人に会う習慣

[ad#468×60]

最近人に会うように心がけてます。

自分からというよりは向こうから僕にコンタクトをとってくる方とは必ずお会いします。

何故会うかというと、自らコンタクトをとってくる方は大抵、行動力があり、自分なりの考え方を持っている傾向が強いからです。

そういう方とのコミュニケーションは刺激にもなりますし、コミュニケーション能力の向上にも役立ちます。

人と人との関わりで最も重要なのはどういう印象を相手が持つかです。

話し方ひとつ、伝え方ひとつ、表現ひとつ、質問ひとつ、ルックスひとつ、これらが総合して印象になります。

だからこそ自分を表現するツールとしてコミュニケーション能力はとても重要だと考えます。

 

コミュニケーション能力を高めるにはどうすればいいですか??

 

僕はその問いに対して、3つの手段があると思います。

  1. 人の行動心理を考えること
    ちょっと面白い問題を出します。
    私は犬を飼っています。外出中に犬が勝手にエサを食べないように首輪をつけておきました。帰ってくるとエサがなくなっています。犬が食べてしまったようです。
    何故、首輪をしているのに食べてしまったのでしょうか?
    答えは簡単です。首輪をしていても鎖でどこかの柱などに結び付けていないので当然食べられますよね。
    人は10%の情報を与えると勝手な想像を働かせてしまうようです。
    人がどう考えるか、どう思うのかなど客観的に観察することで話すことや質問することなどが変わってきます。
  2. 人に会うこと
    多くの人に会って実践の場が必要です。練習せずして成功なし。野球でもサッカーでも一緒です。ただ、会う人は選んだ方がいいでしょう。自分の能力を高めたいのであれば、相応のコミュニケーション能力を持った人に会うべきです。プロ野球選手が小学生を相手に100回試合したって成長しませんよね。

  3. 自分を知ること
    自分の弱み、強み、特徴、やりたいこと、好きなこと、夢・・・。自分を語れる人はとても魅力的な人です。自分自身が見合う器を持っていなければ、相手にされませんからね。
    自分プレゼンテーションできますか?

 

このあたりの考え方も人と会うことで見出せている部分が多々あります。

人と会うことは、単なるコミュニケーションだけでなく、人脈にもなりますし、友達にもなります。

価値のない出会いなんてないのだから、価値ある出会いを求め続けましょう!



 



▼合わせて読みたい関連記事


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。