部下の評価は自分の評価より嬉しい

[ad#468×60]

僕の部下が社内の賞を受賞しました。

部下の受賞が自分にとってこんなに嬉しいことだとは思っても見ませんでした。

それは単純に我が子が賞をとった父親的な感覚なのかもしれません。

あともう一つ、人を育てることができたという自分への自信にもつながったからだと思います。

 

自分の評価をあげることは簡単です。

自分が結果を出せばいいだけだからです。

では、人の評価をあげることはどうでしょう?

・・・人の評価をあげることは・・・実はもっと簡単です。

自分は手を動かさず、その人に結果が出るようにナビゲーションすればいいだけだからです。

もちろん99%は本人の努力です。

僕はただ1%のナビゲーションをしただけ。

99%の努力をどこに注げばいいかを示しただけです。

 

世の中の上司に目を向けると、いろんな上司がいます。

  1. 手取り足取り教えてくれる上司。
  2. 面倒なことだけやらせる上司。
  3. 簡単なことだけをやらせる上司。

どれもよく見る上司です。

僕がこの人たちの部下だったら3ヶ月で見切りをつけるでしょう。

この人たちの部下でいても成長しないし、不満に思うことばかりです。

できる部下であればあるほど自分主体で動いた方が結果が出せるし評価をあげられるので、個人主義になります。

でもそれは、我流の道を行かせることになり、短期的な成長はできてもそれ以上には行けません。

例えるなら、基礎のないピッチャーがカーブを投げて自己満足してるようなもの。

本来上司というのはコーチでなくてはいけません。

ボール磨きをずっとやらせていては成長しないし、不満がつのります。

それじゃあ我流でカーブを投げたくもなりますね。

では手取り足取り教えるのがいいのでしょうか?

こうしろ。ああしろ。と言われたことだけをやらされてはたまったもんじゃありません。

指示されるために野球をやってるわけじゃないのだから当然です。

 

コーチがすべきは野球の楽しさを教える事です。

ただそれだけです。

それさえ教えることができればあとは自ら物事を考えるようになるし、練習も能動的にします。

仕事もこの例と何ら変わりないと思います。

楽しさを教え、試合(実践)をさせ、あとは自ら努力するようにちょっとしたきっかけと環境を用意すればいいだけです。

 

でも不思議ですね。 こんな簡単なことをやらない上司がどれだけいることか。

あえて手間のかかる選択をするのか、悲しい限りです。

そうする理由は簡単で、上司自身が野球の楽しみ方を知らないからです。

楽しみ方を知らない人が楽しさを伝えられるわけありません。

まずはコーチである以前に自分自身が野球(仕事)を愛し、楽しむファンでなくては上司とは言い難い口先だけのヘタれものでしかないのかもしれませんね。

そうならないように気をつけましょう!

みんな楽しく目的と目標を共有できたらどれだけ素晴らしい仕事ができるか、想像するだけで興奮するでしょ。

やっぱり目指すは甲子園じゃなくちゃ。

そう考えた上でどのコーチを選択するか、どういうコーチが理想か、自分に問いかけてみると良い気づきがあるかもしれません。



 



▼合わせて読みたい関連記事


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。