものです。

だからこそしっかりと「学ぶ」という意識を働かせないと自分のモノにできないじゃないでしょうか。

 

明日同じことをお前がしろ!

と言われてできるかどうかです。

できるのであれば「学べる人」。できないのであれば「学べない人」。

僕は部下にそう伝えました。

 

最初に、「教えてもらわないと何もできない他力本願な人に見られる要素」をいくつか挙げましたが、

学べる人になるにはこの要素を減らさないと絶対に無理です。

言い換えると学ぶということを阻害する要素だからです。

 

部下でも上司でも友達でも何でもどこでも学べることはたくさんあります。

僕も気をつけないといけないなぁと思うのは「傲慢」になることです。

自分は他の人より経験も積んでいるとか、変な自信は学ぶ力を失います。

常に謙虚に素直に同じ目線でずっといることが学び続けるコツなんだと思います。

 



 



▼合わせて読みたい関連記事


    • 匿名
    • 2017年 7月 1日

    教える人がいるから学べる人が出来る。これが理解出来ない人は、人の上に立つ資格は、無い。

    • 匿名
    • 2016年 10月 29日

    はじめての作業でまだ見たことも概要も知らないのにいきなり、作業前に書類を渡されて読んでわからないところがあったら質問してと言われました。

    もちろん、見たこともないものばかりだったのでほとんどわかりませんでした。

    なので、これは何のためにやっているのですか?と質問したらそんなのは知らないと言われました。
    他にもわからないところを質問しても同じ答えが帰ってきました。

    実際に作業を見せられてもただ指示通りやれ。質問しても結果がとりあえずこうなればいい。なにやっているかはしらん。

    それだけです。

    しかも数時間かかる作業でした。

    それでも、他人のせいや、不満をいってはいけないのですか?

    私は翌日他の方に頭を下げて教えていただきなんとか解決できましたけど。

    • 匿名
    • 2016年 10月 11日

    下記にて、記載した者です。
    ハーバードの授業と一緒ですね。
    答えのない事柄を与えて、それに対して論じさせる。(善と悪?だったかな)
    考え過ぎですかね。

    • 匿名
    • 2016年 10月 11日

    増田様が新人で社会人になった時でも、なにも教わらずに、入社マニュアル的な物を読んで、マニュアルに書いてない事柄であっても、会社独自のルールを誰にも教わることなく、学んだのでしょうね。
    あなたが出来ることを他人も出来るは、可笑しい考え方ですね。

    • 匿名
    • 2016年 9月 8日

    教えるのも仕事のうちですが、給料泥棒ですか?自分が手本になるほどの人間であると勘違いしておられるようですね。

    学ぶ力がない?君が仕事を教えられないだけじゃないか?

    • 匿名
    • 2015年 11月 8日

    教える気がない会社ならもう人を従業員をしなければいい
    最初は右も左も分からない状態で、学ぶべき内容や学び方もわからないのにそこまで新人に求めても仕方がないだろう
    あんたの意見が通じるのは中途採用者と優秀な奴だけ

    • 匿名
    • 2015年 10月 30日

    先輩・上司に同行させてもらえている時点でそれは教えてもらっていることと同義だと思いますよ。「教えてもらえない」というのはそれすらさせてもらえません。

    • あわわ
    • 2014年 5月 28日

    その考え方は格好つけてるだけで指導や育成とは違いますよ。
    抽象的過ぎて部下を困らせて、その意味がわからないんだな、と
    悦に入ってるだけですよね。
    多分ですが空回りし おズレ になっておられる。

    • 2013年 5月 2日

    ふーん、それで?

    • たまご
    • 2012年 11月 20日

    今丁度仕事の教えて貰い方で悩んでいました。
    今までずっと、一連の流れを教えて貰って、その上で発展させるのが仕事だと思っていたのですが、その一連すら教えて貰えない状態で困っていました。
    私の場合、先輩と時間がずれていて会えないので、先輩のやっているであろうことを自分なりに調べてこなすくらいしか出来ないのですが、失敗もありへこんでしまいます。

    で、質問なのですが、こういう風に仕事を調べて自ら学ぶより、経験者がこうするんだよって言ってしまった方が早くてミスがないように感じるのです。
    例えば例題の部分なら、最初から「今日貴方はプレイヤーとしてではなく、こういう風な目線で学ぶんだよ」って言ってしまえば、彼も貴重な機会を無駄にせずにすむのではと感じてしまったのです。
    その部分をあえて言わない意図は何ですか?
    そしてその意図に気付いて改善しない場合、放っておくのでしょうか?

