すげぇ提案とは得てしてシンプルである。そして、

とあるクライアント先でうちの社長と僕は目を合わせて思わず笑ってしまいました。

目の当たりにしたその提案があまりにも素晴らしく、腑に落ちたからです。

すげぇ。これがプレゼンの本質だと感じさせられました。

あの時はただただ、笑ってしまいました。


▲実際に描かれた絵

 

僕は提案やプレゼンに関しては得意分野で自信を持っていましたが、どんな参考書よりもどんな教科書よりも勉強になりました。

そこで感じたことを自分なりの解釈でお伝えします。

 

前提に、タイトルの通りすげぇ提案とは得てしてシンプルです。

そしてそこには妥当性があり、納得してしまうストーリーで組み立てられているように思います。

ここで一番重要なのが妥当性

ここの視点は正直僕にはありませんでした。

今まで個人的に思っていた良い提案はゴールが明確で、展望に期待が持て、シンプルであること。

これに妥当性が付加されるとそれはもうすげぇ提案やプレゼンになることを知りました。

 

結局妥当性とはどういうことか。

結論、その提案が妥当であることの証明です。

 

展望、展開、方向性を訴える提案はよく見ますが、その提案自体が妥当であることの証明をする提案は初めてでした。

この考え方のロジックは必ずモノにしようと思います。

良い経験をさせていただきました。



 



▼合わせて読みたい関連記事


    • satoshi
    • 2010年 8月 10日

    @サラ
    サラさん
    コメントありがとうございます。
    早速いただいたご質問にお答えしますね。
    僕の中心は一言で言えば『感謝』だとおもいます。
    良い事も悪い事もありますし、良い(好きな)人も悪い(嫌いな)人もいます。
    でも、良い悪い関係なくすべての出来事感謝して、すべての人に感謝出来ればハッピーだと思いませんか?
    誰かが言ってましたが、人生は経験こそすべて。
    経験や体験のない人生ほど退屈なものはないって。
    だから経験を与えてくれる事や人には感謝するんです。
    それがとてつもない困難や苦痛を伴うことであっても。
    それを乗り越えて、いつか振り返った時、きっと楽しい人生を歩んでいることに気付くと思います。

    はっきり言えるのは僕は自分の人生楽しんでます。
    悲しいことも嬉しいことも苦しいこともたくさん経験してきましたから。
    それらの経験がもしなかったとしたらどれだけ退屈な人生になっていたんだろうと怖ささえ覚えます。
    きっとこれからも苦難苦境大歓迎。楽しいことはもっと大歓迎のスタンスでたくさんの経験と体験をしていくつもりです。

    過去より今、今よりこれから。
    自分はどうありたくて、何をアクションするのか。それが大切だと感じます。
    回答になっているか分かりませんが、そんな感じです。

    • サラ
    • 2010年 8月 10日

    はじめまして。 私はサラと申します! 宜しくお願い致します。 携帯をいじっていましたら たまたま目にとまって離れられなくなってしまい お聞きさせて頂きたくなりました。 ご自分の内の中心 はどんなこと??感じ??ですか? それと 色んな事があったり・・ しますけど 楽しい人生と思えていますか? お返事を宜しくお願い致します。

  1. トラックバックはまだありません。