「もがき」のすすめ

[ad#468×60]

エイブラハム・リンカーンの言葉にこんな言葉があるらしいです。

待っていても手に入るものもあるかも知れない。しかしそれはもがき続けているものが残していったものだけだ。

個人的に結構好きな言葉です。

自分もそうだけど、もがくことからどうも距離をおいてしまっている人が多い気がします。

世の中、理不尽ばかりです。

つまらないことばかりです。

それをそのまま受け入れたところで何も変わらないってことを知っているのに、もがこうとはしないのは何故なんでしょう。

 

「もがく」という言葉は隣接して「苦しむ」っていう言葉がよく一緒になります。

「もがき苦しむ」ですね。

苦しいことをしない、考えない、学ばない、受け入れない。

そんな感覚だから、もがこうとしないのかもしれません。

 

それがラクだから仕方ないです。

そういう人は良い意味で諦めちゃえば良いと思います。

そのかわり、とことん考えずに今を楽しむことに専念し続けなくては絶対後悔します。

 

もがくということがどういうことか。

視野を拡げることです。

視野を拡げるということはどういうことか、

選択肢を持つということです。

選択肢を持つということはどういうことか、

好きな道を行けるということです。

 

おそらく、ほとんどの人が選択できる手段を持っていると勘違いしていますが、

大抵、選択させられているケースがほとんどです。

好きな道を行っていると思っていても、実は他人の道を歩かされているだけです。

 

最初の言葉にもあるように、もがいている人の残した物でしかないです。

 

もがいている人をけなす人もたくさんいますし、哀れむ人もいます。

そういう人はきっといつか気づきくか、後悔します。

 

自分ももっと若いうちにもがいておけば良かったって具合に。

 

やっぱりそういう風にはなりたくないですね。

だから、今はもがこうと思います。

 



 



▼合わせて読みたい関連記事


    • そらぼし
    • 2012年 9月 13日

    コメントの場所があっているか分かりませんが、今私はもがいています。
    自分がどんな人間なのか?わからなくなってしまいました。
    自分の仕事の進め方、自分の発言。不安です。
    周りと比較する自分がものすごくイヤです。
    いろんな記事をよませて頂きました。
    参考にして実践してみたいと思います。

      • satoshi
      • 2012年 9月 14日

      コメント有難うございます。
      多少なりお役に立てて嬉しい限りです。
      経営者に話を聞いても誰しも人一倍の不安と恐怖を感じています。
      ただ唯一、普通の人と違うのは逃げずに立ち向かっていることです。

      自分を見失うこともあれば、環境や状況に押し潰れされそうなこともあると思います。
      それに逃げず、堂々と立ち向かっていけば、新たな自分を発見できるんじゃないでしょうか。

      だれも自分がどんな人間なんて分かりませんし、今の自分と明日の自分が同じ訳ありません。
      常に新しい自分を追い求め築いていくことが自分を成形するんだと思います。

      どうか、とことんもがき苦しんで新たな自分を更新していっていただければ幸いです。

  1. トラックバックはまだありません。