    私には如何しても無駄や失敗の多い自己の積み重ねより、諸先輩方からの落としこみの方がむり、むだ、むらが少なく澄むと思うのですが、世間ではただの甘えと思われるのでしょう。
    よければご意見お聞かせください。

      • satoshi
      • 2012年 11月 21日

      コメント有難うございます。
      色々と試行錯誤されておられますようで、是非がんばってください。

      さてご質問頂きました、教えてもらうか、自ら学ぶかの点につきましては、正直答えは無いと考えてますので、あくまで私の個人的な考え方を回答します。

      当記事におきましては興味を引くためかなり極端な例で書いています。
      おっしゃられますように、事前に打ち合わせの趣旨と、同席する意図を共有しておいたほうが効率的ですし、私自身も時と場合により部下には同席時に目的を伝えるようにしてます。

      ただ、成長する部下というのは言われずともそのあたりの学ぶ意欲が高く、自ら成長していきます。
      本来はそうあるべきだと考えておりまして、部下にもそうなってもらいたいと願っているため、あえて言わずに打ち合わせに臨み、打ち合わせ終了後に記事にも書いたような質問をします。
      そうした方が、より意識するようになりますし、同じ過ちを繰り返さないよう自覚します。

      これは不合理的ですが、意識の仕方が変わってきます。
      「教えてもらう」ではなく、「学ばなくてはいけない」という感じの義務感というか自覚が芽生えます。

      単純作業や日常のルーティン作業については効率を求められる部分ですので、手取り足取り教えるものもありますので業務内容によって変わってくるかと。

      仕事の中には手取り足取り教えても出来ないことが多々あります。
      失敗や経験してこそ本当に学ぶことが沢山あり、例えるなら、幼少期に自転車の乗り方を体得したイメージに近いです。
      失敗しなければ学べないことが仕事でも多いですし、私自身も失敗してきて良かったと思えることがほとんです。
      失敗は一時的なストレスはあるものの、成長への糧だと思ったら、少し気が楽になります。

      私も上司という立ち位置になって、部下の仕事が出来ないことに苛立ちを覚えることがありますし、こうするんだ!こうした方がいい!と押し付けたくもなります。
      それでも我慢する意図は、自ら学ぶことがなくなり、口をあけて教えてもらうのを待ってしまう人材になりかねないからです。
      あるいは自分の言いなりのコピー人間は自分にとっての手足となり、使える人材になりますが、それ以上にはなりません。
      本人にとっても中長期的な人材として期待するのはオリジナリティのある人材です。
      それは自ら学び、自ら進化できる人材。
      決してコピー人間でない人材です。

      そういう想いのもと、この記事を書かせていただいた次第です。
      偏った考え方だと思いますので、参考にして頂けるかはご自身にてご判断いただければ幸いです。

    • Bonnie
    • 2012年 5月 21日

    誰にでも良いので「他力本願」の意味を教えてもらってください。
    目や耳で盗むだけでは学べないこともあります。

      • satoshi
      • 2012年 5月 24日

      なるほど。調べたところ、他力本願の使い方が誤っていたようです。ここの記事で言いたかったことは、「他人任せ」という考え方を表現したかったのですが、自分としたことが勉強不足だったようです。
      勉強になりました。ありがとうございます! 

        • 斉藤
        • 2012年 7月 9日

        1.「他力本願」等、言葉を正しく理解出来ない。
        2.自分が理解してない言葉を使う為、部下に誤った事を伝える。
        3.教える力が無いのを部下のせいにする無能な上司が為の言い訳でしかない。

        他力本願の使い方さえ、わからないようでは
        学ばせる以前の問題で、あなたが手本になってないのでしょう。

          • satoshi
          • 2012年 7月 14日

          なるほど、ご意見有難うございます。参考になります。さらに成長するために、私に足らない部分ですね!言葉は伝わって始めて意味を成すものですから、理解していない言葉を使うのは格好悪いですね。

    • 2011年 1月 12日

    楽な仕事でいいですね。

      • satoshi
      • 2011年 1月 13日

      自分でもそう思いますね。
      コメントありがとうございます。

  1. トラックバックはまだありません。