アーカイブ : 2010年 4月 3日

ありがとう。そしてさようなら。親愛なる人へ。

桜

[ad#468×60]

 

「ありがとう」って言葉がこんな悲しいものだったんだと思ったことはないです。

4/3(土)、彼女とお別れをしました。

2人で見る初めての桜が、最初で最後だと思うと、どことなく儚さを感じます。

お互い嫌いになったわけじゃないけど、別れる決断を彼女はしました。

1週間距離をおいて、考えて出た答えだから素直に受け止めました。

出会ってから2年と4ヶ月。付き合って半年。同棲3ヶ月。長いようで短かったけど最高に幸せな経験ができました。

こんなにも人に惚れたことはないし、運命を感じた人はいません。

別れたことは事実だけど、これからも心の中で大切な存在であることに違いはありません。

彼女から学んだことがたくさんあります。与えてもらったものもたくさんあります。

だから別れるときは「ありがとう」としか言いようがありませんでした。

それがお別れの言葉です。

別れ際、初めて見る彼女の涙は純粋でした。

良いように考えてたらきっとまた奇跡は起こるだろうし、良い方向に向かうと思います。

でも今日だけは、

今日がエイプリルフールだったらいいのに。

~親愛なる人へ~

幸せであれ。

見守ることしか今はできないけど、また笑顔で再会できる気がする。

それまでさようなら。

さぁ明日は桜に心を癒してもらってリセットしよう。

別れはつらいけど、自分の甘えも、自我も、未熟さもたくさん知ることができました。

だから後悔はありません。

もっと自分を磨きます。

  • 全てを受け止められる寛大な心を持てるように。
  • 全てを支えられるたくましい男になれるように。
  • 相手を尊重できる自立した人になれるように。
  • 怒りという感情を一切持たない穏やかな心と理性を持てるように。
  • それらを持って主体的な人生を歩めるように。

いい出会いと経験と別れに心から感謝。

どうか彼女もこの別れを良い思い出と想ってくれますように。

そして最良の幸せが彼女に訪れますように。

逆に自分は彼女を本当に大切にできたんだろうか。

結局、別れのきっかけも自分の自我からだったと思います。